お洒落をしてバイクに乗って遊ぼう♪

趣味特化型。楽しいが正義♪ *感想をコメントでいただけると大変喜びます。賞賛でも批判でも良いので、コメント頂けると幸いです♪

       

モテるメンズファッション、お洒落な帽子の使い方!ボルサリーノハットから、バートンニット帽まで

お洒落アイテム代名詞である「帽子」。

 

その代表的な「ハット」「ニット帽」を中心にご紹介!

 

「全く難しくない」ので、似合ったのを選んでお洒落を楽しもう!

 

■前提

帽子は「シンプルなモノを買う」。

帽子は「共用」が多いため、派手なモノに目を奪われがちだが「止めておけ」。

 

「シンプルな帽子」を無骨にかぶってこそ、メンズの色気が出るのだよ。

 それとあともう一つ。

 

●カラー

「着ている服と同じカラーを選ぶ」。

つまり、帽子は「単体で選ばない」。

 

最も多い死にパターンは「衝動買い」。

しかし、それがハマらないのは必然なんだ。

 

今着てるベストコーデな服装で「帽子を選びに行く」。

 「服装も含めて似合う帽子」を選びましょう♪

 

メンズの配色の基本は

currys.hatenablog.com

 

以下、帽子の種類へ。

 

■種類

1、「ハット」

 

 

万能性がウリ。

カジュアルもフォーマルもお手の物。

その上、女性ウケもNo. 1!

これ買っときゃ間違いない。

 

●形とか

ハットは「つばの長さ」「高さ」「形」でフォーマルかカジュアルかが決まる。

1、つばの長さ

4〜5cmがノーマル。

それより

長い=フォーマル。

短い=カジュアル。

 

2、深さ(高さ)

深い(高い)=フォーマル

浅い(短い)=カジュアル

 

3、丸or中折れの形状

中折れ=フォーマル

丸=カジュアル

 

オススメは「試着しまくる」事。

そうも言ってらんないので、「定番」を定義しよう。

 

●「定番」

1、「つば」は5cmが基準

5cmより短ければカジュアル、長ければフォーマル。

7cmを越えるモノは「長い」。

どちらかと言うとレディース寄り。

4〜6cmが定番。

 

2、高さは9cm〜10cmが基準

8cm以下はカジュアル、11cm以上はかなり長い帽子。

9cm~10cmが定番。

 

3、形状

中折れが定番。

 

ハットの1個目は、「ツバが普通で、深くも浅くも被れる、中折れハット」を選ぼう!

 

●サイズ選び

メンズサイズは56〜60cm。

絶対に一度は店舗で試着してみよう。

ボルサリーノ直営店がベスト。

Sサイズが56、Mが57〜8、Lが59、XLが60cmになります。

「帽子自体の大きさもまちまち」なのに注意。

1cmくらいの誤差は許容範囲内。

経年(汗)で収縮し「目が詰まる」といわれる。

つまり、少しだけサイズダウンするという事。

迷ったら大きいほうを選びましょう。

 

面倒なら、店舗に行って店員さんに「ど定番の中折れハット探してるんですけど、良いのあります?」と聞いてみましょう。

丁寧に教えてくれます♪

 

一応以下に、筆者のオススメを

 ●おすすめ品

1、パナマ

夏はこれ一択。

 


 

 

気に入ったモノに出会えれば、夏はこれ一つで過ごせます♪

 

通常の価格のモノももちろんある。


 

 

慣れると使いやすい。

 

2、フェルトハット

冬のオススメは、フェルト帽子。

 


 

 


 

 

ボルサリーノ買っとけば正義だ。


形は全く一緒で、素材が秋冬向け。

ちなみに夏以外は全部いける。

 

どっちかというと「こっちが定番」。

パナマ帽は好きな人向けだ。

 

 

日本でも 「神戸堂」さんは、オロジナルの帽子を作っている。

 


 

 

物凄くカッコいい。

  

 

あと、最初の画像のやつ

 


 


なんだかんだと年間通してハットで押し切れる。

 

ハマったら、季節別に揃えて見る事をオススメします♪

 

 

2、ワークキャップ

とんねるず木梨憲武さんが愛用でお馴染みのワークキャップ。

基本系はこれ


 

「カジュアル専門」の一品。

専門というより、あえてハットを無視してこっちをかぶる理由こそが「それ」だから。

*Borsalinoのこのタイプの帽子もあるが、亜種扱いに近い。

 

通称「ラグスポ」(モノトーンのパーカーやナイロンジャケットとスラックスなどを合わせた、半分がスポーツのスタイル)にはハマる。

ハットが似合わない、もしくはハットが定番すぎて嫌な場合は、こちらが第一選択肢。

こちらも、ツバの長さ、幅、深さがあるが、使い方は変わらない。

被ったシルエットが自分に似合うかが分かり易く、ハットより選びやすい。

子供の頃キャップを被ってたとかいう人は、1発でハマる事が多い帽子。

 

3、ニット帽

帽子初心者はこれ。

それは過去の話だ!

今やニット帽は、お洒落なやつから、髪型セットすんのが面倒くせえやつまで、様々な人に浸透している。

つまり、「差別化が難しい」。

ハット即「お洒落」だが、ニット帽はちゃんと使わないとダメ。

 

…それでも茨の道を歩くと決めた貴兄に送ろう。

ニット帽こそ、とにかく「シンプルなモノを選ぶ事」。

 

最高のオススメはBURTONのニット帽各種。


 

 

 

 

いわゆる「ロングビーニー」。

少したっぷり被るのが良い。

 

 ど定番はこれ

 

 

真冬用。

 

Burtonがオススメな理由は「機能性」。

 スポーツ用だけあり、暖かさ、軽さ、耐久性に優れる。

この軽さでこの暖かさはバートンにしか出せない。

もちろん洗えるし、使い勝手も最高。

 

 

そして、ニット系の素材が苦手な人にはこれ。


 

 医療用なので不安もないし、夏もいける。

 

被り方は「ベッカム ニット帽」で検索。

f:id:CurryS:20160722094038j:plain

こんな感じ。

ちなみにこれはバートンのロングビーニー。

 

「どシンプルなニット帽」をしれっと被るのがメンズクオリティ

 

 

4、ハンチング

意外と人を選ばず、使える服の種類も多い。

隠れ万能選手。

ワークキャップと同系統で、ワークキャップが似合う人は高確率でハマる。

違いは「フォーマルにも対応」している事。

見た目のイメージから来るストライクゾーンの狭さは嘘で、割りと何でもイケます。

チェスターコートやキルティングジャケット辺りの「UK出身のアウター」と特に好相性♪

一昔前(〜5年前)に流行ってたが、ここ最近はハットの天下。

でも、好きなら買い。

 

 スタンダードに使えるのがこれ。


  


 

 

 使いやすいのがこれ。

 

 

つばが短いほどカジュアル。

長めだとフォーマル。

深さは好み。

 

 

上手く使えば上品な演出が可能になります。

しくじると、おっさんぽくなるのはご愛敬。

 

いずれも、ジャケットやトレンチと合わせても違和感なく使える。

個人的にかなりオススメ♪

 

5、キャスケット

ユニセックス系。


 

稀にベッカムが被ってる。

f:id:CurryS:20171027110250j:plain

 

うまく使えるとお洒落。

主流ではないだけに、素材感含めて自分で選択する必要があり、難易度が高い。

「この形が欲しい」という断固たる決意がある人はぜひチェレンジを♪

 

■まとめ

帽子は「服と合わせる」「シンプルに」です。

現在、間違いないと言えるのは「ハット」。

入門からお上級者まで、すべての人が使える一品。

 

店舗に買いに行く時は「一番お気に入りの服」を着て行って、それに「合わせた帽子」を買いましょう♪

 

最初は「帽子姿に抵抗がある」と思いますが、「慣れ」です。

買ったテンションで被り続けましょう♪

 

良い帽子と出会えますように!