読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

NBA印象論。

バスケットボール記事なのに科学しない(数字を強く用いない)記事を書くテスト。

見応えある記事をご所望の方は、他の素晴らしいサイトを見た方がいいかもしれませんw


では本題。

■強いチームの現在地

ウォーリアーズ、キャブス、スパーズ、サンダー、クリッパーズ…優勝争いするチームはこの辺りかと思います。

中心選手が2〜3名、いぶし銀プレーヤーが1〜2名、脇を固める選手が1〜2名で組まれていると思います。

厳密に科学するほど知識量がない(昨シーズンから本格的に見始めたため)ので、あくまでもここまでの印象論で評価してみたいと思います。


●ウォーリアーズ

盤石。優勝筆頭候補。

カリーは現役最高峰のプレーヤーに異論はないでしょう。

今まさに歴史的記録を作っているシーズンで、この人だけでも決定的な違いになります。

さらに分厚い選手層…マルチなグリーンとイグドラ、シュータートンプソン、アシスト出来るCのボーガット…がいて、バルボサ、リビングストンが控える隙のなさ。

バスケIQが高い選手ばかりで、アウトサイドからの得点力は全球団最高峰で止める術がない。

スコアが110点を越える試合ばかりなのは異常。

見ていても最高に楽しいチーム。

今シーズンと来シーズンは、ウォーリアーズのためのシーズンになってもおかしくない。

間違いなく今が旬のチーム。

優勝筆頭格。


●キャブス

現役最高プレーヤー、レブロンがいるチーム。

ウォーリアーズと違ってレブロン出来がチームの勝敗に直結する…すなわち、選手層が薄いです。

JRスミスはタフショットを選ぶことが多く、モズコフはいまいちハマらず、トンプソンは頼りなく、ラブはムラっ気。

ウィリアムス安定感があるが…得点を取るためにレブロンの負担が大きすぎです。

アービングとデラベドバが復帰して戦力的には上乗せされたものの、ウォーリアーズには及びません。

せめて、アービングの他にFG40%を越える選手が欲しい。

それとは別に、レブロンを休暇させてコンディションを戻す事が出来なければ、優勝は厳しいでしょう。


●スパーズ

いぶし銀を体現するチーム。

ベテランのダンカン、ジノビリが、チーム締める…必要がない程、堅実な若手がいる着実な試合展開を見せる隙のないチーム。

オードリッジとパーカーはもっと出来る。

レナードはもう1ランク上(グリーンレベル)を期待してるし、それが可能な選手。

優勝候補筆頭。

戦力的にはNo.2。


●サンダー

2枚看板のチーム。

イバカとウェイターズも見所になり得る。

…が、いかんせん戦力が足りない。

スタメン5人どころか7人位がオールスタークラスのウォーリアーズ、トータルバランス最高のスパーズ、毎試合違いを作れるレブロンアービングのキャブスと比較して、1試合を勝つ事は可能だが4試合を勝ち切る力はないと思います。

尖ったチームで見ていて面白いのは間違いないのですが、勝てるかというと…。

良チーム。


クリッパーズ

名前が通っている選手が数多くいるものの、試合を見る限りまとまりがない。

理由は不明。

選手のIQが低いのか?

チームとして連携不足なのか?

クリス・ポールがいて…か?

チームとしての筋が通らないなら、圧倒的な個人で勝つしかない。

しかしながら、その部分ではサンダーには勝てない。

すなわち、それ以上のチーム(ウォーリアーズ&スパーズ&キャブス)にも勝てない。

今のままでもベスト6には入るが、ベスト4には入れないチーム。

惜しい。


■まとめ

何をどう見てもウォーリアーズが抜けてます。

選手も優勝してモチベーションが落ちる様な事もなく、怪我なく普通にプレー出来れば優勝間違いなしです。

このレベルのチームはNBAの歴史でも10年に一度くらいしか見れないチームだと思うので、一強つまんねーと言うより、今のチームを楽しみたいと思います。


■脱線

KDがウォーリアーズへ、という(飛ばし)記事が出た時の、NBAファンの反応が素晴らしすぎでした。

ウォーリアーズに行って簡単に優勝するよりも、「一個のチームで現役を終える事に価値がある」そして、「チームの地力を上げて勝つ事に意味がある」という意見です。

最近、海外サッカーから戻ってきた筆者からすると、この意見が出る事は衝撃でした。

と言うのも、もう欧州サッカーでは「1チームで優勝する事」も、「チームの地力を上げる事」も、事実上不可能だからです。

優勝できる可能性があるチームは各国で2〜6チームしかなく、自分が上手くなった所で補強費を捻出出来るチームもその2〜6チームのみです。

よって、1チームで終えるためには強いチームから育成で上がってくる他なく、しかもそのトップチームは世界中のトップ選手をガンガン補強するため、使いながら育てるなんて事は一切ありません。

事実上、欧州サッカー界は「トップの寡占事業」であり、開かれた競争はない。

つい10年前までは、下部上がりのスター選手(NBAで言うフランチャイズスター)が各チームに2選手はいたし、1チームに生涯を捧げる選手もいたのですが、今は全くありませんし、そういう意見を言った所で「時代遅れ」と言われる環境です。

なので、このNBAでの「1チームに対する想い」と、「開かれた競争」が眩しく映る訳です。

ぜひこのまま、その「数字に出ない価値」を価値あるものとして捉える文化が残っていって欲しいなと思います。

*あまりの感動に15/2/4に追記。

古くなったら書き直すかも。