読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

不快じゃない声掛け考察。(仮説)

恋愛

ちょっと前に流行ったこれ

http://b.hatena.ne.jp/entry.touch/togetter.com/li/808009

ナンパくらい容認しろよ派vsなんで我慢しなきゃいけねーんだよ派

です。

 

ハイライトは「さかってる大型犬に追われたら怖いだろ?」です。

要は、パワーもスピードも勝てない奴から剥き出しの意識を向けられる怖さが分かるか?という事。

これ自体には議論の余地もありません。

という事で、「一方的に話し掛ける事」は「完全に悪」という結論は出ました。

*筆者は男。

中学の頃、高校生ヤンキーに絡まれた過去を思い出します。

あれの狙いが金とか単純な暴力だけじゃなかったとしたら…。震えしかねーわ。

 

しかしながら一方で、「話しかけられる事が嬉しい」というお話しも。

っつー事は、「不快感がなく」「嬉しい声掛け」の方法があるんじゃないか?

という事で次。

 

■前提

本題に入る前に「なぜナンパが無くならないのか?」を少し箇条書きに。

1、無限の出会い数。

2、ローコスト

です。

1のマイナスの意味でのナンパスタートは、男子校出身で出会いが限られていたり、大学コミュではイケメンに総取りされて自分の生活圏内で話せる女の子が増やせない場合のナンパです。

女友達なんていないし、広げようがないのでナンパにいくという形。

1のプラスの意味でのナンパスタートは、学校のコミュニティは飽きたから外へというパターン。

学校では限られていた「可愛い娘」に片っ端から声掛けて行くのは楽しいし、上手くいきゃ即日お持ち帰りまで選択肢にある旨味は計り知れない。

2は主に合コンとの比較で、スケジュール合わせから店選びまで信じられないほど時間を使い、そこそこの金がかかる割にメンバーの当たり外れが激しく、確実に盛り上がるとも限らない。

しかも「モテる基準」は大学と同じくイケメンor強スペック(学校名や企業名)が総取りという「別ルール」があるため、それに該当しない場合は旨味が少ない。

なので、自分の好みの娘に「直接交渉出来る唯一の場」がナンパになるのです。

イケメンは自分にとって最高に可愛い女の子と話せる機会として、ブサメンはワンチャンの出会いを狙える場として、ナンパは非常に効率的。

よって、女の子側の不快感を理解してもなお、一定数のナンパ野郎が存在してしまうのです。

さて、では不快感マックスな「明らかなsex狙いの声掛け」と区別し、「気持ち良く話し掛けられる方法」はないだろうか?

という事で次。

 

■嬉しい声掛け

1、第三者から「いい評価を受けた」事による嬉しさ。

2、タイプの人から声が掛かって嬉しい場合がある。

3、色々あって火遊びしたいタイミングだった。

上のどれかに該当する事が最低条件になると思う訳です。

3はさておいて、2は主観に左右されるので難しいが、声掛ける手前で判別する方法はないだろうか?

そして、1を最大化するために「褒める」のは礼儀レベルです。

 

●不快な声掛け

1、主体的な用事がある時。

2、下心満載。

3、そもそも声掛けをヤメろ。

身も蓋もないが「声掛け自体が不快」だっつー結論は、どんなに言葉を尽くそうと「変わらない」。

よって最低限、上の嬉しい声掛けの一つを満たす必要がある。

 

■少しでも緩和する。

上で書いた「褒める」事、そして下で説明する「女の子のタイプを把握する」以外にも重要な要素があります。

●暇そうな子に行く

忙しい時にウザイのは皆んな一緒。

暇そうかどうかの見分け方は…

1、歩くの遅い子。

2、買い物終わりの子。

3、カフェに一人でいる子。

などです。

それともう一つ、イタリア人的なやり方。

1、困ってるのを助けるために声掛けする。

です。

明らかに何か探してたり、重い荷物持ってたりとか、何かを「助ける」のを初動とするやり方です。

そして、成功確率の重要な指針になるのは「アイコンタクト」!

とりあえずガン見してみて、目が合って良いリアクションがあれば、高確率で話しかけても大丈夫です。

変に逸らされたり、気付いてる気配があるのに全くこっち見ない場合は、ウザがられてるからすぐ見るのを止める。

導入部はこんなもんで、次。

 

■第一声

1、凄く普通に話しかけるorベタ褒め

アイコンタクト確認後、笑顔で時間帯挨拶(おはよう〜こんばんはまで)を交わした後…

普通に「今日暑い(寒い)ね」「買い物終わり?良いの買えた?」「このカフェ居心地良いよね」とか、完全に友達と話すトーンで話しかけて、話すのが当たり前的な雰囲気で雑談をするパターンが一つ。

褒めは「日本一可愛い子見つけた!」とか「目めっちゃ綺麗だね!」とか、テンション上がる言葉をかけまくるパターンです。

■連れ出しまで

反応が良ければ向こうの時間を確認し、カフェかカラオケor居酒屋の王道パターンへ。

…しかしながら、おそらくここに要注意ポイントがある。

●「絶対に無理をしない事」

ちょっと押してみてリアクションが芳しくなければ、スッパリ諦めて爽やかに別れましょう。

粘ればいける場合もあるが、それも爽やかに提案する事。

「楽しい時間をありがとう」とか、「話しに付き合ってくれてありがとう」とかで、気持ち良く別れられるような配慮をすれば、不快感が残らない。

番号書いた名刺を渡すか、Line交換するかしてお別れ終了。

 

■問題

ぶっちゃけ普通の人はナンパ(特にストナン)をしません。

*モテる奴でもしない。やれば出来るが、天然モテ野郎は芯から性格が良い奴が多いので基本的にやらない。

と言うより、そもそも女に困るのを見た事がなく市場に出ない。

万が一するとしても、雑談が多くなります。

*連絡先交換を切り出すのに慣れてないし、そもそも連絡先交換のために話しかけていない(楽しむためだけに話してる)場合が多い。

一切の無駄なく、流れるように誘導されたら100%ナンパ師。

しかしながら、アイコンタクトで物凄く良いリアクションをくれる可愛い子に対して、「どうやって話しかけるか?」と考えるのもまた普遍性ある話しだったりしますが、その辺は人によるので割愛。

 

超基本として、女の子側の拒否リアクションに対して「深追いしない」。

そして、声掛け前に情報を集める事で「精度を高める」。

集中して周りを見渡し、視線を感じ、視線を送り、応じてくれそうな娘を探しましょう。

話し掛けるのはそれからでも遅くない。

 

■まとめ

どうしても声を掛けたいなら…

1、暇そうな子に的を絞り

2、アイコンタクトで確認してOKをもらうか、助けられそうな事がある時のみ話しかけ、

3、警戒感を抱かせないくらい普通に喋るor女の子に気持ち良くなってもらうくらい褒めて

4、少しでも拒否感があれば、爽やかに別れる。

以上が出来れば、あまり不快な思いをさせる事なく話し掛ける事が出来るのではないかなと。

 

いや。それだけなんだけどね。