自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

モテるメンズファッション「靴」。デッキシューズからパドローネチャッカブーツまで。

お洒落は足元から!

特に女の子は、髪型、爪、靴と「先端」を見ます。

 

時期や状況に合わせて色々選ぶのが大変!という貴方のために、簡単な選び方の基準をば。

 

■基本

何となくカッコいいの買っておけばいいんでしょ?というそこのお前!

それがファッションの醍醐味♪

 

しかしながら、それだけだと服に合わなかったり使い勝手が悪かったりと散々な目に合う。

初っ端に買うと良い、使い勝手のいい靴の基準てもんを書いてみよう。

 

1、色

色の合わせ方は、服も帽子も小物も全て同じ。

自分の着ている色と「同じ色」の靴を履く事、です。

もしくは「モノトーン」

*モノトーン=白、黒、グレー

全ての色の共通の色なので、服装の配色を選びません。

*詳しく知りたければ「モテるメンズファッションの小物」で解説していますので、ぜひ。

 

とにかくモノトーンは「全ての色と合う」とだけ覚えていればいい。

とはいえ、ハイエンドスニーカーや奇抜な靴を浮かせて履いたりなどしたい人もいるだろう。

f:id:CurryS:20170411104422j:plain

こういうのね。

これ「応用が利かない」んです。

つまり、使いまわしが利かない。

「分かって買う」ならOKですが、最初の一足としては困ったことになります。

なので、モノトーンがオススメ♪

 

2、形

年中使える「スニーカー」。

夏用の「デッキシューズ」「サンダル」。

秋冬用の「ブーツ」。

これを一種類ずつ、揃えるのが基本となります。

それぞれのオススメと、簡単な説明を。

 

●スニーカー
最初の一つを選ぶならこれ!

コンバース「オールスター」。


 

カラーは自分の服装とにらめっこかモノトーン。*上で書いたやつ。

価格が安いので「スタートの一足」、揃ってきた後の「あと一色」にと、幅広く運用可能。

唯一の欠点は「履き心地が悪い」事。

その分が値段に反映されていると思ってくれ。

 

その履き心地を改善したのが「VANS SK8-HI」

 


スケートシューズだけあって、段違いの履き心地♪

ジャケットのスニーカーにも使えるシンプルさがオススメの理由。

 

最初はシンプルなスニーカーがベスト♪

 

●デッキシューズ

夏の本命!

 


 

 

黒×白配色で、服装を選ばない。

が、夏限定の最強爽やかカラー「紺×白」が映えるのが、デッキシューズ最大の特徴。

紺のデッキシューズ+白パンで、夏の全てを乗り切れます。

 

デートから遊びまで爽やか無双。

どこからどう見たってお洒落に♪

 

もうちょいエスニックにしたのがこれ。

【VANS】 ヴァンズ RATA MOC V3648CVS2 15SP NAVY
価格:6372円(税込、送料無料)


 

中間プチプラ。

 

 

 

対抗は「エスパドリーユ」

 

 雰囲気が若干違う。

 

使い方はほぼ一緒なので、完全なる好みで。

MB氏はエスパドリーユ推しだが、筆者はデッキシューズ推し。

 

ちなみに、デッキシューズとエスパドリーユは「履きつぶし前提」です。

1~2シーズンに買い替えるモノだと理解しましょう。

その上で、どこまでお金を出せるか?です。

悩みましょう(笑)

 

 

●サンダル

実は最高に難しい。

ビルケンシュトックでは「楽なおっさんスタイル」と紙一重で、洒落て見せるのが非常に難しい。

かといって凝ったデザインのサンダルに走ると、俗に言う「気持ち悪い」サンダルになりがち。

 

女の子からメンズのサンダルの評価が低い理由は、これとクロックスが理由。

 

ピンポイントで欲しいデザインがある場合は良いが、基本的には良いサンダルを買うなら、上の二つ(スニーカーorデッキシューズ(エスパドリーユ))のほうがオススメ。

 

それでもあえて茨の道を歩くなら・・・

 

 これくらいぶっ飛んだのがオススメ。

 

サンダルは敷居も値段も低いが、お洒落に見せる事が難しい事にご留意下さい。

 

●ブーツ

メンズのモテ靴代表「ブーツ」。

秋冬〜春まではこれ一個で押し通すことも可能。

だからこそ、ある程度の値段を覚悟して、納得できるモノを買う必要があります。

 

様々な種類があれど、代表的な「素材」と「形」が存在します。

素材は「スエード」と「革」。

形は「チャッカブーツ」と「デザートブーツ」です。

それ以外のモノは、フォーマルに寄りすぎたり、カジュアルに寄りすぎたりと使い勝手が限定されやすいです。

能書きはここまでにして、具体例。

 

チャッカブーツ

言わずと知れた「パドローネ」

 

 

価格を越えるクオリティ。

革をヴィトンに卸してた(つまり、同じ革を使っている)とかの逸話にも事欠かず、ブランド好きからマテリアル好きまでを魅了する数少ないブランド。

ZOZOTOWN限定モデルがめちゃくちゃカッコいいので、そちらもぜひ見て頂きたい。

 

もうちょい安くて高品質ならこれ

 

 

国内が誇るデデスケン。

しかしながら、余計な「つま先汚し加工」とかしてるのが非常に減点。

靴は綺麗に使ってなんぼ。

 

黒のみオススメ。

 

 

 

●デザートブーツ

 

 

デザートブーツはもちろんクラークス。

履きやすさで他の追随を許さない。

特徴は「クレープソール」。

柔らかなクッションが、その辺の安靴とは違う。

問題は、真夏に履くと「ソールが溶ける」事。

マジで注意して。

無駄に痛めないようにね。

 

あと、ブーツ全般に言えますが「雑に扱わない」事。

型崩れしてしまうと非常にカッコ悪いです。

長く使うモノなので、丁寧に扱う事を意識しましょう。

 

*番外のオススメ

ちょっと最近の風潮とは外れるが、個人的なオススメを。

ワークブーツ


 

 

レッドウイングの「ベックマン」です!

典型的なワークブーツではフォーマルには対応出来ないが、これは可能。

具体的には「キレカジ」から「ハイカジ」まで全部対応してる。

チャッカブーツはキレイめ寄り、ハイカジはスニーカー、ワークブーツ、ウイングチップブーツ主流。

しかしながら、これはどっちもイケる。

この上質なデザインと革でもって、ダウンジャケットからトレンチコートまで幅広くカバーしてくれます。

見た目の「とっつきやすいイメージ」も良。

最初の一足で金を出す時は、個人的にはパドローネとこれが双璧。

正直に言えば、今買うならパドローネの方がいい。

それでもこっちが良いと思う人はぜひこれを♪

 

 

 

■まとめ

夏のデッキシューズ&それ以外のブーツの二軸を活かし、その間をスニーカーで埋めるという立ち回りを考えると、幸せになれます。

 

最初も書いた通り女の子は「先端を見ています」。

ここで「締め」を作れると、一層引き立ちます。

 

 

トータルバランスの肝になる「靴選び」。

お気に入りの一足に出会えますように♪