自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

30代向けファッションの「ホント」。

 

自身が30代になったからこそ分かる「20代と見せ方の差」をご紹介。

 

◾︎極端なモノからの卒業

1、サイズ

凄い簡単に言うと、スキニーは「オススメしない」。

もちろん、ピタッとしたTシャツも良くない。

30代で変わらず細身の体型だったとしても卒業しましょう。

 

細すぎる身体は「未熟な証」でもある。

 

筋肉をつけるのがベスト(30代なら余裕で間に合う)だが、若干太ってるくらいは「気にせずに」そのままのサイズを選びましょう。

 

2、先鋭的すぎない

B系やホスト系…は、こんなブログを見ないか。

までいかないにしろ、

f:id:CurryS:20170509155333j:image

*Wear

こういう先鋭的な服装は「少しだけ考えましょう」。

 

f:id:CurryS:20170509155700j:image

*MB氏

で、ギリギリ。

MB氏のように「メンズファッションで食ってる(職業にしてる)」んなら全然OKだが、一般人が普通の友達と遊びに行く場合は、「通常の範囲の中の高品質」を作りましょう。

 

f:id:CurryS:20170509160022j:image

こういう「誰にでも出来そうだが「一味違う」」がポイント。

 

「誰にでも出来そうなお洒落」こそ楽しみましょう♪

 

◾︎小物使い

1、時計

高級時計だけではつまらない。

特に最近は新興メーカーの時計が素晴らしい。

1-1、MVMT

f:id:CurryS:20170509161108j:image

https://www.mvmtwatches.com/?utm_content=not_purchased&gclid=CjsKDwjw0cXIBRCxjqnE3K3sHhIkAL1LezTvudC3jt0SGadb95UepNK7mRIQ1CdmwPxX00mKpZ4MGgLECfD_BwE

 

全ての商品が2万円未満。

革ベルトの維持費こそ、それなりの額になる(2年で一本交換4000円前後)が、本体は安く高クオリティ。

筆者も一本持ってます。

 

良くも悪くも「デカい」。

これに魅力を感じれば、オススメです♪

 

1-2、KNOT

f:id:CurryS:20170509161545j:image

http://knot-designs.com/index_sp.html

 

国内メーカーが欲しければこれ。

若干値段は上がる。

*25000〜50000円

自動巻もあります。

面が40mmなので、使いやすい。

 

1-3、STOCK

f:id:CurryS:20170509161919j:image

http://stockwatches.com.au

 

値段はさらに上がり、30000円〜。

面は36mm。

品質と大きさを求める人向け。

 

*余談

メンズ時計は45、40、36mmが主流ですが、「大きくなったのは最近」です。

以前は時計を小さくする事に技術を費やしていたため、機械式腕時計のムーブメントが最もいいと言われる1960〜70年代の時計は40mm以下です。

人の手に最も馴染むのが、メンズで35〜38mmと言われています。

マッチョでなければ、40mm以上の時計は「アンバランスになりがちである」との認識の上でお買い上げ下さい。

 

2、マフラー&ストー

20代では

f:id:CurryS:20170509163000j:image

こういう「マフラー巻いてます」感がある方が好まれ、また似合います。

 

しかし「中庸」をも美徳とし始めた30代以降は

f:id:CurryS:20170509162719j:image

f:id:CurryS:20170509163102j:image

f:id:CurryS:20170509163109j:image

という「巻いてる感が少ない」使い方を模索し始めます。

イメージとしては「ネクタイの延長線上」です。

派手カラーで目立たせるよりも、全体の調和を取るための一手として活用する。

そのためには…カラーの説明が必要になるから、やらないw

同系色の違う色を使う、とだけで、分かる人には分かるはず。

 

3、靴

革靴に原点回帰。

ウイングチップだったり、チャッカブーツだったり細々見ると様々だが、一言でまとめると「革靴」。

 

「定番の種類」は3つ。

1、ウイングチップ

f:id:CurryS:20170509164439j:image

つま先の切り替えがW字になっているモノ。

一見難しそうに見えるが、履くと存外に「普通」。

見た目の「出来るやつ感」にビビらずに履きこなすと、期待に応えてくれるイケメン野郎。

オススメ♪

 

2、プレーントゥ

f:id:CurryS:20170509164732j:image

つま先に装飾が一切ないやつ。

代表はチャッカブーツ

日本では若干「流行り感がある」ものの、実はど定番。

形が優しく、誰にでも取っつきやすそうな見た目の割に、服の系統も選ばずに調和する出来る子。

初心者からベテランまで引く手数多であり、その意味でも一足持ってて損しない一品です。

*デザートブーツとは「素材違いの名前違い」で、形は一緒。

 

3、Uチップ

f:id:CurryS:20170509170255j:image

ザ・革靴という逸品。

 かなりビジネス寄りで、あまり私服で使われる事はないですが「だからこそ良い」。

元が「フォーマル寄り」なので、相手に失礼になるような事もなく、若干ビジカジの匂いが強くなる程度で、ほとんどを損しない。

良い革靴を買って、スーツと兼用というのも視野に入ります。

…その場合はプレーントゥ買うし、とか言わない!

それのが正しい!

 

◾︎まとめ

みんなと違うモノを使い、俺だけのオリジナルを追求するのが20代です。

逆に、「普通に見えるが凝ってる」という「江戸っ子気質」にシフトしていく時期が、30代です。

それが可能になる「経験」と「知力」があればこそ、それを楽しめるようになるのです。

 

もちろん「好きな派手モノ一点買い」という「ロマン砲」も大いにアリです。

…が、それは「分かってやって」下さい。

「TPOに合わせた高品質なコーデをこなした上で」趣味のコーデを楽しむ。

 

両面を使い分け、全てを楽しみましょう♪

 

*最後に

僕がメインで読んでる雑誌は「LEON」と「MADURO」です。

つまり「イタリアオヤジ」の方向に偏ってます。

ああいう「気の抜けたモード」が好き。

逆にサファリのような「攻めカジュアル」は苦手です。

方向性が合ってれば、参考にしていただけると思います♪

モテるメンズファッションの「ジャケット」。最初は御三家(ユナイテッドアローズ、シップス、beams)で買おう。

「モテる男のファッション」として間違いなく「最強の一角」。

女性から真っ先に上がるメンズファッションであり、老いも若きも格好良く着れる「ジャケット」。

 

だからこそ「差が出る」。

小さすぎず、大きくないサイズで着る事で「大人の余裕と品格」が出ます。

 

ジャケットの選び方を見ていきましょう。

 

◾︎サイズ感

基本こそ最強。

ここが奥義にして「最も押さえなければらないポイント」です。

f:id:CurryS:20170508205907j:image

簡単に見ても、差が一目瞭然かと思う。

 

その重要なサイズ感。

上から順に「肩幅」「身幅」「袖丈」「着丈」です。

f:id:CurryS:20170508210042p:image

*画像は「シャツ」だが、分かりやすいので。

では説明を。

1、肩幅

 ここが「最重要」と言ってもいい。

ハッキリ言って…

若者のジャケットは「小さすぎ」。

おっさんのジャケットは「大きすぎ」

です。

「丁度いい幅で着る」

ただそれだけで「貴方は1ランク上の人間になれます」。

f:id:CurryS:20170508210311j:image

とりあえずこの画像を全て見て欲しい。

感覚は伝わると思います。

 

肩幅のジャストサイズは「肩から落ちず」「肩の内側に食い込まない」幅です。

ポイントが1つだけ。

「インナーを着た状態で」です。

つまり、Tシャツ1枚で試着してジャストサイズを選ぶと「小さい」という事です。

シャツ着たり、Tシャツ+ロンTとかで着たりするだろ?

Tシャツ1枚より着膨れした分、少し大きくないと「カツカツに見える」。

後述する「春夏、秋冬の差」でも触れるが、秋冬はインナーがニットになるため、「さらに大きい」サイズ感が求められます。

これらを知らずに「ジャケットはジャストだろ?」と買うと、「小さい」という状況に陥ります。

 

せっかくここを見て下さった皆様には、少しでも「格好良くなって欲しい」ので、ご留意頂ければ幸いです。

 

◾︎身幅

f:id:CurryS:20170508211344j:image

画像一番下。

ボタンを閉めた時に「指が2本入る」くらいが目安。

寄りが出来ず、「弛まない」程度です。

後述する「着丈」と共に合わせる事により、「合ったサイズで着ている」というメッセージが強く出る部分なので、きっちり合わせましょう。

 

◾︎袖丈

f:id:CurryS:20170508210311j:image

上から4つ目と5つ目。

肩幅と身幅を合わせたら、袖丈が長すぎるという事は殆どありません。

*標準体型であれば。

ここは「スーツだと妥協が効かない」が、私服だと妥協出来ます。

何故か?

「めくったりする」から。

そしてインナーも「シャツとは限らない」。

若干短くても、逆に長くても構いません。

肩幅、身幅、着丈を優先しましょう。

 

◾︎着丈

f:id:CurryS:20170508212550j:image

画像はシャツですが、目安は同じです。

ここが、若者は「短く」、おっさんは「長い」。

適正なline上にあっても…

short line寄りであれば「カジュアル」

long line寄りであれば「フォーマル」

です。

つまり「思ったより長くていい」。

ショート丈を袖捲りして着崩しても大丈夫ですし、ロング丈で着崩さずに落ち着いて着ても、別の味が出せます。

お好みのスタイルで♪

 

サイズ感は「何よりも重要」です。

多少デザインがダサいモノを着ていても「帳消しにできます」。

ジャケットに関しては「デザインよりもサイズ感」という事を徹底して下さい。

セールで飛びついてはダメです。

何よりも「自分に合ったサイズ」を見つけ出し、購入しましょう♪

 

◾︎春秋と秋冬の違い

サイズ感を得たら「季節感」を出します。

「女は素材まで見てる」。

何故なら、肌の感覚が「女性の方が鋭い」から。

*子育てで必要という説が濃厚。

直接肌に触れる「素材」というモノに対しての「意識が高い」。

だから「モテるジャケット」を標榜する以上、これは避けて通れんのです。

余裕があれば、意識して見ましょう!

 

では説明!

 

1、素材

f:id:CurryS:20170508214400j:image

画像では色々書いてあり、ガチで知りたい貴方には読んで欲しいが、すごく簡単にまとめる。

「厚手と薄手」だけでいい。

⚫︎秋冬

ウール&ツイードです。

秋冬の素材はウールとツイードしかないと言っていいレベル。

ごく稀にフランネルが入ってくるが、今は主流ではないので割愛。

「厚手のウール&ツイード素材のジャケットは秋冬」

です。

 

⚫︎綿、リネン、シアサッカー

春秋です。

素材が薄く、目が荒く、シワに強く、見た目に涼しげなこの素材たち。

どちらかと言えば「着崩す事を前提としている」感じなので、「ドレス系でパリッと行きたい」という人には難しかったりします。

そういう人でも「春秋は緩くいく」と割り切り、楽しんで見てください♪

 

2、色

単純ながら、やはりここも必要。

しかしながら、メンズでは「派手な色はいらない」。

「白」そして「グレー」があれば充分です。

「ネイビー」は白と組み合わせると「マリンカラー」という、夏時期全てで使える色の組み合わせとなります。

f:id:CurryS:20170508220743j:image

困ったら「白とネイビーで組み合わせる」と覚えておいて下さい♪

 

3、サイズ感

春夏に比べ、秋冬は「着込みます」。

春は中に「Tシャツ1枚」や「シャツだけ」などで過ごせます。

秋冬は「ニット」や「スウェット」が増えます。

すると「インナーが膨らむ」。

膨らんだぶん「少し大きくする必要がある」。

これはユニクロの「ルメール」をみていただくと分かりやすい。

キチンと「時期にあった設計」がされています。

そこまで考えてくれているメーカーは稀で、自分のサイズとジャストなメーカーもそうそう無いので、「自分で調整しましょう」。

秋冬はニットを着て買いに行く、だけでOKです♪

一度見ていただければ、感覚的にお分かりになるかと思います♪

 

◾︎オススメのジャケット

探し中。

後日、ちゃんとリンクを貼る。

 

◾︎よくある質問

1、スーツの上は使えるのか?

A、使える

…が、亜種扱いは免れない。

現在のモテコーデの基本は「シンプル」です。

最も評価が高く使いやすいのは「プレーンなジャケット」です。

デザイン(ストライプやチェックなど)があるスーツのジャケットは、あまり評価が高くない。

これを覆すには「己のセンスを見せる必要がある」。

簡単に言えば「難しい」という事です。

プレーンなジャケットであれば流用をオススメします(スーツのジャケットは生地も仕立ても良い) 。

 

2、どこで買うか?

ユナイテッドアローズかシップスがオススメ。

理由は簡単で、この2つが「最もスタンダード」だから。

最初は「店の独自の色」が見えるショップで「買ってはいけません」。

店独自の色があるという事は「何かを強調している」という事。

平たく言えば「歪んでいる」。

「綺麗で」「上質な」「王道のジャケット」を探すなら、アローズかシップスのような「王道まっしぐら」な店で買いましょう。

 

3、価格

出せるなら2万。

出せなくても1万は見ておきましょう。

目利きが出来るようになれば(サイズ感を出して、素材感を判断出来れば)、3000〜8000円で充分な買い物が出来ますが、初っ端は「良いものに触れましょう」。

そういう面でも「アローズがベスト」。

店の雰囲気からして店員さんも真面目だし、色々聞いて、試着しながらゆっくり決めていくのはこの店がいい。

ナノユニバースなどの「ちょい安い店」だと、絶妙にサイズ感がおかしかったり、素材が安っぽかったり「何らかの痛みを伴う」。

であれば、一発目で「自信を持って着ていける服」を買う事をオススメします。

 

他に何か質問があれば、お答えします。

 

◾︎まとめ

ざっと読んでいただけただろうか?

オススメは、この記事を流し読みした後に「ショップ店員さんに聞く事」です。

もしくはアオキ系の「スーツ屋」に突っ込んでくる。

そこで「体験」をし、理論と経験を繋げば、すぐに理解出来ます。

一度理解すればいくらでも応用が利くので、もう二度と困る事はありません。

 

ぜひ「体験」してみて下さい♪

貴方が「お洒落になったね♪」と言われる時は、すぐそこにありますよ♪

皆んな、そんなに勉強してたの??

 

信じられん。

筆者の学習時間は「平均を下回っている」のは確実だった。

 

◾︎ベネッセのデータ

http://berd.benesse.jp/berd/data/dataclip/clip0005/

f:id:CurryS:20170508154027g:image

「学習塾や予備校、家庭教師について勉強する時間を含め、平日、学校以外で何時間くらい勉強するかを学校段階別にみると、平均の家庭学習時間は、小学生が81.5分、中学生が87.0分、高校生が70.5分となっている。」

以上、ベネッセからの引用。

 

小学5年生が「1時間超えだと!?」

 

◾︎現実

筆者は学習意欲など全くない子供であり、中学に行くまで塾に行かなかった。

正確には「行きたくなかった」。

進研ゼミやってるから(実際には全くやってない)っつって誤魔化してた。

*20年以上前。現在で言う「受験サプリ」みたいなもん。

勉強なんざ「見るのも触れるのも嫌」

「あれをどうやって拒否して生きていくか?」に全ての焦点が注がれていた。

 

過剰な勉強嫌いになった理由は…

1、勉強をする理由が分からない事

2、勉強しろとうるさく言われる事

3、面白さをカケラも感じなかった事

以上の「王道3種類」。

分からないのに出会った時に諦めが早いのは昔から変わらないが、正確には「粘る気すらなかった」。

だって「面白くなくて」「やる意味が分かんなくて」、そのくせ「こんなモノで順位が決まる」。

 

なもんで、俺自身「学歴で人を判断した事は無い」です。

バカでも頭の回転が早く面白い人もいれば、頭が良くても意図を想像すら出来ない鈍いやつもいる。

 

◾︎結果

高校生で「選択肢が減る」。

要は「ヤンキーとして生きるしか道がない」と言う事。

どういう事か?

まず勉強を拒否し、学校を拒否した場合、「普通が遠い」状況になる。

先生からはお荷物扱い(ないし問題児扱い)され、ちゃんと勉強しているやつとは「話が合わなくなる」。

ごく当たり前な結果ですね。

代わりに「遊び」に関しては最強レベルに達し、バイク、車、服、女(近くにいれば)、非行系(酒、タバコ含む。筆者は部活をやっていたのでやらなかった)、繁華街練り歩きなどで、ストレスを解消する事となる。

そして「より特化型になる」。

早え段階で「遊びを覚える」、そして「勉強はしたくない」。

金が欲しい=高卒で働く

という結果になる。

 

◾︎世間一般のルート

ヤンキーが高校生で遊んだモノの焼き直しと、旅行、酒、女の王道の遊びを行い、卒業に向かう。

ヤリサーなどの「例外」はあれど、比較的「普通な人達」で構成される大学生は「普通な出来事」を体験出来ます。

「刺激が欲しい」とか言う女が多いみたいだけど、正直「知らない方がいい事もある」よ。

マジでバイオレンスが近くに転がってるよ。

カップルで粋がってる男がケンカ売ってきたからやっちゃって〜みたいな話しはチラホラ出る。

底辺校に居るorそれを知ってる女は「刺激が欲しい」とはあまり言わない。

 

普通に勉強し、普通の恋愛を経て、普通に結婚し、普通の人生を送る。

それが良いか悪いかは「お前が決めろ」。

 

◾︎現在

残念ながら、かなり勉強してる。

1日2時間以上。

仕事と女と、思考。

「答えがない」のが、好きらしい。

「何に役に立つのかが分からない」から嫌だったというのが結論と言える。

しかしながら、「主要5教科」の勉強は、未だに「ヘドが出る」。

「明確な目的」が出来たらやれんのかな〜。

可能な限り「やりたくない」のが本音だわ。

 

◾︎まとめ

勉強は「習慣にすぎない」。

おそらく「本を読む人」ってのも、同じ様に小さい頃からの習慣付けか、勉強の学習時間の流れでの切り替わりがこれになったか?というところだと思う。

 

お子様や小さい子供が近くにいらっしゃる人は、ぜひ「なぜ勉強するのか?」という部分に「真摯に」「子供が納得出来るまで」答えてあげて下さい。

個人的に秀逸だったのは、「空がなぜ青いのか分かるかい?」という問い。

「これがこうなって、こうなって、こうなって、青くなっているんだよ」

「ちゃんと勉強すれば、こういう風に「分かる様になる」んだよ」

というやつ。

 

今の俺が教えるなら「お前がしたい事は何?」

「なんでそう思ったの?」

「それ以外のしたい事はある?」

で、俺から「これとこれとこれはどう?」とし、そういう「自分がしたい事の選択肢を広げる事が、勉強をする意味なんだよ」と教える。

だから、学校の勉強なんざしなくても構わない。

「やりたい事」を自分で調べ、「欲しい結果」を自分で判断し、自分でそこに向かっていけるようになってくれれば最高です。

 

「学習」は、「失敗する事」と「選択肢を広げる事」であり、「覚える事ではない」。

 

学習自時間はそのままに、より「濃い学習」をして欲しいもんです。

面白い文章。

ハリウッドが教える最先端物語作成術、様。

https://ameblo.jp/hollywood-screenwriting/entry-11748653776.html

 

面白いものは「認知」と「感情」「変化」と「具体性」によって作られる。

 

1、認知

その人が何を知っているか?=前提知識の共有と理解。

新しい知的刺激はあるか?

です。

 

2、感情

その事例や説明で「感情が動くかどうか?」

漫画がいい例。

サンジ編の「感謝の土下座」が好きな人もいれば、チョッパー編の「救い」が至高だという人もいる。

 

3、変化

上で動かされた感情の「着地点」。

少し古いが「まどか☆マギカ」の「3話目」がいい例。

皆んなに衝撃をもたらした「アレ」と、それに付随する絶望感。

そこから容赦なく絶望に向かって加速していく。

あれをリアルタイムで見ていた人は、マジで「どうやって着地するのか?」という所で話題が持ちきりだった。

作家はなんせ、あの「虚淵」。

*絶望を生み出す作家として有名だった。

 

未だに「初見を戦慄させる」アニメとしては、「3指に入るレベル」なので、ぜひ見て欲しい。

 

4、具体性

なぜその絶望が起こったのか?

まどか☆マギカがまたしても分かりやすい。

「3話目があったから」

これが全て。

「その状況がどういう状況なのか?」

という説明において、「これが起きた故にこうなった」という「明確な理由」があるほど良い。

アラバスタ編が面白かったのがこれが故。

「ビビが頑張った」

逆にブルック編がイマイチだったのは「状況の説得力が薄い」から。

いきなり島に放り込まれて「あーだこーだ」では「感情移入が出来ない」。

 

さて、という事で、実際に面白い文章を書いている人はどうなのか?

個人的に面白いと思う「記事」を貼っていこうと思う。

 

◾︎ぴろっきー

筋トレぴろっきー

http://kintorecamp.com/hugh-jackman/#i-3

筋トレ情報のブログはここ一択。

説明の分かりやすさ、具体例、画像、動画など、およそ知りたい事全てが凝縮されたブログ。

上のリンクは「ヒュージャックマンの筋トレ法」なんだが、そういう「有名人がどうやってるか?」っていう痒いところにも手が届くのがすごい。

ヒュージャックマンのようになりたい!

三代目のようになりたい!

って、「分かりやすい動機付け」にも使える。

全てにおいて隙がない。

 

◾︎佐藤航陽

http://katsuaki.co

一言で表現すると「天才」。

「思考」「行動」がもはや同じ人間とは思えない。

面白さのベクトルが別次元で「何言ってるか理解出来ないけど面白い」。

いや、大まかには分かるんだけど、それが合ってるという自信がない。

体験も思考も違いすぎて、想像すら追いつかない。

ぜひ読んでいただきたい。

 

継続的に、かつ繰り返し見ているのは、これくらい。

濃いです。

 

◾︎これをどう目指すか?

上記の著者達が、書くための基礎ロジックを学んでるのかは分からないが、「それに準じた形」になっているのがすごい。

そのレベルを目指すためには…

1、文章を書く事が好きである事

2、面白い文章を書こうとする事

この2つの意思がある事。

至極当たり前ながら「前の記事より少しでも面白く」「次の記事を書こうとする事」により、上手くなる。

この意思がなく、ただ記事を重ねていっても意味が薄い。

「面白い記事を書きたいと願う事」

で、望んだ結果が手に入ります。

 

◾︎まとめ

これらを実際に落とし込むには「試行錯誤がいる」。

ちょっと変えて、ちょっと変えて、ちょっと変えれば、「大きく変わってる」。

あんまり尻込む事もない。

 

「認知」「感情」「変化」「具体性」

少しづつ取り入れて見ましょう♪

「人との姿勢」はそのまま返ってくるよ。

基本的に「コミュ強な方々」と、個人的な今までの経験を加味して、ベストな「人との姿勢」ってのを書いてみよう。

 

◾︎キッカケ

キッカケは「友達の作り方」ってググったら、トップにびっくりするサイトが出てきた事。

友達は「有用な順に選ぶ」。

… ドン引きした。

さぞ「友達が多い」方なんでしょうな。

 

▪️個人的な友達の「定義」

「楽しく遊べると思う人」

です。

理由は簡単。

「楽しみたい」。

 

 

▪️人に期待する姿勢

分かるよ。

伝わるよ。

日々頑張って真面目にやってるやつ。

人を助けるために動けるやつ。

人当たりのいいやつ。

この辺りのやつが「助けて」って言えば、かなりの助けが集まってくる。

反面、メリット重視で人を選んでいるやつはどうなるか?

「メリットがあれば助ける」という事になる。

ん?それなんて「仕事?」

そんなだったら、ちゃんと受注を請けて「ちゃんと仕事をする」よ。

「仕事だけ」でも、お互いに譲れるポイントは譲り合って、妥協点を探す事になる訳です。

どこに「メリットを置くか?」というお話しになってきます。

 

◾︎「楽しい」は正義

人付き合いは「自分にメリットをもたらしてくれそうな人だけ」に限定したとしよう。

その人達は、お前に「何を望むのか?」。

 

分かりやすい例が、若い女の「セックス」。

下田美咲なんかが非常に上手くやった例になるが、単純に交渉の1つの材料として計上している。

「女の精神年齢は高い」って、まあ当たり前だわな。

20歳がピークの、対男にとって最高の「交渉材料を持ってる」。

その交渉材料の価値が下がる(〜28歳まで)までに、どれだけの経験をし、自己価値を上げ、自分にとってのベストポイントを探し出せるか?という事になる。

逆に、男は、対女では「魅力ポイントが分散されている」。

のに加え、子作り以外のメリットが薄い。

*特に、いつでも女を作れるような遊び方を知ってる人にとっては。

女にとって男とは「人生を左右するモノ」であるが、男にとっての女は、最高に楽しい「遊び」でしかない。

金を稼ぐのにあまり有用ではない「女」にかける時間配分を適切に(全く時間を割かないと寂しいが、ずっと遊んでる訳にもいかない)し、社会で己が生きる道を作るために模索する時間を取る事が重要。

 

…で、その時に重要になってくるのが「楽しい」を提案できる事。

堀江貴文氏がよく言ってることの1つに「面白くなきゃ仕事を受けない」。

トップ10%クラスの人間は、何かやる時に「目を惹く何か?」を重要視します。

投資家の基準もそう。

尖ったプロダクトに投資する。

*投資はギャンブルなんで、万が一成功した時に取り分が大きそうな「新しい事」や「尖った事」が評価されやすい。

 

結局、人間の基準は似たり寄ったり。

なんか「面白い」「楽しそう」の方が、つまんねえ真面目プロジェクトよりも、断然魅力的に映る。

「楽しそう」「気持ち良い」に基準を当てた「何か」こそが、結果的に自分に返ってくるのです。

 

▪️まとめ

「友達をメリットで選ぶ」

その基準は「楽しい」にした方が、結果的により多くのメリットをもたらすんじゃないかね?というお話しでした。

 

面白い事考えてれば面白い人が集まるし、つまんねえ事考えてればつまんねえ人間が集まるのよ。

 

徹底的に「楽しく」。

自分が「気持ち良いと感じる感情が何処にあるのか?」を探して、進んで行きましょう♪

 

服選びの最初のコツ。*迷ったらユナイテッドアローズに突っ込んでこい。

 

ファッションって何?

美味しいの?

な「貴方」に贈る、「指針」を書いていく。 

 

▪️楽しむために

0、友達を誘う

これが最初のハードルです。

お洒落を「しようとしているやつ」でもいいし、既にお洒落なやつでもいい。

「人と一緒に見に行く」という事が、テンションを与えてくれます。

しかも同じ「ファッションに興味があるやつ同士」なので、会話が盛り上がらないわけが無い。

「あれかっこ良くね!」っつって騒ぐ時間はまさにプライスレス。

友達が見つからない場合は、「ファッション誌を学校に持って行こう」。

興味を示したやつと一緒に行けばいい。

必ず誰かいる。

 

一応、以下の行動はソロでも出来るので、やる気のある人は試して見てほしい。

 

1、とにかく街に出る

「お洒落をしたい」と思った貴方がする事は、「街に出る事」です。

街というか「繁華街」。

デートスポット系の「洒落たモノが全て集まっている地区」です。

 

なぜか?

「そこにお洒落なやつが集まっているから」です。

そう、ファーストミッションは「自分の基準で」お洒落な服装をしてる奴を見つける事。

自分の「お洒落の基準が分からない」なら、実際に服を着て歩いてる奴を見ればいい。

そこで「おっ!」と思ったモノを記憶して、持ち帰ります。

どうしても記憶に残せないなら、堂々と「盗撮しろ」。

男同士の盗撮でパクられる事はないし、バレても「すいません。凄えお洒落だったんで写真撮らせてもらいました」って言われて、機嫌が悪くなるやつはまずいない。

*なんならシャッター音のしないカメラアプリもある。ちなみに海外モデルのiPhoneではシャッター音が「ないのが普通」。

 

とりあえず、友達と騒ぎながら「お洒落だと思うやつを見つける」という遊びをします。

行く場所が分かんねえ?

スタバに行け「スタバ」に。

とりあえず、長ったらしい名前の甘そうなコーヒーを頼んで、友達と一緒に新鮮な刺激と最高のアウェイ感を楽しみながら、カフェ内のお洒落なやつと、街を歩くお洒落なやつをチェックしよう。

気後れせず、マッタリして堂々とお洒落なやつを観察していれば良い。

そこでの注意点は「友達と意見が違っても構わない」という事。

むしろ「これ良くね?」「あれ良くね?」と、色々話し合いましょう。

その時間がまた楽しい時間を作ってくれます。

 

ソロの場合は、ひたすら記憶しよう。

ついでに、お前が思う「可愛い女の子」が「どういう服装をしているか?」もチェックしておくと良い。

大体、好きな服装ってのは似てる(自分がカジュアル好きなら、カジュアルな格好してるお洒落女子が目に入る。キレイめならコンサバ女子)ので、メンズで見つからなくても、レディースで方向性が分かる場合もある。

しかしながら、こっちは盗撮するとヤバい。

*当たり前。

お前が若い(〜22歳)なら「凄くお洒落で可愛いかったんで、写真に残しておきたくて。図々しいんですけど、一枚撮らせてもらえたりしませんか?」と言えば、後に繋がるかもしれない。

…が、向こうの機嫌次第ではアウト。

お前の「爽やかさ」と「肝っ玉」次第。

迷ったら「行け」。

 

2、見てきた「お洒落」を探す

「したいファッション」を見つけてきたら、次にどうするか?

現代っ子(〜20代)は「ネットで探す」というのを選択するだろうが、おすすめしない。

なぜか?

「選択肢が多すぎる」から。

例えば、「黒のジャケットが欲しい」とか、「ハイゲージのグレーニットが欲しい」などと「言語化出来ていれば選べる」が、「なんとなくこれ」というのを探す事が出来ない。

 

なので、おすすめは「全部のファッション誌を見る」事。

この時代でも「紙の本」なのだよ。

今時ネットで膨大な情報に触れられんのに、わざわざ雑誌なんか見ねえよっていう、最高の現代っ子たるそこのお前!

「お前は正しい」!

…んだが、それを探す術(言葉)を持っていないんですわ。

やってみりゃ分かるよ。

だから、雑誌を見る。

 

⚫︎雑誌という「特色」

雑誌は、売るために「特色」を出してます。

それはつまり「自分の好みのモノを多く扱っている雑誌がある」という事です。

雑誌を見るのは一度きりでも良いです。

「好み」と「言語」が手に入れば、もうインターネットで全て事足りるようになるからです。

だがしかし!

一番最初は「雑誌を探した方が早い」。

 

友達と本屋に行って、片っ端から見て「自分の理想に近い形を探そう」。

年齢別の傾向とか、女ウケが良い服装とか色々あるが「それは後でいい」。

「この服装カッコ良くね?」とか「これあの時のアレに近くね?」とか、本屋で注意されない程度にわいわいやりながら探しましょう。

 

そして、1と2を繰り返して、「自分の好きな服装」が「なんとなく形になったら」、いよいよ次です。

 

3、服を買いに行く

街中を見回し、雑誌を読み、形をイメージしたら「実際に買いに行きます」。

行き先は「好きな雑誌に載ってるメーカー」がベストです。

最初は通販で良くね?と思いがちです。

…が、ここが重要で「服を実際に「見て」「着て」「聞いて」買う」という経験をする事が「最も大事な事」です。

まず「自分の中に基準がない」というのが、全てにおいてネックになっています。

自分のイメージした形を…

1、「実際に見て」

2、「実際に試着して」

3、「そのイメージの差を確認し」

4、「店員にアドバイスをもらい」

5、「買う」。

この一連の流れを経験する事により、「服をどう買うのか?」が理解できるようになります。

 

ここだけはマジで「友達と一緒に行って欲しい」。

これは?あれは?と色々店員に聞きながら、色々迷って騒いで買う経験。

そして、家に帰って、何回も着てカッコいい事を確認し、それを着て行く時のテンションの上がり方と周りのリアクションを「楽しんで欲しい」。

良いと言われるかもしれないし、ダセえと言われるかもしれない。

ただ、「買う時の楽しさ」と「皆んなの前に出る時の不安とワクワク感」を味わって欲しい。

これは、通販で単独で完結していると、味わえない楽しさです。

 

筆者が全盛期に服にハマっていた時は「女の子以上の時間、ショッピングをして(11時〜20時まで、メシを食わずにショップ巡り。月に1回以上)いました」。

*幸いにも、同じレベルでハマってた友人がいたのが大きい。

 

それくらい「ハマれます」。

そのための最初の壁が「ショップに行く事」です。

これだけはネットでは得られないので、実際に行動しましょう。

 

4、ネットデビュー

ジャケット、ニット、リネン、デニム、スキニー、テーパード、などの用語(形、素材、色、時期)が分かるようになったら、いよいよ通販に手を出します。

最後にネットデビューが来る理由は、「用語を知らないと検索できないから」。

zozotownでも楽天でもAmazonでも、用語で絞らないと検索すら出来ません。

なので、4つ目なのです。

 

ここでの注意点は「サイズ」です。

「絶対に一度は失敗する」ので、早めに失敗して下さい。

着丈は?身幅は?袖丈は?肩幅は?

これらに答えが出せないと「かならず失敗します」。

そしてもう1つ。

「安いのに飛びついて失敗する」という「学び」を得ます。

この2点を経験してから、失敗がない様に意識しましょう。

 

これ以降は「免許皆伝」です。

 

好きな服装の系統を詰め、サイズ感、カラーの組み合わせの基本、自身のパーソナルカラーに合わせた色選び、小物(マフラー、ストール、鞄、メガネ、指輪、ブレスレット、ネックレス、時計)、靴の選び方などなど…。

最高に楽しい「メンズファッションの世界」が貴方を待っています♪

 

▪️まとめ

服を着るのは「現実の自分」です。

服の基本は「見て」「触って」「着て」選ぶ。

そして「着て見たら短かったor長かった」「ウール100%やカシミヤは、モノによっては肌が痛い」などと学んでいきます。

と同時に「似合う服装」も「似合うカラー」も分かっていきます。

さらに「自分のイメージを形にする力」も鍛えられていきます。

徐々に、自在に「着たい服装」を作れるようになっていきます。

 

そして「ハマる」。

絶対に楽しい時間を過ごせる事を、保証させていただきます♪

ストレッチの重要性より柔らかくする方法。

 

重要性は、各自でググってくれ。

 

問題は「柔らかくする方法」。

 

これが、個人的に革命が起きたので、ご紹介。

 

◾︎根本的に違った

結論から言おう。

「細かく複数回やる事」だ。

具体的にいうと…

「10秒×3セット」よりも「3秒×10セット」やる方が効果が高い

という事。

風呂上がりだのなんだのは関係ない。

何なら、飽きるまで「細かく繰り返す」事により、ある程度望んだ位置まで持っていく事が可能。

 

⚫︎まあ目指す「先」による

「スポーツで必要な柔軟性を確保したい」

なら、これで充分です。

スポーツ前の準備運動をこれにするなり、家出る前にざっくり慣らしてから行く、朝イチでのこれを習慣付けておく、など。

 

逆にバレリーナ目指します!的な、「180度開脚をしたい」ってんなら、さすがに微妙。

あれは本気でもれなく柔軟に取り組んで達成されるものです。

あれが出来るメンタルがあるなら、どんなストレッチをしようが達成できます。

そういう人は、他を当たろう。

 

◾︎まとめ

これ筆者のオリジナルじゃなくて、元ネタになったサイトがあったのよ。

どうググったか忘れちまって辿り着けなくなったので、「知っている人がいたら教えて下さい」。

 

個人的には、これを知って「柔軟に対する概念が変わった」。

痛え、辛え、全然柔らかくならねえ、という三拍子揃ったこれが、早い、ちょい辛い、効果抜群と一気に置き換わった。

 

ぜひお試しあれ♪

しれっと200記事を越えたよ。

やったーここまで来たぜー♪

 

って言えたら、どんだけいい事か。

リライトも殆どしてないし、人気がない記事を整理していけば100記事に満たないだろう現実。

アクセストップ10は、去年の今頃書いたバイク系とファッション系で全てが埋まる。

つまり、ここ半年の記事は「全く需要がない」。

 

読者数10人未満、日別PV500〜600の弱小ブログが送る、「読まれる記事」の見分け方をちょいっと。

 

◾︎体験した事

ベストは「自分で試した事」。

ワーストは「〇〇を考えました」「〇〇だと思います」系の「思考記事」。

 

最近「体験した事」って、全然記事にしてなかったなw

 

例を出していこう。

 

⚫︎何を使ったか?

1、ハイパーダンク(靴)

クッション最高。

さすが17800円の靴だけのことはある。

楽天で1万円前後で買える。

外(アスファルト)で使っても、ちゃんと止まる。

まだ2ヶ月だからなんだけど、耐久性がやばそうなのが玉に瑕。

別記事で詳細レビューを書く予定。

 

2、ボルサリーノ(Borsalino)ハット

形が絶妙で、素材が素敵。

ツバを持つのが正規の持ち方らしい。

これも別記事でレビュー。

 

3、MVMH(時計)

最高。

金ができたらもう一本買う。

これも別記事…ry

 

4、マグボトル

AVOINという、swellをパクった商品を買った。

耐久性充分で価格は半分。

これも…ry

 

5、サウンドピーツ、Bluetoothイヤホン

超オススメ。

Bluetooth共通のノイズキャンセリング機能がイケてる。

おかげで低音が出るし、綺麗に聞こえる。

 

6、シレックス(Silex) BARKINヘルメット 

被りやすい。

カッコいい。

バイザーを上げると風切り音が酷いのが玉に瑕。

 

7、UNIQLOルメールジャケットを二枚

使い方の注意点としては、中身を厚手にニットで着る事。

シャツのみとかロンTのみとかで着ると「丈が長い」。

ニットで着ると丁度いい。

そういう風に作られているのが凄い。

 

8、ナイキランニングパンツ

ランニングパンツなのにバスケ用で使用。

ジャンプでちょっと引っかかったりなどとマイナスはあるものの、総じて「さすがナイキ」。

蒸れない、乾きも早い、伸縮自在、耐久性申し分なし。

買え!としか。

 

的な事を書いていくといい。

 

◾︎体験は「行動」でもいい

筆者は最近変わった事してないし金もないんであれだが、ディズニー行った的なやつがあればそれでいい。

何を持って行った、何時に何処でどのくらい混んでた、など。

旅行も鉄板。筆者は金がな…ry

 

◾︎金が欲しいなら、金を使った事を書こう。

アフィリエイトリンクを貼りまくれば、それはそれで効果がある。

筆者はメンドくさいんであれだが(文章以外の手間をかけるのが怠い)、至極真面目に真っ当に設けたいんなら、「読んだ本」「使ったもの」「行った場所」辺りは最低限押さえておいて、記事を書く事にアフィリエイトリンクを増やしていくといい。

塵も積もれば山となるので、習慣化しておくと便利です。

 

◾︎まとめ

やった事を書こう。

「思ってる事」って基本的にタダだし、あんまり需要がないのね。

それよりも様々な人がいる商品を紹介して、あとは野となれ山となれが正解かと♪

 

あと「記事数は意味ない」です。

「質を上げてください」

 

さあ300目指して頑張りましょう♪

思考は現実化するね。マジで。

 

結論としては、ただ「その達成したい事を考えてればいい」。

そうすると、何か「キッカケになる事」が舞い込んでくるよ。

 

▪️セックスしたいと願い続けた一年

だがしかし、どうしていいか分からない。

そしたらメンターに出会った。

ひょんなキッカケから出会った凄え経験豊富なお姉様に色々相談した結果「いいから風俗行ってこい」という結論に。

いや、この話しをふる手前まで、全くなんの脈絡もなかったのよ。

んで、まあここで書いてるように、「ぶっちゃけると童貞なんです」っつったら、この展開。

ソープが良いらしいので、どっかで覚悟決めて行ってくる。

 

▪️次の目標

1、野生の女の子とイチャラブセックスがしたい

まさに次の段階。

まずは「楽しく話したい」からかな?

気に入った女の子とメシ食いに行って、バカ話しして、オープンなトークして過ごす週末を毎週過ごしたいわ〜♪

そのためにまずはコンプレックスを処理せねばならん。

 

2、金を稼ぎたい

これは「サウザー」氏のブログ

「これから金と女の話をしよう」

http://ameblo.jp/fist-of-phoenix

が分かりやすい。

橘玲氏の本達とか、ロバート・キヨサキ氏のベストセラー本一作目にも同じような事が書いてあって、勤め人として一生働くのは損なんだな、と。

起業すれば節税出来るのも分かってるし、あとは商品とやり方をどうするか?

 

今狙いを定めているのが「ファッション」。

この大衆消費社会の権化たるコイツの中に上手く入り込めれば、金稼ぎはさほど難しくない…はず。

正直言って街歩いてる感じだと、俺のセンスはトップ10%に入る。

昔から「お洒落だね」と言われるのが普通だったんで、この分野ではそこそこ上を狙えると思う。

 

アフィリエイトで毎月10万近い売り上げがある(俺の取り分は1〜2%。6記事くらいで)ので、これを量産すればいけるっちゃいける…けど、「なんか違う感」がある。

小売の「現場」と、策略決定してる経営陣との差が「天と地ほどある」のが、この業界。

店舗店長でも月収30万円代という。

マネージャークラスでもうちょい上だが、もはや服と関係ない仕事がメイン。

俺がしたいのは「服が欲しい人と一緒にあーだこーだ話す事」であって、「いかに多くの人に売るか?」じゃないんだよね。

いかに多くの人に売るか?ってやるなら、アフィリエイトでやった方が良い。全部自分の儲けになるからね。

かと言って、デザイナーが儲かってる感じもない。

もちろん生地屋も。

「作り手」と「売り手」が儲けてないんだから、「中間でぶっこ抜いてる」と考えるのが自然。

まだ明確には言えないが、「何かやりようがある」んだよね。

これが見つかるまで、タネ銭貯めながら、女遊びをして本能を取り戻す。

 

▪️叶えたいと思う事が重要

自信があり、余裕がある人は「同時並行的に進める」ないし「寝かしておく」事が可能です。

つまり、「いつでも進める状況が整っている」。

 

しかしながら、「自信がない」ないし「いつも日々に追われている」と、「もう達成できない」と感じてしまう。

「無理だ」と思うと「そこで止まる」。

「今は時期じゃない」「先々、何年かかっても達成する」という考えがあれば、常に「それに従った情報が引っかかる」ようになってます。

例えばだけど、ブックオフで「黄金の羽根の拾い方」が200円で売ってたから衝動買いしたよ。

 

⚫︎今映ってるモノ

俺の目には今、「女の子」「セックス」「魅力的なモノ&人」「自営で楽しく生きてる人」「自営で生きるための情報」「バスケットボール」しか映らなくなってる。

その内の一個はそろそろ叶う。

 

そして、働く決意が出来始めたので、職業支援センターでボロカスにされてこようと思うんだが、候補は「コンサル」と「ファッション」。

可能な限り「忙しくない」会社に入るのが目標。

理由はもちろん「独立出来なくなる」から。

給料は妥協しても、内容が濃くて時間が短い会社を選びたい。

時間があれば、出会いも自己研鑽の時間も取れる。

 

さあ〜これはいつ実現するかな〜♪

今出来る事を、焦らずやっていきましょう!

 

▪️まとめ

たまたまなのかもしれない。

でも「それが映った」のは、やっぱり「自分が意識しているから」なんだよね。

俺は「天からの声」だと思った。マジで。

風俗に行く勇気もなく、友達もいなかったけど、単身突っ込んでこようと思う。

嬢に「全部」聞いてこよう。

押し倒し方とか、実際のスマートなセックスまでの持っていき方とか。

実体験してれば、もう困る事はなくなる。

 

めげずに考え続け、調べ続けよう。

起きる時は「唐突に何かが起こる」。

 

「その時」を信じて、考え続けましょう♪

コンプレックスはドンドン出して行こう。

 

もうあれだ。

「自分の立ち位置を知るいい機会」だ。

 

▪️一般的な見方

今現在、33歳無職童貞というダメンズスーパースペックを誇る筆者。

半引きこもりで過ごしてる関係もあって、普通に社会生活を営んでる人に上のスペックを明かした場合、「どういうリアクションをされるのが一般的なのか?」ってのが分かんなくなってたんですね。

自己肥大化した自意識と、半引きこもりで客観的な姿勢を失った状態が相まって、もう謎だった。

 

▪️まずネットで明かした

とはいえ、リアルでは非常に言い出しにくい事は変わらなかったので、とりあえずこのブログで「セックスしたい!」「童貞野郎!」「無職!」「コンプレックス!」「パニック障害!」っつって、意味もなく書きまくっていた訳です。

 

これでも…何でか分からんけど、段々と自分でも認められるようになって、クソ野郎だという公言をする事に憚りが無くなってきてた訳です。

 

▪️そして、ネットで対面で明かした

んで、話しが合う人がFacebookで出来たので、めっちゃ女の子とセックスしたいけど無職童貞なんですよ〜的な事を明かしてみた。

結果「意外と皆んな気にしてない」。

っつか、皆んな「そこまで俺に興味がない」。

そりゃそうなんだよね。

 

いや、逆で考えれば分かるんだけど、ある程度中身を知らずに普通に話してた人が、いきなり「処女で無職なんですー」って言われても、「あ、そうなんだ」としか思わないよね?

仕事はやれば何かあるし、処女だっつっても環境的にしょうがないこともあるし。

恋愛対象に入ってれば、なんなら俺で処女卒業する?程度の話しな訳で。

*お互いに困りそうだけど、その分じっくり前に進めそう。

いや、デブで喪女みたいな感じだったらヤバイけど、そこそこ身綺麗にしてて、体型にも気を配ってて、これから恋愛しようと頑張ってるような人だったら、「は?処女w」とはならないでしょ。

*なる人もいる事は理解している。

 

まあだから、俺の場合も同じで、いざそういう場面になったら「33歳童貞キモい」って痛烈な扱いを受ける事もあるだろうが、「気にしない人もいる」だろう、と。

 

いやこの「当たり前な事」すら、言ってみなきゃ分かんなかったんですよ。

 

▪️素人か風俗か?

俺の経歴を明かした先の人曰く「風俗でやってこい」との事。

理由が…

1、最初はどうしても緊張するし、男のプライド面を考えても慣れておいた方がいい

2、とりあえず3回程度行って、感覚を掴んで最低限の自信は取り戻しておけ

とのお達し。

さもありなん。

 

んで、ソープを探して色々ググったり、「30代童貞風俗」とかでググったりしたところ、「風俗で童貞喪失はリスクが高い」との記事を見つける。

理由は…

1、金を払って欲望をバッチリ叶えるお手軽セックスで、街の野生の女の子に手間暇かけてチャレンジする意志がなくなる可能性が高い。

2、相手の気持ちが入ってないから、そこまでいい経験ともならない。

との結論が見えた。

 

つまりは、最高の男女関係を楽しみたいなら、どっちみち「野生の女の子にチャレンジしないとダメ」って事だ。

 

▪️俺の現在地はどこなのか?

どこ見ても書いてあるのが「出会いの母数を増やせば結果が出る」という事。

ソープに行く金で3ヶ月くらい街コンにチャレンジし続けて、コンプレックス明かして笑いを取りながらコミュ力上昇を狙った方がいいのではないか?

んで「もう完全に無理」ってなったら、一回風俗行ってモチベーション上げてみる、と。

もしくはコンプレックスが凄え足枷になる事が判明した時。

 

とにかく今の俺の実力で、「どれだけの女の子と話して場を盛り上げられるのか?」、そして「可能性を残せるのか?」。

 

出来ないもんは出来ないんだ。

今の俺の力で「やれるだけやってみる」という事が必要。

そして、どうせ一回限りだから、世間一般から見て「恥ずかしい事」をガンガン明かして、周りからどういうリアクションが来るのが普通なのか?ってのを確かめるいい機会にする。

 

▪️まとめ

コンプレックスの反動か知らんが、なんか「風俗行け」って言われて、セックスに対して非常に「リアル感」が出た結果、野生の女の子にチャレンジする気力が湧いたという不思議なお話し。

 

まあもういんじゃん?

そろそろ「現在地」を知るいい機会だよ。

自分を信じて、他人のどんな行動も受け入れて、ただ楽しい女の子を見つけに行く。

 

とにかく行動ですな。

あとは恋愛工学を買う事w

とりあえず、1年間目一杯やってみる事。

 

目一杯楽しい妄想をして、モチベーション上げていきましょう♪