お洒落をしてバイクに乗って遊ぼう♪

趣味のモノを特化型。楽しけりゃいいのさ♪

       

モテるメンズファッションの「ジャケット」。最初は御三家(ユナイテッドアローズ、シップス、beams)で買おう。

「モテる男のファッション」として間違いなく「最強の一角」。

女性から真っ先に上がるメンズファッションであり、老いも若きも格好良く着れる「ジャケット」。

 

だからこそ「差が出る」。

小さすぎず、大きくないサイズで着る事で「大人の余裕と品格」が出ます。

 

ジャケットの選び方を見ていきましょう。

 

◾︎サイズ感

基本こそ最強。

ここが奥義にして「最も押さえなければらないポイント」です。

f:id:CurryS:20170508205907j:image

簡単に見ても、差が一目瞭然かと思う。

 

その重要なサイズ感。

上から順に「肩幅」「身幅」「袖丈」「着丈」です。

f:id:CurryS:20170508210042p:image

*画像は「シャツ」だが、分かりやすいので。

では説明を。

1、肩幅

 ここが「最重要」と言ってもいい。

ハッキリ言って…

若者のジャケットは「小さすぎ」。

おっさんのジャケットは「大きすぎ」

です。

「丁度いい幅で着る」

ただそれだけで「貴方は1ランク上の人間になれます」。

f:id:CurryS:20170508210311j:image

とりあえずこの画像を全て見て欲しい。

感覚は伝わると思います。

 

肩幅のジャストサイズは「肩から落ちず」「肩の内側に食い込まない」幅です。

ポイントが1つだけ。

「インナーを着た状態で」です。

つまり、Tシャツ1枚で試着してジャストサイズを選ぶと「小さい」という事です。

シャツ着たり、Tシャツ+ロンTとかで着たりするだろ?

Tシャツ1枚より着膨れした分、少し大きくないと「カツカツに見える」。

後述する「春夏、秋冬の差」でも触れるが、秋冬はインナーがニットになるため、「さらに大きい」サイズ感が求められます。

これらを知らずに「ジャケットはジャストだろ?」と買うと、「小さい」という状況に陥ります。

 

せっかくここを見て下さった皆様には、少しでも「格好良くなって欲しい」ので、ご留意頂ければ幸いです。

 

◾︎身幅

f:id:CurryS:20170508211344j:image

画像一番下。

ボタンを閉めた時に「指が2本入る」くらいが目安。

寄りが出来ず、「弛まない」程度です。

後述する「着丈」と共に合わせる事により、「合ったサイズで着ている」というメッセージが強く出る部分なので、きっちり合わせましょう。

 

◾︎袖丈

f:id:CurryS:20170508210311j:image

上から4つ目と5つ目。

肩幅と身幅を合わせたら、袖丈が長すぎるという事は殆どありません。

*標準体型であれば。

ここは「スーツだと妥協が効かない」が、私服だと妥協出来ます。

何故か?

「めくったりする」から。

そしてインナーも「シャツとは限らない」。

若干短くても、逆に長くても構いません。

肩幅、身幅、着丈を優先しましょう。

 

◾︎着丈

f:id:CurryS:20170508212550j:image

画像はシャツですが、目安は同じです。

ここが、若者は「短く」、おっさんは「長い」。

適正なline上にあっても…

short line寄りであれば「カジュアル」

long line寄りであれば「フォーマル」

です。

つまり「思ったより長くていい」。

ショート丈を袖捲りして着崩しても大丈夫ですし、ロング丈で着崩さずに落ち着いて着ても、別の味が出せます。

お好みのスタイルで♪

 

サイズ感は「何よりも重要」です。

多少デザインがダサいモノを着ていても「帳消しにできます」。

ジャケットに関しては「デザインよりもサイズ感」という事を徹底して下さい。

セールで飛びついてはダメです。

何よりも「自分に合ったサイズ」を見つけ出し、購入しましょう♪

 

◾︎春秋と秋冬の違い

サイズ感を得たら「季節感」を出します。

「女は素材まで見てる」。

何故なら、肌の感覚が「女性の方が鋭い」から。

*子育てで必要という説が濃厚。

直接肌に触れる「素材」というモノに対しての「意識が高い」。

だから「モテるジャケット」を標榜する以上、これは避けて通れんのです。

余裕があれば、意識して見ましょう!

 

では説明!

 

1、素材

f:id:CurryS:20170508214400j:image

画像では色々書いてあり、ガチで知りたい貴方には読んで欲しいが、すごく簡単にまとめる。

「厚手と薄手」だけでいい。

⚫︎秋冬

ウール&ツイードです。

秋冬の素材はウールとツイードしかないと言っていいレベル。

ごく稀にフランネルが入ってくるが、今は主流ではないので割愛。

「厚手のウール&ツイード素材のジャケットは秋冬」

です。

 

⚫︎綿、リネン、シアサッカー

春秋です。

素材が薄く、目が荒く、シワに強く、見た目に涼しげなこの素材たち。

どちらかと言えば「着崩す事を前提としている」感じなので、「ドレス系でパリッと行きたい」という人には難しかったりします。

そういう人でも「春秋は緩くいく」と割り切り、楽しんで見てください♪

 

2、色

単純ながら、やはりここも必要。

しかしながら、メンズでは「派手な色はいらない」。

「白」そして「グレー」があれば充分です。

「ネイビー」は白と組み合わせると「マリンカラー」という、夏時期全てで使える色の組み合わせとなります。

f:id:CurryS:20170508220743j:image

困ったら「白とネイビーで組み合わせる」と覚えておいて下さい♪

 

3、サイズ感

春夏に比べ、秋冬は「着込みます」。

春は中に「Tシャツ1枚」や「シャツだけ」などで過ごせます。

秋冬は「ニット」や「スウェット」が増えます。

すると「インナーが膨らむ」。

膨らんだぶん「少し大きくする必要がある」。

これはユニクロの「ルメール」をみていただくと分かりやすい。

キチンと「時期にあった設計」がされています。

そこまで考えてくれているメーカーは稀で、自分のサイズとジャストなメーカーもそうそう無いので、「自分で調整しましょう」。

秋冬はニットを着て買いに行く、だけでOKです♪

一度見ていただければ、感覚的にお分かりになるかと思います♪

 

◾︎オススメのジャケット

探し中。

後日、ちゃんとリンクを貼る。

 

◾︎よくある質問

1、スーツの上は使えるのか?

A、使える

…が、亜種扱いは免れない。

現在のモテコーデの基本は「シンプル」です。

最も評価が高く使いやすいのは「プレーンなジャケット」です。

デザイン(ストライプやチェックなど)があるスーツのジャケットは、あまり評価が高くない。

これを覆すには「己のセンスを見せる必要がある」。

簡単に言えば「難しい」という事です。

プレーンなジャケットであれば流用をオススメします(スーツのジャケットは生地も仕立ても良い) 。

 

2、どこで買うか?

ユナイテッドアローズかシップスがオススメ。

理由は簡単で、この2つが「最もスタンダード」だから。

最初は「店の独自の色」が見えるショップで「買ってはいけません」。

店独自の色があるという事は「何かを強調している」という事。

平たく言えば「歪んでいる」。

「綺麗で」「上質な」「王道のジャケット」を探すなら、アローズかシップスのような「王道まっしぐら」な店で買いましょう。

 

3、価格

出せるなら2万。

出せなくても1万は見ておきましょう。

目利きが出来るようになれば(サイズ感を出して、素材感を判断出来れば)、3000〜8000円で充分な買い物が出来ますが、初っ端は「良いものに触れましょう」。

そういう面でも「アローズがベスト」。

店の雰囲気からして店員さんも真面目だし、色々聞いて、試着しながらゆっくり決めていくのはこの店がいい。

ナノユニバースなどの「ちょい安い店」だと、絶妙にサイズ感がおかしかったり、素材が安っぽかったり「何らかの痛みを伴う」。

であれば、一発目で「自信を持って着ていける服」を買う事をオススメします。

 

他に何か質問があれば、お答えします。

 

◾︎まとめ

ざっと読んでいただけただろうか?

オススメは、この記事を流し読みした後に「ショップ店員さんに聞く事」です。

もしくはアオキ系の「スーツ屋」に突っ込んでくる。

そこで「体験」をし、理論と経験を繋げば、すぐに理解出来ます。

一度理解すればいくらでも応用が利くので、もう二度と困る事はありません。

 

ぜひ「体験」してみて下さい♪

貴方が「お洒落になったね♪」と言われる時は、すぐそこにありますよ♪

メンズお洒落三原則。シンプルこそ最強のメンズファッション。

 

情報が氾濫してるから、最も「分かりやすい形」に直す。

 

◾︎三原則

1、理想はスーツ

f:id:CurryS:20170503130546j:image

 

サイズを合わせて、スーツのように綺麗に着る。

 

2、余計な事をしない

「ロールアップ」とか「7部袖」とか「あえてルーズに」とか、「一切しない」。

「綺麗に」「自分に合った完璧なサイズで」着る。

f:id:CurryS:20170503130151j:image

 

f:id:CurryS:20170503130209j:image

小手先に溺れないことが、結果的に最もカッコよくなる。

 

3、量産型を厭わない

ファッション好きは「違い」を意識する。

もちろんそれは「素晴らしい」。

その素質は絶対に「活かす」。

 

だからこそ「あえて」量産型をして見てほしい。

 そこで見えたモノは、必ず次に繋がる。

 

◾︎なぜ、色々なスタイルが跋扈するのか?

個人の理由としては「飽きるから」。

一年もすれば別の事をしたくなる。

 

メーカー側の理由は「売りたいから」。

単純に去年と同じものを売ってたら買わないだろ?

 

そうやって循環していく。

 

好きなモノ、感性に響くモノだけ「買えばいい」。

毎年違うのが出るんだから「感性にヒットするモノが必ずある」。

 

「好きなモノ」「欲しいもの」「分かるモノ」だけ買おう。

 

 ◾︎まとめ

ファッション自体は「多様」。

だが「正解はある」。

その正解は「人から見て綺麗に見える事」。

スーツ姿で「汚い」なんて言われないだろ?

 

「シンプルに」「綺麗に」見える服装で良いのさ♪

スッキリと行きましょう♪

女の子にメンズコーディネートをしてもらう時の「注意点」。

 最近こういうサービスが隆盛を極めています。

「erande」

https://www.erande-tokyo.com/pc.php

 

しかしながら、美容室(女性美容師)や帽子屋でかなり痛い目にあい、ファッションでも全く着回しの利かない服をオススメされたりと、中々問題が多い「女絡みのファッション選び」。

この辺りの注意点をまとめておく。

 

◾︎好きなカラー問題

メンズファッションの鉄則は「モノトーン」です。

つまり「白、黒、グレー」。

要は「スーツ」もっと言えば、「学生服」。

まず「これを起点にして」揃えていくのが鉄則です。

⚫︎モノトーンコーデ

f:id:CurryS:20170320164924j:image

f:id:CurryS:20170320165308j:image

で、メンズ視点で「派手な格好」というと

f:id:CurryS:20170320165339j:image

 こういうのになります。

 

⚫︎女の子が好む色使い

有彩色です。

つまりモノトーン以外。

説明すんの面倒くせえから、画像を見てくれ

 

f:id:CurryS:20170320165454j:image

f:id:CurryS:20170320165516j:image

こういうの。

上の画像を「ワントーンコーデ」と言います。

つまり「同じ色合いでまとめたもの」です。

下の画像では小物〜コートをワントーンでまとめてます。

ワントーンコーデはそのまんまで、「それにしか使えない」のです。

 

◾︎モノトーン+一色という「鉄則」

要はこれでいい

f:id:CurryS:20170320170343j:image

わけ。

余計な色を入れ込まないで、モノトーンを基点に「何か一色を加える」。

 

⚫︎実際の例

コーディネートサービスを利用した実際の画像がこれ

f:id:CurryS:20170320171346p:image

*LIG様

分かるかな?

「茶系のコーデ」になってるんです。

これ、「全く応用が利かない」んです。

特に「濃い茶色の靴」と、「薄い茶色のパンツ」が最悪で、これなら「薄い茶色のブーツ」と「チノパン」の方が使い勝手がいいです。

こういうの

f:id:CurryS:20170320171907j:image

とか

f:id:CurryS:20170320171919j:image

とかです。

 

erandeを使った実例では

f:id:CurryS:20170320172121p:image

左が利用者。右がコーディネーター。

ジャーニーとモアイとめがね 様

http://www.megaya.net/entry/2016/02/23/180452

 

これもインナーが白黒グレーのどれかなら全く問題がないのですが、このインナーでは「着回しが利かない」です。

 

要は、こんなの

f:id:CurryS:20170320172328j:image

とか

こんなの

f:id:CurryS:20170320172353j:image

であれば、ジーンズは何にでも使えるし、インナーはアウターが何色であろうと(上下の二枚の画像のように)使えるのです。

アウターは着回しが利きにくいのは同じです。

 

逆にコーディネーター(画像右)の方が、インナー全て黒+アウターがキャメルの組み合わせなので、何にでも応用が効きます。

 

◾︎つまり、だ

コーディネートサービスを利用しようってやつが、こんなん

f:id:CurryS:20170320170632j:image

とか、

こんなの

f:id:CurryS:20170320170646j:image

とか、ハイレベルなモノを作ろうとは思わないだろ?

上の写真は紺のチノパンでバランスとってるし、下の写真はオリーブのチノパンでさらなる爽やかさを加算してるんだが、この色使いは難しすぎ。

つかね、ここまでやらなくても「全然モテる」のよ。

 

⚫︎直近で一番女の視線を感じた格好

f:id:CurryS:20170320170844j:image

これです。

こういうので良いんです。

 

⚫︎女の子は「有彩色が好き」だが、男に求めるモノが同じとは限らない

女の子って基本的に「自分のことが分かってない」んです。

「スーツに萌える」ってのは「全女子が言う」のに、私服だけは違うなんて事があり得るか?

そう。私服も基本的に「スーツのように作る」のが、最も女ウケがいい格好なんです。

しかしながら、女の意見を真に受けると

f:id:CurryS:20170320173129p:image

こうなる。

*モデルは、あと髪型だけ整えれば充分にカッコいいレベル。

 

しかしながら、女が求めているのは

f:id:CurryS:20170320173713j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173721j:image

とか、

f:id:CurryS:20170320173735j:image

なんです。

 

仮に本気で合わせにいくならば、

f:id:CurryS:20170320173904j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173915j:image

 になりますが、上述の通り「応用が利かない」のでご注意下さい。

 

◾︎まとめ

女にモテたいなら「女に聞かない方がいい」です。

モテる方法で有名な「ディスる」という技術があります。

要は「イジる」って事なんですが、これを女の子に直接尋ねたところで、「強めにイジって欲しい」なんて言うと思う?

 

服も同じで、わざわざメンズのコーディネートを詳細に調べて作るって事はまずなくて、「レディースの範囲内から、メンズのイメージのモノを引っ張ってくる」って感じになります。

そうすると「ズレが出る」んですよ。

カッコいいけど…なんか違う。

であれば、百戦錬磨のユナイテッドアローズで、「自分がカッコいいと思った店員にお願いする」方が得です。

余計な金もかからず、しかも次に行った時もまたアドバイスがもらえるというオマケ付き。

「お洒落で可愛い女の子と一緒に買い物に行きたい」ってのが目当てでサービスを利用するならアリですが、普通にお洒落になりたいなら悪手ですのでご了承下さい。

 

あと、絶対に「対面で買えるサービス」の方がいいです。

理由は簡単で「サイズが分からないから」。

メンズファッション…特にキレイめコーデは「サイズ感が命」です。

筆者のサイズは「M.L」つまり、「Mじゃ小せえがLだと大きい」ってのが頻繁に起こる体格なので、実際に試着しないと分からない。

それと同じ様な事が「絶対に起きます」。

この手のサービスを利用しようという方は、まず自分の適性サイズが「分かってない」場合が多いです。

*普通の人は、大体が大きめで着ている。

なので、口頭で伝えると、ズレが出る可能性が高いです。

「必ず」、実際に着て選ぶようにしましょう。

 

「お洒落」ってだけで、無駄に格上の扱いをされます。

ぜひ皆様も「そういう体験」をしましょう!

 

キレイめは「ユナイテッドアローズ」、もうちょいカジュアルなら「シップス」、もう少しエロ目に決めたいなら「ジャーナルスタンダード」、金がないなら「ナノユニバース」に行けば、「簡単にお洒落になれます」。

 

買うときの注意点は「全てを受け入れる事」。

何となく「これ嫌い」とか「あれ嫌い」とか言ってはダメです。

店員を神だと思って、騙されて下さい。

本当に気に入らなきゃ返品出来るので大丈夫です。

 

何か言うなら、せめて「これが良い」と言いましょう。

それなら問題ないです。

 

店舗に突っ込んでいくのが、最短かつ最高の結果が出せる方法です。

 

では、素晴らしいファッションライフをご堪能下さい♪

 

春先のメンズハイカジ。

 

MB氏も指摘する通り、日本人のファッション、特にメンズは「カジュアルに寄っている」。

パーカーやスウェット、ジーンズなど、「アメリカ文化に親しみがある」故の結果です。

しかしながら、指摘の通り「子供っぽい」です。

 

ここを改善したのが「ハイカジュアル」

取り上げるのは、20代後半〜30代向けの「大人ハイカジュアル」です。

 

◾︎春先コーデ

⚫︎グレーコーデ

f:id:CurryS:20170313201031j:image

 

f:id:CurryS:20170313201108j:image

 

グレーワントーンで、濃淡をつけた形です。

白シャツをチョイ見せ+白スニーカーで、お洒落さと清潔感を加算。

帽子はグレーor黒。

ハットでもイケます。

一見 地味に見えるが、着てみると思いの外目立つ事に驚くはず。

大人のお洒落にぴったりです。

 

⚫︎紺ベース

f:id:CurryS:20170313201853j:image

 同色系コーデ。

インナーはモノトーンで。要するに白かグレー。

白スニーカーは最近の流れだが、黒×白でもいいし、足元まで紺を入れてもいい。

一番分かりやすいのが画像のやつという事。

 

⚫︎濃淡

f:id:CurryS:20170313201901j:image

 

ハッキリと何色!と言えない感じが今(2017)っぽい。

スニーカーは画像のでもいいし、全白、黒×白でもOK

インナーは、着るなら、白or黒orグレーで。

シームレスインナーで、インナーを見せないように着るのもアリ。

 

⚫︎ベーシック

f:id:CurryS:20170313202506j:image

 

補色使いの基本形。

昔は「紺シャツ」といえば「この使い方」でした。

ベーシックなチノパンとブロードシャツ。

スニーカーは全白でもOK

春先の格好で迷ったら、これを買えば間違いない合わせ方。

 

⚫︎デニムシャツ

f:id:CurryS:20170313202751j:image

 

ベーシックに一手加えた形。

デニムシャツを上手く使う形としては最も分かりやすく、外しが少ない。

デニムシャツ一枚で着るよりは、ニットを挟む事でキレイに見えます。

スニーカーをローファーにして、ドレスアップするのも、キレイに見えます。

 

⚫︎着ている人のイメージ

f:id:CurryS:20170313203302j:image

 

f:id:CurryS:20170313203309j:image

 

こういうサイズ感で着よう。

胸を張ると胸板が出るくらいのイメージ。

逆に小さすぎると子供っぽく(大学生っぽく)なるので、ピタピタのジャストサイズを買うのはやめましょう。

肩幅をちゃんと出して、自然にちょうどいいサイズで着こなすと、より大人っぽくなります。

 

⚫︎緑系

⚫︎ワークシャツ

f:id:CurryS:20170313203638j:image

 

f:id:CurryS:20170313203645j:image

お好きな方を。

インナーはグレーor白or黒。

スニーカーは全白or黒×白、ブーツならば黒で。

ブーツの方がドレスより。

スニーカーの方がカジュアル寄りです。

好みで♪

 

⚫︎軽め

f:id:CurryS:20170313203840j:image

 オリーブ系統。

インナー、スニーカー共に白にして軽やかさを出す方が春っぽい。

薄めのジーンズでさらに加速させます。

もちろん、上のコーデと合わせて、黒インナー×黒ブーツで重くさせても大丈夫です。

その場合は秋っぽくなる。

お好みで。

 

◾︎応用が効く

インナーは、白or黒orグレー。

靴は、白、黒×白のスニーカー、黒ブーツで全てが足ります。

ジーンズも、濃いめと薄めがあれば大丈夫です。

トップスだけ、気合を入れて選びましょう♪

 

◾︎まとめ

あえて白黒を紹介しなかったのは、「普通すぎる」からです。

大学生っぽくなる。

ちょっと難しい「とされる」色を使って、「ベーシックにカッコいい」のが、「大人ハイカジュアル」です。

難しい事はしないが、一捻りは加える。

その「微細」を作る事が、知性がある大人がする事です。

 

えっ?最近老けてきた?

「完全に気のせいです」

健康に気を使い、筋トレをし、ファッションを楽しんでご覧なさい。

まだまだ人から「素敵」と言われますよ♪

 

季節が変わると同時に気分も一新し、素敵な見た目と心を楽しみましょう♪

メンズファッションの楽しみ方5選。

 
 
ファッション目的は「カッコよくなる事」!
なのに何故こんなにも、こんがらがっているのか?
これを整理していこう。
 
◾︎お品書き
カッコよくなるための5つの方法
1、ブランドに頼る
メリット→自信が持ちやすい
デメリット→自分で選ぶ力が磨かれない
2、社会的に流行っている服着る
メリット→着こなし例が豊富
デメリット→量産型。「旬」が長くても2〜3年しかない。
3、友人に認められる格好をする
メリット→お洒落な友人から学べるため、飛躍的に成長出来る。
デメリット→自分が好きなジャンルの服装とは限らない事
4、異性に認められる格好をする
メリット→社会的に認められる服装になりやすい
デメリット→初心者には難易度が高い。サイズとカラーを理解しないと、普通に人になってしまう。
5、自己満足に猪突猛進。
メリット→最高に楽しい
デメリット→社会的には「ダサい」もしくは「痛い」服装になりがち。
 
では、以下で詳しく解説!
 
⚫︎ブランドを着る
これは「ビームス」や「ユナイテッドアローズ」などの「店名」を指す事と、「yohji yamamoto」や「エルメス」などの「特定のブランド」を指す場合もありますが、「意味は同じ」です。
要は「価値が証明されているもの」を着ることに意味がある。
「それを着ているカッコいい俺」という「自信」に繋がる。
自分で一から選ぶ必要もなく、ハズレも少ない(メーカーセレクトされているため)ので、手軽にカッコ良くなるには効率的だったりします。
 
デメリットは「本質的な部分を学べない」事。
服装は「サイズ選び」と「カラー」で7割のイメージが決まります。
メンズファッションは特に顕著。
最も分かりやすい例は「スーツ」。
あれは「採寸してもらって選ぶ」そして「定番のカラーが決まっている」。
「スーツが似合わない」という人はほとんどいません。
それは「上記の2つを行なっているから」です。
これを店やデザイナーに丸投げしていると、いつまで経っても「高いモノでしか満足できない」という状態になります。
ユニクロで買わない」と言っている人は、要するに「自分で洋服を選べない」と言っているのと同じだと思って差し支えありません。
ユニクロのエクストラファインコットンシャツのエジプト綿が、高級シャツと同等の素材と知る人はほぼいない。
そして「そういう人」が出てくるのが、この買い方です。
 
最初は効率がいいので「特定買い」するとしても、何処かで「旅立ちましょう」。
昔から言われていますが、「何処で買ってもお洒落を作れるヤツが本物」。
基本的に著名なファッショニスタは「何処で買ってもお洒落が作れます」。
筆者も「作れます」。
作れない人は「ニセモノ」。
作れる側になりましょう♪
 
⚫︎社会的に流行ってる服を着る
現在で言えば「MA1」そして「チェスターコート」です。
大学生から40代まで、幅広く使われています。
*チェスターコートは70代までいける。
 
流行っているという事は、それだけ「目にする機会が多い」。
街で見かけたカッコいいやつの真似をする、雑誌で見かけたコーデをパクる、ネットでごり押ししてる服装をパクる、友達がしているカッコいい服装の真似する、など、「カッコ良い基準」が作りやすく、真似やすい。
その上で、自分のセンスやキャラ的に「ギリイケる」と思う服装を「パクる」。
これで「オシャレの完成」です。
 
実は色々と四苦八苦している分、ブランド買いよりもセンスが磨かれます。
「自分で服装を決断した」という部分で満足感もあります。
*流行りだったとしても。
 
デメリットは「かぶる」事。
メリットの真逆です。
街で、雑誌で、ネットで見かける頻度が高いほど「かぶります」。
いわゆる「量産型」。
…ここで1つだけハッキリさせておきたいのが、量産型は「女ウケがいい」。
逆で考えてみると分かりやすい。
 
「好きな女の子はどんな感じか?」
 
この子と…

f:id:CurryS:20170112171555j:plain

 

この子だったら…

 

f:id:CurryS:20170112171609j:plain

 

どっちが良い?

 

上が良いっつったオシャレなお前は「分裂補色配色」でググって、ワンランク上を目指して欲しい。*ちなみに筆者も上が好き。

…が、通常は上の女性だと「オシャレ&可愛すぎる」という判断がされがち。

下の女性なら、凄く可愛いけど「手が出ないほど遠い」って感じもしないと思う。

 

メンズで言えば「個性を打ち出した格好」というのは、女性から見て「よく分からない」。

それよりも、今流行ってる「分かりやすくカッコいい服装=量産型」で、充分。

モテたいのか?

オリジナルを着たいのか?

は、この先もついて回るので、ここで一度考えてみよう。
 
⚫︎友人に認められる服装をする
…例が難しいので、実体験を出そう。
筆者の若い時代は「裏原系の全盛期」でした。
*エイプとか、ヘクティクとか。
で、一年くらいそれで遊んだら、友人達が見事に飽きて「B系」に移行しだしました。
要はB系の「LAブランド」だったり「NYブランド」が、身内の流行りになった訳です。
もういきなりだよ。
昨日の今日で違う格好してくんだよ。
んで、2〜3年後のある日、またいきなり「全身ラルフローレン」とかで来る訳です。
「は?」
「もうB系は卒業した」と。
もうそっから「アメカジ一辺倒」ですよ。
わけわかんねえと思ってたら、一年遅れで「アバクロ」や「ラルフローレン」が一部の流行りになっていたという。
*その後、数年毎に(マイ)ブームが変わっていったが、関係ないので割愛。
つまり「周りは関係なく」、「自分達で流行ってるモノこそが至高」という、ある意味で最も面白い服の買い方がこれです。
 
デメリットは、自分が好きなモノを認識していないと「引っ張られてしまう」事。
なんとなく「違う」と思ってても、目の前のそいつらは「めちゃくちゃカッコいい」ので目が眩む。
*自分が好きで似合う物を自分で選んでいるからカッコいい。
それを押し退けて自分のスタイルを作るには、確たる自信が必要になります。
 
⚫︎異性に認められる格好をする
平たく言うと「女ウケするやつ」なんだが、これを突き詰めるとメンズファッションが1ランク上がる。
ポイントは「サイズ」「カラー」「フォーマル」そして「抜け感」です。
上でも書いた通り、私服も「スーツと同じ作り方をする」のです。
私服でも採寸して最も合ったサイズを選び、「白、黒、グレー、ネイビー、キャメル」から色を選び、スーツでも違和感がない「ジャケット、トレンチコート、チェスターコート、ニット、シャツ、革靴」から構成し、そこに遊びを伴った「チノパン、ジーンズ、スニーカー」を加えて、抜け感を演出します。
 

f:id:CurryS:20170112192040j:plain

http://pin.it/4-1PPBb

*VOKKA様

 

 

f:id:CurryS:20170112192052j:plain

*IMGUR様
 
など。
 
これの「キモ」が上の3つなのです。
 
単純に「キレイめがモテる」と言われます。
…が、ちゃんと積み重ねていかないと「カッコいいキレイめスタイル」は作れない。
 
そして、これを自在に作れるようになると、ユニクロだけでオシャレが可能になります。
「本当に高品質なモノ」…素材の艶、質感、厚みなど…を突き詰めれば、確かに厳しい。
…まあぶっちゃけ言うと、ファッション誌やブランドのマーケティングだから、シカトするのが最良の一手。
 
では仮にそれを購入したとして、その違いが分かるレベルの人間が「どれくらいいるのか?」。
人前で演説するような機会がある仕事や「立場」であれば、そこまでこだわりましょう。
しかしながら、普通に生きてく上では「サイズが合って」て「フォーマルで大人っぽいカラー」であれば「カッコいい」のです。
つまり「ユニクロでいい」。
センスで作り上げましょう♪
 
デメリットは「少しだけ敷居が高い」事。
サイズ感をしくじると、一気に「野暮ったい人」に格下げ。
変な色使いをすると「オタクっぽい」。
フォーマルさが足りないと、古着屋で集めてきた人。
抜け感が足りないと、スーツと変わんないじゃんと言われます。
これらを「絶妙な塩梅で差し込む」と、上のようなスタイルになります。
そして、ちゃんと着こなすには「体型」が問われます。
このスタイルは「鍛えた身体が映える服装」です。

f:id:CurryS:20170112193641j:plain

 

いわゆる「締まった身体」というやつです。

20代は細さを活かしたスタイルが映えます。

しかしながら、30代の円熟期を迎えた男性は、基本の服装センスを磨き、筋トレをして身体を整えて活力を増し、人生の収穫期に入る必要があります。

放蕩生活を改めて見つめ直せば、遊びと仕事のバランスを保ち、全てをうまく回すことが出来る時期です。

この服装を「手懐ける男」になりましょう♪
 
⚫︎自己満足
自己表現とも言う。
ギャルやB系しかり、「人と違う格好をしている俺(私)が好き」というやつです。
服装というのは「差別化」も楽しみの1つだったりするのですが、「そっちに特化した」のがこれです。
メリットは「最高に楽しい」事。
基準なんて、あって無いようなモノ。
「やりたいようにやる」
爽快です。
 
デメリットはもちろん「痛い子扱いされる」事。
社会常識ぶち破ってんだから、当たり前っちゃ当たり前。
まともな扱いを期待してはいけない。
やりたい事やってるから、あんまり気にしない。
楽しめばいい♪
 
◾︎まとめ!
ファッションの楽しみ方=どうしたいか?
「自分が良いと思ったモノを着たい」
「友人達と一緒にオシャレを楽しみたい」
「異性に評価される格好をしたい」
という事!
今まで説明してきた通り、一長一短。
自分が良いモノを着たい=自分の満足度は上がるが、他者からの評価は下がる。
友人達と一緒に楽しみたい=友人のセンスを借りられるが、自分の意見は少ししか反映されない。
評価される格好をしたい=自分の意見を入れて違いを作るのは難しいが、周囲の反応は良くなり社会的に生きやすくなる。
10代〜20代前半でもモテまくって精神的に余裕があるやつは服装に対するこだわりがないため、社会的に評価されるキレイめに落ち着いたりします。
逆にこだわりがある人は、良い意味での「自分のスタイル」を確立していきます。
 
どれが良いとかないんだ。
「楽しんだ奴が勝ち」
 
楽しんでると、服装で繋がる「縁」ってのも出てきますし、良い事尽くめですよ♪
 
メンズファッション。
楽しもうぜ♪
 
 

メンズファッションを勧める理由。

 

意外と言ってなかったねこれ。

 

「人とコミュニケーションが取りやすくなるから」

です。

総合的に言えば「対人関係のプラス効果」です。

 

◾︎本当に?

そりゃナルシスト思考がないとも言い切れないよ。

顔が良い訳じゃない筆者の場合、明らかに「周りの目が変わった」のは事実としてあります。

見た目をいじり始めたのはちょっと遅くて、16歳の時にTBKのお兄さんに、めちゃくちゃカッコいい髪型してもらってからです。

そっから自分が好きな髪色にするために1ヶ月で4回髪を染めたりして、髪型に関しては完成されます。

んで、同じ年の年末に友人と当時全盛期だった裏原デビュー。

*その友人はアメカジのプロフェッショナル。特にジーパンはサイト一個作れる知識レベル。

当時の雑誌に載ってた欲しい服が軒並み並んでいて、衝撃を受けました。

そこから「裏原系」→「B系」→「アメカジ」→「キレカジ」という変換を辿ってここに至りました。

各2〜4年でチェンジしてきた感じですね。

 

◾︎キレカジに移行した理由

年齢もあり、そろそろ「落ち着いた服装にしたい」=「周囲から見て恥ずかしくない格好にしたい」と思い始めていました。

しかしながら、今まで服装で遊んできた事もあって、「普遍的な格好で埋没するのも嫌だ」というのもあり、服に対する情熱が落ちていました。

ここで出てきたのが「クリストフ・ルメール」。

ユニクロの方。

フランスの正式な「モード」を引き継ぐ、この最高峰のキレイめブランドが、比喩なく爆安で買える(クリストフ・ルメールの正式ブランドではコート10万とかする。ユニクロルメールだとセールでトレンチが4000円で買える)という鬼コラボを見て、服熱が一気に再燃。

ネットでググりまくり、レオンを毎月買い、暇があればゾゾタウン見てを繰り返し、凄く楽しい時間を過ごしました♪

 

◾︎そして「体系化された知識」に気付く

しかも「モードの着方」というのは、非常に「体系化されている」モノでした。

「サイズ」「色」「形」で、「基本とされるもの」が決まっていて、それに則った形で作り上げれば「誰もがカッコよく着れる」。

そこから、さらに差別化するために「パーソナルカラー」という「個人に似合う色」の判別を行い、自分の「得意、不得意」を得て、今に至ります。

 

◾︎その結果

箇条書きで。

1、道行く人から「見られることが増えた」

2、人から話しかけられやすくなった

3、子供達(〜15歳)から、関心を示されやすくなった

4、「女の子が多い場所」で、あまり警戒されなくなった

5、割り込まれたり、舐められたりといった「面倒な事が減った」

辺りが、完成された後に感じたメリットです。


⚫︎個別に

感の鋭い方ならお気付きかと思いますが、1〜4が連動してます。

つまり、見ても大丈夫だと思わせるくらい適切なお洒落をした結果、安心感が発生した。

よって、話しかける事が容易になり、子供達からはなんか違う面白いおっさんがいると興味を示されました。

女の子が多い場所(帽子屋とかカフェとか)で警戒されなくなったのは、清潔感と安心感が両立されたからです。

筆者は男臭いタイプで、だからこそB系やアメカジを選択してきたのですが、ギャル系の一部にしかウケねえんだこれ。

あとは、容姿のいい自信のある女の子。

なもんで、今までは知らない女の子に渋い顔をされる事が多々ありましたが、キレイめが完成してからは苦い顔をされるくらいに落ち着きました。

んで、一番でけえのが「面倒な事が減った」事です。

前述の通り男臭いタイプの筆者は「社会的トラブル」に巻き込まれやすい人生を過ごしてきました。

「電車での軽いケンカ」や「ちょっと舌打ちされたり」的なやつですね。

その手の行動をする奴ってのは大体決まっています。

そしてそいつらが手を出す相手も。

つまり「同類だと思われていた」のね。

そこから「明らかに違う見た目」になったため、逆に気を使われる事すら出てきました。

ビジカジ寄りなキレカジを決め込むことで、「平和そうな見た目」でかつ「お洒落な服装」となり、「社会的規範を保ったレベルが高い人間」に「見える」。

重要なのでもう一度言います。

「レベルが高そうな人間に「見える」」。


中身は何も変わってないくても、外見だけ変われば生活が変わります。

明確にストレスが減り、他人(店員や通りすがりの人)とのコミュニケーションが円滑になる。


◾︎なぜ、「モテるメンズファッション」である必要があるのか?

男は「チャラくないモテそうな奴」には非常に寛容です。

女の子は「身なりがしっかりしてる人」には、少なくとも「敵」とは認識しません。

子供は「なんか目立つ奴が好き」です。

この3要件を満たすのが「モテるメンズファッション」…平たく言おう「レオン」の系統だよ!

理由は簡単!「分かりやすい」から。

「服好きが作る服好きのための服装」なんて、服飾業界の人しか見ねえよ。

それよりも「街を歩いている普通の女の子」に、パッと見で「なんか雰囲気良い!」と思ってもらえる服装を作り上げる事の方が、よっぽど楽しいし重要です。

パッと見が良いという事は「誰にでも分かる」。

子供から親爺さんまで、幅広い年代の人から支持を得られるのです。

そんな「社会的規範に則った服装」が、キレカジなのです。

*ビジカジと同じ色使いとサイズ選びで応用が可能。


奥さんや彼女から「カッコいい」と言われると同時に、後輩や上司から「お洒落」と言われて一目置かれ、取引先からは名前を簡単に覚えてもらえる…そんな多様な活躍の場が、たかだか「服装」だけで手に入るのです。


◾︎まとめ

簡単かつ効果抜群な「服装」。

その本質的な目標は「対人関係でのプラス効果」です。

貴方が「ちゃんとした身なりをしている」。

それがつまり「貴方の身分証明書」となり、貴方を最初に見た人間の「基準」となります。

大概において「服装と中身が一致している」と言われるのは、「そこまで気が回っているかどうか?」を試すモノだからです。

「相手の印象を良くするために」というのは、「相手に対する気遣い」という面も少なからずあります。

「相手が気持ち良く接するために必要な事」が「身なりを整える事」です。


日本人男性では特に軽視されがちな「外見」。

男性でもファッションに加えて「ダイエット、筋トレ、フェイストレーニング」をして見た目を完璧にし、化粧水とニベア青缶で肌を整え、「眉毛、指毛、腕毛、ギャランドゥ」を整えれば、30代程度で女の子からモテなくなるという事はありません。

一度ルーティーンにしてしまえば苦もなく行える事ばかりなので、試しに1ヶ月だけやって見ましょう。

周りの人の目が劇的に変わりますよ♪


その手始めとなる「ファッション」。

カッコつけて行きましょう♪

モテる外見作り♪ 髪型、眉毛、清潔感から匂いまで!モテるメンズの総仕上げ!

 

いい男の作り方(外見)の「総括」だ!

 

このブログで「メンズファッション」シリーズとして色々やってきました♪

currys.hatenablog.com

 

currys.hatenablog.com

 

currys.hatenablog.com

 

currys.hatenablog.com

 

currys.hatenablog.com

 

最後に総合。

 「雰囲気イケメン」の作り方をご紹介!

 

まずは「髪型」から。

 

◾︎髪型〜眉毛

⚫︎髪型

20代はこれ

f:id:CurryS:20161227172121j:plain

 

文句なし。

流行ってる割に手間がかかる(パーマやら髪の長さやら)から、持続性あり。

 

 

⚫︎30代

若者と被ってはいかん。

若年層には出せない「渋さ」と「色気」を出すための髪型がこれ

f:id:CurryS:20161227172514j:plain

 

「雰囲気」だよ「雰囲気」。

長髪セクシーで個性全開になる。

 

イマイチしっくりこないという「正しい感性を持った貴方」にはこれ

 

f:id:CurryS:20161227172630j:plain

http://www.beauty-box.jp/style/mens/cir505/

がオススメ。

長髪爽やか系。

 

モデルは美形だが、「日本のストリートで」と考えた場合、あまり「同じ髪型を見ません」。

つまり「比較対象がない」。

すなわち「色が出る」。

もちろん画像の通り、イケメンにも似合います♪

 

短めはこれ

f:id:CurryS:20171027074525j:plain

 

皆さまご存知「ヒュージャックマン」。

 

大人の髪型のポイントは「流行りに乗らない」事。

例えば、最近の20代の髪型は「前に流す」スタイルです。

若者らしい爽やかさと可愛いさが最大限発揮されます。

しかしながら、30代でこれをそのまま取り入れるのは、あまりにつまらない。

…つか「老けた20代」になるだけだし。

 

おっさんは若ぶる必要はない。

 若者には出せない「味」で勝負!

そんな30代のおっさんは「長めの髪を後ろに流す」スタイルです。

「枯れ感」に合った渋さ出す事が「大人らしさ」に繋がります。

肌が少々ハリがなくなり、ほうれい線が目立ち始め、笑うと目のシワが出来る「今だからこそ」、シックな装いが活きる。

年齢による「味」を楽しむ事が出来るとグッと好感度が上がり、様々な年代の女性から見られるようになります。

 

⚫︎眉毛

上とかぶりますが、30代の眉毛は「ナチュラル」です。

「薄い」「細い」は厳禁です。

 

f:id:CurryS:20161227191603j:plain

http://jonny.tokyo/geino/24628/2

JONNY

こんな感じ。

 

整え方は、「資生堂」の「男性のための美容情報」

https://www.shiseido.co.jp/biyou_dic_men/makeup/makeup000300.htm

を見て欲しい。

さすがの資生堂だけあって、基本が完璧に網羅されています♪

 

◾︎服装

雰囲気イケメンの核となる「服装」。

サイズ選びはこれで。

currys.hatenablog.com

 

「カラー」から。

覚える事は2つ!

「使う色」

「似合う色」

です。

⚫︎使う色

currys.hatenablog.com

ガチで知りたければ、以下のライフハッカーのサイトで見てくれ。

http://www.lifehacker.jp/2014/08/140817color.html

「色彩理論の基礎に学ぶ、相性抜群な色の組み合わせ」

*ライフハッカー様。

 

 

⚫︎似合う色

currys.hatenablog.com

パーソナルカラーとは、自分の肌色や目の色から「春夏秋冬に分けて」、似合う色を大まかに判断しようというモノ。

 

チェックはこちらへ

sp.skincare-univ.com

一応言っておきますが「マジでやってみて」。

 

メンズでこれ受けて判別してる人はほとんどいないんで、これを知ってるだけでもアドバンテージになります。

そして結果が出たらこちらへ

http://www.geocities.jp/net_t3/color/personal.html

*IROUSE様

診断とカラー傾向を、一個で見れる上質なサイトが見つからなかった。

お手数だが、二個やってくれると助かる。

*ちなみに。

女性の方が「色の識別能力が高い」です。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0323/blnews_150323_3045745769.html

f:id:CurryS:20161227204830j:plain

要は「これが何色に見えるか?」というお話し。

 

ちなみに、見えた所で「上手く使えるとは限らない」のがキモ。

例えるなら「英語が堪能な人」。

 重要なのは「何を喋るか?」であって「喋れる事じゃない」のね。

 

重要なのは、見える事よりも「似合うモノを作れる事」だ。

 

⚫︎ちょっとだけ触れる

一口に「白」と言う。

しかしながら、白ってヤバいほど種類があって…

f:id:CurryS:20161227210931j:plain

http://blog.livedoor.jp/chiblits/archives/52071958.html

カリフォルニアのばあさんブログ様

 

というね。

 

上のは難しすぎるんで、分かりやすいコッチにしよう

f:id:CurryS:20161227211042p:plain

よく使われる表現で「黄味の白」というのがある。

すなわち「アイボリー」。

*オフホワイトも黄味寄りの白だが、とりあえず置いておく。

これはパーソナルカラーで言う「スプリングとオータム」で映える色になる。

 

逆に、ホワイトは「青味の白」。

*筆者の造語。

こちらは一転して「サマーとウインターに合う色」となる。

 

カラーは、自分が「どっちの系統か」が重要。

黄→スプリング、オータム

青→サマー、ウインター

によって、分ける。

 

総合すると「雰囲気」。

…ぶっちゃけ言ってカラーは「男性の感性では拾いきれない」。

メイクやらなんやらで細かい色彩を日常で使ってる女性に比べて、洋服くらいでしか使わない男性が同じ土俵に乗ると「ヤバい」。

 

故に「大枠でいい」。

黄ベースは茶系+黄色系の中間色を。

青ベースは無彩色+青系統のハッキリとした色を。

それだけで大きな違いとなる。

 

◾︎「手の綺麗さ」と「匂い」

⚫︎手が綺麗

手が綺麗なのがモテると言います。

これ少し前まで全っ然意味が分かりませんでした。

そしたら出会ったのよ。

「手が綺麗でカッコいい人」に。

 

ふとしたきっかけで「大安堂」という100の歴史がある「時計店」の店主「栗崎賢一」氏にお会いする事がありました。

こういう書籍を出しておられます。

https://www.amazon.co.jp/機械式時計の名品―1910年代‐60年代-栗崎-賢一/dp/4473018342/ref=asap_bc?ie=UTF8

f:id:CurryS:20161227222843j:plain

そこで見た栗崎賢一氏は、素晴らしい雰囲気も当然ながら、物腰の柔らかさ、上品なスーツの着こなし方に加え、「手がめちゃくちゃ綺麗」でした。

もちろん「知識」も流石すぎて、お聞きした全ての事を記憶して帰ってこれなかったくらい、色々な説明をいただきました。

ムーブメントに妥協をしない「時計店」(店舗のオリジナルは永久保証)という事もあり、「手のメンテナンス」も一環になっているんだと思います。

平たく言おう。まあ「カッコいい人」です。

そん時に始めて「手が綺麗なのは上品かつカッコ良い」と感じたのです。

とりあえず毎晩、化粧水+ニベア塗っとこう。

手が美しいと、ただもんじゃないオーラが出る。

形を真似するだけなら今すぐ出来る♪(笑)

 

⚫︎匂い

currys.hatenablog.com

 

ざっくり言うと、メンズの香りの「素」って3種類あって…

1、整髪料

2、香水

3、デオドラント

で、構成されます。

…ただ、モテの観点から言った場合、体臭を「活かす」のが重要。

媚薬効果がある。

じゃあ女性はどうか?ってんで、よく「女性は体臭に気を使ってるからいい匂いがする」っていうけど、あれ嘘だから。

「女の匂いに惹かれてる」んだから。

 

匂いの素は「健康」。

摂生だ。

運動して、食事に気を使ってる女性は「常に甘い匂いがする」。

夏でも運動後でも。

これは「男女共同じ」。

 

運動して、食事と健康に気を使ってる男は、仄かに香る男っぽい匂いで女性を酔わせる事ができる。

*それと別件で、体臭と遺伝的相性は相関があり。年頃の女の子が親父の匂いが嫌いってのは「同じ遺伝情報を持っているから嫌だと感じる」から。つまり、体臭が「良い匂い」と感じる男とは相性が良く、夜の生活の安定感から離婚率の低さまで、直接的な幸せと関係があります。

 

だから総合すると「匂いを隠して女の子と上手くいった所で意味がない」。

 

香水を自分に「足す」ようなイメージでお使い下さい♪

 

◾︎靴

まずはチャッカブーツを買おう!

f:id:CurryS:20161227225702j:plain

この形が非常に使いやすく、まさに「一家に一足」。

 

靴の色合わせはこれで。

f:id:CurryS:20161227225858j:plain

 

最初に「黒」を買おうというのは、このマルチロールっぷりがあるからです。

ちなみにこの色合わせは、上でリンクを貼ったライフハッカーのやつに書いてある理論の組み合わせです。

メンズのカラーは特殊な事を「しない」方がカッコ良いのです♪

 

◾︎まとめ

お疲れ!

全部入りに仕上げたら長文になったぜ!

興味がある所だけ、つまみ食いしていただければ幸いです♪

 

長々と書いてますが、やってみると簡単。

髪型は1000円カットで出来るし、眉毛は爪切りと同時にやればいいし、体臭は髭剃りのついでに香水を着けるだけ。

 

サイズ選びこそ「慣れ」だが、ユニクロで擦り切れんばかりに試着して適正サイズを知ればいい。

 

カラーは5色だけ覚える。

「白、黒、グレー、ネイビー、カーキ」。

これはネイビー×カーキが補色になってるから「どの色の組み合わせでも」着れます。

 

さて。

このペラサイト一枚を習得した貴方は「お洒落な男」♪

 

楽しんで来て下さいませ♪

 

 

久しぶりに良いお題だったので。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

◼︎5年後の自分へ

2015年に大好きだった爺ちゃんが亡くなり、2016年にはタバコを止め、定期的な運動を始め、サプリメントで栄養調整をし始め、散々振り回された精神病克服のキッカケを掴み、独立して稼ぐ方法を本格的に調べ始めた今年は転機になっているだろうか?

本を読み、試してみるほどに何が正しいか分からない、そして自分の気持ちが分からなくなる、今の絶望感から人生は進んでいるだろうか?

やりたい事を峻別し、一生かかっても全力で取り組める目標は見つかっただろうか?

自活し、生きていく事が出来ているだろうか?

親以外の大切な家族はそこにいるだろうか?

…今の現実は、そこに至るための糧になっているだろうか…?

 

5年後の「そこ」は、楽しんでいる場所を見付けられている事を願ってる。

 

◼︎目標

1、日本では注目度が低い「何か」を継続的にやってみる。

2、自分の軸になる「仕事」を見つける。

3、人付き合いをもっと積極的に広げていく。

4、年齢を言い訳にしない。

5、虚構でも強がりでも、実際に接した人が楽しく感じられるように「楽しそうに振る舞う」事を徹底する。

6、論理能力を上げる。

7、どう頑張っても、橘玲や藤沢数希にはなれない事を理解する。

8、自分にとって「透明なコップに入れられたノミ」に「ならないジャンル」を見付け出す。

9、人生に希望とやる気を見い出す。

10、キンコン西野のように、自分のスキルで人を楽しませる事が出来るようになる。

11、TMAX530に乗る。

12、MINIに乗る。

13、まったり出来る場所を見つける。

14、まったり出来る人を見つける。

以上!

これが出来れば、よく言われる「死ぬ時に後悔するリスト」をオールクリアした人生を歩めますな。

 

人生の扉が事実上ほぼ閉まり、あとは独力でなんとかしていくしかない状態なので、今が最も考えと選択が問われる時期。

何かが芽が出て、もう「これで行く!」くらいのやつを見つけたいね。

おそらく俺は、橘玲氏著書「言ってはいけない」で書いてあった「心拍数が低いタイプ」なんだろう。

*刺激が欲しくて危険な遊びや犯罪を起こしやすい反社会的な特徴を持つ人。この「刺激」が競争に勝つ事や目標達成する事に向いた人は大成している。

学校での競争は負け続けて来たが、ここでは勝ちたいね。

 

◼︎まとめ

「好きな事で食っていく」事が出来る「能力」と「覚悟」は備わっているだろうか?

そしてそれは「俺と関わった人が楽しめるモノ」なのだろうか?

…あわよくば5年後、この2点を備えて経済的にも困窮しない活動をしていたい。

それが何かは分からないけど、今の俺には探し続けるしかない。

 

5年後の俺はそれをどれだけ現実にし、叶えているだろうか?

今の道の先に、それがある事を信じてる。

 

思ったより深かったMTBI診断。*超雑記。

 

以前書いたこの記事

「あなたの強みは?」

 http://currys.hatenablog.com/entry/2016/10/07/220004

でも言及した通り、引き続き強みを活かそうというお話しです。

しかしながら、ここで面白い事が。

エニアグラム、グッドポイント診断、ストレングスファインダーは、何回やっても同じ結果が出ます。

その中で「MTBI診断」だけは、サイトによってまちまちな結果なのです。

設問の微妙なニュアンスで選択が変わるんですね。

その中で出てきた「共通のポイント」ってのが割と使えそうなのでご紹介。

 

◼︎受けたところ

1、16personalities

https://www.16personalities.com/ja/性格診断テスト

個人的に精度No. 1。

筆者の結果は「ISFP」

内向的で人付き合いが好きな芸術家。

計画性?なにそれ美味し…ry

 

2、タイプ別性格診断

http://www.secret.ne.jp/~delmonte/

まあまあの精度。

結果は「ESFP」。

外交的で楽しい事が好きで、現実逃避型のダメ男。

 

3、16類型性格診断

http://www.seikakushindan.info

あまりあてにならなかった。

「INFJ」

独創的で内向的。

 

4、性格相性診断

http://www.seikaku-aisyou.com

あてにならない。

「INTP」

専門家タイプ。

独創的でありつつもバランスが良いという評価だが、全く当てはまらなかった。

 

5、自己診断

最後は自分で判断してみる。

「ISFP」

基本的な人付き合いは苦にしない。

…が、人の好き嫌いが激しく、合わないやつが多くいる場にも行くほど外交的でもない。

しかしながら、「人と過ごした後」に「最も充実感を感じる」事が、最近改めて判明してびっくりしてる。

風景や可愛い女の子、好きなファッションなどの「美しいモノを見る」事が、ずっと飽きずに続けていける。

すなわち「芸術家タイプ」。

それと別件で、とにかくガキみたいに「楽しそうにしてる」ほうが気が楽な事に最近気付く。

それを今読んでる「SQ生き方の知能指数」を読んで思い出した。

性格は矯正出来ないが、考え方は半年で矯正できるらしいので、ポジティブ思考を根付かせよう。

計画性や能力が足りない部分は、この「ひたすらに楽しそう」な事によって、周りにカバーされて生きてきたというダメ男だった事を思い出した。

感謝?

一部の友達と、先輩と後輩にめっちゃ感謝してる。

という事で、どんなにキツくても、楽しそうに暮らす事が定め。

もうダメな時は、歯を食いしばって笑って死ぬ方向で(笑)

 

◼︎共通項

⚫︎強み

1、人付き合い良好

2、芸術系

3、柔軟性+個性主義

どの強み診断をやっても、これは鉄板。

…実は日本で「メンズファッションスタイルブロガー」が誰もいないから…ね、ほら、イケそうな感じしない?

失敗したら?

人生の扉がちょっと閉まるだけだから大丈夫(笑)

 

⚫︎弱み

1、計画性

2、継続的な努力

3、好奇心故に手広く手を出して中途半端

…やっと飲み込めてきたが、普通の仕事で高い位置を望むのは無理。

好きな事をストレスなく、生きていける程度の稼ぎで暮らすか、運に恵まれて突き抜けた結果を掴んで、計画性のなさ故に滅びるかの2択。

…後者の人生も面白そうだな。

まあとにかく「楽しければいい」。

*ちなみに

本を読んで新しい知識を入れたり覚えたりは「楽しい事」の部類に入ります。

何を努力とするかは捉え方による部分が多かったり。

 

◼︎まとめ

やたら違う結果が出る「MTBI診断」。

皆様はどうだったでしょうか?

学生時代から、何でもやれるだけやって強みを見つけられる人はマジ凄いと思います。

一通り練ってからじゃないと、それが「向いてる事なんだ」と気付く事すら出来ないわ。

皆んなより一周遅れで人生の過渡期に入ります。

もう今更追いつくか分かんねえんだから、道中が楽しい方がいいわ♪

 

…昔の感想ブログっぽい書き方をしてしまった事だけは申し訳なく思ってる。

 

どうせだから、皆様も(たまには)雑記を書いてみてはいかがでしょうか?

次からはもう少し「読んで良かった」と思えるモノに仕上げます。

 

お付き合いいただき、ありがとうございました♪

メンズファッションの決め手は「小物」! ストール、マフラー、スカーフの使い方♪

俗に言う「小物」。

 

わざわざこの記事を見ていただけている諸兄の事。

身だしなみを整え、アイコンタクトで相手の気持ちを推し量り、自信を持って落ち着いた会話を提供し、女性と楽しい時間を過ごす事を息をするようにこなしている事かと存じます。

自身の細かいところに気を配れるという事は、相手の細かいところにも気を配れます。

すなわち「モテる」。

 

しかしながら、エストロゲン全開の「本当に良い女」の目を惹くには、あと1つ何かが欲しい。

ご存知の通り「女は細部を見ている」。

自分の事が中心の20代中盤までとは違い、モテる事が当然となり、あらゆる場面に気を配れるようになった20代後半から30代の成熟した男達の「格」を作るのが「小物」です。

もうストレートに言って、小物がハイセンスでモテないとか社会的地位が低いという人は存在しません。

身だしなみにあまり気を使わない(マネキン買い含む)男も多い中で、「小物」や「カラー」、「ストール」「スカーフ」でググってきた皆様が、その時点でモテる男なことは容易に想像できるのです。

*この記事は1日約30PV程度。つまり、小物まで気を使うライバルは少なく、ここまで気を使える貴方に優位性があるという証明。

 

綺麗な小物を決めて細部を引き締め、一味違うファッションをし「いい女からの視線」を得て、楽しい時間を獲りにいきましょう♪

 

◼︎以下、長いので簡易まとめ

基本的に「服と一緒」です。

currys.hatenablog.com

ストールも「モノトーン+ネイビー+カーキ」でまとめれば完璧です。

*ストールとマフラーは使い方が同じため、ストール⇆マフラーで読んでいただければ幸いです。

 

f:id:CurryS:20161018232749j:plain



有彩色(ネイビー×カーキ)でのストールの使い方。

 

以下はモノトーン+モノトーン。

 

f:id:CurryS:20160924232322j:plain

 

巻き方

 

f:id:CurryS:20160924232347j:plain

ピンタレスト様。これより下の註釈がない画像も全てピンタレストリンク。

 

 モノトーン×モノトーン。

さすがベッカムさん。

惚れ惚れする格好良さ。

顔+身長に加えてこのファッションが揃えば、もはや無敵。

御歳41歳。全く色褪せない。

遊ぶ気があれば相手に困ることはないでしょう。

 

なぜこれが使いやすいのか?を説明したのが、これより下です。

面倒だったら画像だけ見ていっても参考になると思います。

 

■色合わせの基本概念

女性向けの店はどこも彩色豊かです。

同様に、服や小物も様々なカラーや形が出ています。

 

しかしながら、メンズもそこに合わせて派手な色使いをすればいいかというと「否」。

何故か?

「男としての魅力を感じない」からです。

男が重要なのは「品格」です。

連れている「女性も映える」ような雰囲気を纏う事によって、お互いが魅力的に見えるのです。

「一対で完成する」。

 

…無論こじつけなんですが、女性と同じ格好をしていたら「つまらない」。

性差を楽しむのが、男女の付き合いの楽しみの1つ。

それはファッションも同じです。

 

メンズは基本的には難しいカラーの組み合わせを用いません。

どんなカラーにも合わせられるのは?

そう「モノトーン」。

しかしながら、それではあまりにつまらない。

メンズに合ったダークトーンである「ネイビー」、それと補色の関係にある「カーキ」の5色が、「メンズのカラー」なんです。

 

長ったらしくキチンと説明したのが、記事中本文以下のモノ。

 

分かりやすく略したのがこちら

currys.hatenablog.com

です。

お好きな方をどうぞ。

 

●マンセルカラーシステム

図1

f:id:CurryS:20160729201741j:plain

 

図2

 

f:id:CurryS:20160729202532p:plain

 

図1「色」

図2「明度(縦)+彩度(横)」

です。

 

●基本1

メンズ服の基本はいつも同じ。

「モノトーン」です。つまり「白、黒、グレー」。

図2の縦ラインのやつです。

これを総称して「無彩色」と言います。

どの色も「彩度を無くすとこの色になります」。

という事は?

そうです。全ての色の「共通の色」なのです!

なので「全ての色と相性が良い」。

メンズにおいてはすべての服の基本となる色です。

 

レディースモードの「シャネル」や、黒の衝撃と謳われた川久保玲率いる日本最高のモード「コムデギャルソン」などの「こだわりがあるブランド」はモノトーン強め。

日本メンズ界の巨人「山本耀司」氏 もこちら。

f:id:CurryS:20160921213731j:image

世界に誇るメディアアーティストとして活躍中の「落合陽一」氏の着用ブランドが「ヨウジヤマモト」。

f:id:CurryS:20160921214353j:image

 

基本にして最終形態までカバーしてるのが、「モノトーン」です。

 

●基本2

無彩色と対になる「有彩色」。

これは色味のあるすべての色です。

上の図2の横です。

有彩色は温度感で表される指標があり…

赤〜オレンジ=暖かく見える「暖色」

青〜緑=冷たく見える「寒色」

紫系と黄色〜緑=中庸な「中性色」

と言います。

*茶色=オレンジ。

季節感を出したい場合、この「色味」と「服のイメージ」を合わせて行きます。

コーデュロイパンツなどで茶色(暖色)が愛されるのはこれが理由。

 

f:id:CurryS:20160922000153j:image

f:id:CurryS:20160922000200j:image

 

しかしながら、メンズにおいて有彩色の把握は完璧じゃなくても大丈夫です。

と言うのも…

 

f:id:CurryS:20160921220050p:image

*らばQ様

 

だからです。

男女の色彩感覚の差は倍近い。

*男でも色彩感覚が優れた人は一定数います。…が、平均的な数値で見ると、女の方が優れている。

もちろんメンズでも赤は「朱色」「臙脂」などの表現は普通に使いますし、ここまでの差はありません。

しかしながら、先天的に優れている方が良い組合わせを作りやすいのは確実。

つまり、女性の方が有利なのです。

 

「男は黙ってモノトーン」と言いたいトコですが、それは端折りすぎ。

加えやすい有彩色のルールがあるのです。

 

●基本3

まず知っておくべき、王道の「カラールール」があります。

「全身で使う色は4色までにする」

という事です。

最初に「モノトーンは3色」と言いました。

そこに、有彩色でメンズに最も愛されている「紺」そして「チノパン」を加えたとしましょう。

「白、黒、グレー、ネイビー、カーキ(茶色)」の5色です。

メンズのカラーラインナップは「白、黒、グレー、紺、ベージュ」に絞る。

こうする事によって、5色から5色以上を着る事は難しくなるので、上記のルールも気にすることなく選べます。

 

次の問題は…

「有効な有彩色の組み合わせ」は何のか?

です。

良く使う事になる、補色、類似性配色、同一色相配色と、それに伴う「明度、彩度を合わせた組合わせ」を説明します。

 

⚫︎同一色相配色

 

f:id:CurryS:20160921232330j:image

 

この写真のように、同じ「青」を使い、明度、彩度の差で違いを出す色合わせです。

同系統のため、配色の相性が良い。

このように同系統なものは、実質「1色」とカウントします。

 

⚫︎類似性配色

一番最初の画像のマンセル色相環の「隣り合った色の組み合わせ」です。

赤+オレンジや、黄色+緑など。

相性は良いが、即2色越えとなり、メンズではあまり使わない組み合わせです。

 

⚫︎補色

最初の図1のマンセル色相環の「Aの5R」を基準にして、真逆の「Cの5BG」との組み合わせを、「補色」と言います。

つまり、真逆の色はお互いに目立たせる事が出来ます。

代表的なモノは「紺とベージュ」。

つまり、紺シャツとチノパン。

チノパンと「紺色の何か」という組み合わせは、メンズファッションにおいて最強の武器となります。

秋冬はチノパンの代わりにコーデュロイパンツを使い、季節感を強化します。

 

⚫︎同一トーン配色

「明度や彩度が同じ」で、「補色」や「類似性配色」使った配色です。

代表的なのは「セットアップ」を使ったコーデ。

 

 一回分かれば「どれも簡単」なんですが、言葉で説明すると「めっちゃ分かりにくい」のがカラーの決定。

 

「有彩色」の使い方は「2通り」あります。

1、モノトーン+有彩色一色で組んだ場合は「どれでもいい」。

2、有彩色2色以上で組んだ場合は「どれか一つを満たす必要がある」。

です。

モノトーンは「どの色とも合う」というのは説明した通りです。

つまり、全身モノトーン(白、黒、グレー)で組んだ場合、ストールに何の色を使おうと「合う」。

f:id:CurryS:20160922013235j:image

この様な感じに。

 

ピンポイントで欲しい品、やりたいカラーの組み合わせがないのであれば、マルチに使える「モノトーン+有彩色一色」での簡単コーデをオススメしています。

 

◼︎さらに

パーソナルカラー診断

http://sp.skincare-univ.com/selfcheck/000107/

スキンケア大学様。

肌や唇、髪の色などから似合う色の傾向を表示してくれます。

筆者は「ウィンタータイプ」。

寒色系を強く使った、シャープなイメージの色使いがハマるとの事。

イケメンが良くやってる、茶系を優しく暖かく着るのは似合わない。

さもありなん。

このように大まかな指針になります。

選択肢として1つ持っておきましょう。

 

●それを踏まえてオススメ

1、マフラー

ベーシック

 

グレー(モノトーン)マフラー。

グレーマフラーと黒アウターと、この組み合わせが鉄板過ぎて使い勝手最高。

紺アウターでも同じに使えるため、使いまわし抜群です。

 

少し違う使い勝手が欲しい方はこちら

 

 

ポールスミスの縦ストライプは年季が違います。

品がある差し色が欲しい方はぜひ。

 

●ストール

オススメはやはりこれ

 

 質感の違うので、巻き方次第で色々楽しめます。

マフラーっぽい見た目のこれが便利です。

 

●スカーフ

ここまで見て頂いた方に、ぜひオススメしたいのが「スカーフ」。

今現在、これを使いこなせれば、お洒落上位10%入りしているといっても過言ではないほどの「違い」が作れます。

*最近使い込んで分かったが、レディーススカーフじゃ「ダメ」でした。

服飾史でもそうであるように、女の子にはメンズの服に「憧れさせる」事が必要になります。

つまり、「同じのを使っていてはダメ」。

男性服で取り入れる時は、メンズ用として売り出されているマフラー型のスカーフや、下記のような「シンプルなスカーフ」を使いましょう。

 

という事でこれ

 

使い方は…

1、シャツ

2、ジャケット

3、コート(トレンチやチェスターなどの胸が開いたモノが相性良)

の時に、首に巻きます。

春秋で特に幅広く活躍してくれます。

 *真冬は寒い。

上記のこのスカーフでジャケパンスタイルの完成度が上がります。

ぜひ一度お試しください。

 

⚫︎まとめ

メンズファッションの基本は「五色」。

白、黒、グレー、ネイビー、カーキ。

外れたモノが欲しければ、カラーチャートと「色の組み合わせ」を加味して、「頑張って選ぶ」。

 

最初は単色ではない(オール黒のようなコーデをしない)モノトーンのコーデがおススメ。

基礎にして奥義な使い方なのに加え、サイズ感と服の形に集中出来るのでカッコ良くなります。

 

f:id:CurryS:20160922013341j:image

イメージトレーニングしましょう。

 

そしてその後「モノトーン+有彩色一色」も試してみます。

紺、茶色、モノトーン+差し色ストールなどの「+1色」のコーデを作ります。

 

その後に「有彩色2色」で、バリエーションを増やしていきます。

 

 この領域でオリジナルを作れるのは「上級者」。

 

初心者で充分です♪

 

良い女のテンションを上げられる「センス」を見せつけましょう♪

 

楽しんで小物に向かい合って下さいませ♪