自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

ガリバーの新サービス。

まずはビジネス日経のこの記事

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/022500138/?n_cid=nbpnbo_mlp&ST=smart

「クルマの乗り換え放題の時代がやってくる」をご覧ください。

要約すると、月額定額制でクルマを乗り換え自由に、という事です。

 

カーシェアリングとの違い

…の前に、カーシェアリングの説明から。

●カーシェアのメリット

「固定費」が「使った分だけ」に換算されます。

クルマを買う=維持費が発生します。

「車体料金+任意保険料+車検+税金」です。

住んでる状況によっては駐車場料金も加わります。

自前の駐車場があり、約300万のクルマを5年間(車検一回)使うとして…

300万/60ヶ月+5万/12+12万/60+6万/12

で、50000+4200+2000+5000=61200

が、月間の固定費となります。

これに、オイル交換や、パーツ代等が上乗せされます。

*ガソリン代はカーシェアでもかかるため割愛。

車体料金+車検は、もう一度車検を通す(つまり7年間使う)事で「300万/84+24万/84」となり、約「35000+2800」と置きかわります。

ここから、クルマの所有者のみのメリットとして「下取り」を考えます。

約300万のクルマを5年間使用なら、少なくとも80万は付くので、実際の価格は220万。

つまり「220万/60」となり、36000円。

7年落ちなら30万程度になってしまうため「270万/84」で、32000円。

という訳で、実質の月額固定費は、5年で「47200円」、7年で「43200円」となります。

オイル交換や定期メンテナンス代を含めて、月額「約50000円程度」見ておくと余裕があるかと思います。

 

駐車場がない方は、駐車場料金がかかります。

…が、これはお住まいの地域によって差があるので、自身の地域と照らし合わせて下さい。

 

この固定費を支払う事なく、「使った分だけ払う」という方式にしたのが「カーシェアリング」であり、使用環境次第で大幅に減額出来るという事で脚光を浴びている訳です。

 

●デメリット

1、ペット不可。

2、喫煙不可。

多人数での使用前提ですので、まあ当然ですね。

3、登録者しか運転出来ない。

長距離の使用で運転を代わってもらうという事が出来ません。

まあ事故った時は「自分が運転してました」と言えばなんとかなるかもしれませんが、しくじると面倒くさい事になり得ます。

4、ちょい乗り多数での使用でも赤字になる。

本題です。

カーシェアではかなりの出費になるパターンが存在します。

つまり「出勤や送り迎えで使用している場合」です。

 

ここに一石を投じる可能性があるのが、上記のガリバーの月額固定サービスです。

 

■月額固定カーシェア

つまり、頻度の高い乗り方をしている人の「月額固定費が安くなる可能性がある」。

特に駐車場がない場合です。

駐車場代を加算した固定費は+2〜5万円程度になり、「月額7万〜10万」ほどの出費になります。

ここでガリバーの新サービスが5万円程度であれば、非常に魅力的な選択肢になります。

この層に対するサービスだろうと思うわけです。

自由な乗り換えはオマケで、不当に損している人に対するオプションの提供がメインになると思います。

 

■まとめ

クルマの使用環境に合った選択肢を選べる時代に入りました。

税金、駐車場料金が冷静に見るとかなりの料金になっています。

 

月額固定費をバイクと比較すると…

駐車場料金は0〜5000円程度で、税金は年間1万、車検は無いor大型でも5万程度です。

車体を60万として、5年間乗るなら…

600000/60+10000/12+50000/60+5000=約20000円です。

*車体+税金+車検+駐車場料金=総支払額。

つまり、カーシェアの使用額が月額3万(年間36万以下)以内なら、クルマ1台を所有する固定費で、バイクとクルマを維持可能だという事です。

晴れの日の移動はバイクで充分であり、毎週末の買い物+家族でお出かけに行くとしても4500円×5=22500円です。

駐車場料金を加算すれば、さらに+2〜5万でも安く済みます。

カーシェアが流行る訳です。

…ソシャゲに毎月1万以上ぶっ込んでる、子持ち、彼氏彼女がいる奴は、マジで見直したほうがいいぞ。

 

頻繁に乗る人で、(ぼったくり)有料駐車場を使用しなければならなかった方は、ガリバーの料金次第では有効な選択肢になり得ます。

クルマは「頻繁に乗る」そして「置き場所がある」場合にのみ、所有するメリットがある乗り物と言えそうです。

 

乗る頻度が少ないなら「カーシェアリング

乗る頻度が多いなら「ガリバー」

さらに置き場があるなら「所有」

と、明確な使い方が示されそうです。

 

ガリバーの新サービス、料金に期待しています。