お洒落をしてバイクに乗って遊ぼう♪

趣味特化型。楽しいが正義♪ *感想をコメントでいただけると大変喜びます。賞賛でも批判でも良いので、コメント頂けると幸いです♪

       

モテるメンズファッション「靴」。スニーカーと革靴とデッキシューズ!

お洒落は足元から!

特に女性は、髪型、爪、靴と「先端」を見ます。

 

色々選ぶのが大変!という貴方のために、簡単な選び方の基準をば。

 

■基本

何となくカッコいいの買っておけばいいんでしょ?というそこのお前!

それがファッションの醍醐味♪

 

しかしながら、それでは服に合わなかったり使い勝手が悪かったりと散々な目に合う。

初っ端に買うと良い、使い勝手のいい靴の基準てもんを書いてみよう。

 

⚫︎色

自分の着ている色と「同じ色を選ぶ」。

あるいは「モノトーン」

*モノトーン=白、黒、グレー

全ての色の共通の色なので、服装の配色を選びません。

 

とはいえ、ハイエンドスニーカーや奇抜な靴を浮かせて履いたりなどしたい人もいるだろう。

f:id:CurryS:20170411104422j:plain

こういうのね。

これ「使いまわしが利かない」。

故に、最初の一足としてはオススメしない。


最初はモノトーンをオススメする。

 

⚫︎形

一年を通して使える「スニーカー」。

夏用の「デッキシューズ(エスパドリーユ)」「サンダル」。

秋冬用の「ブーツ」。

これを一種類ずつ、揃えるのが基本となります。

それぞれのオススメと、簡単な説明を。

 

●スニーカー
カジュアルの王道。
最近ではフォーマルの着崩しにも重宝される。

f:id:CurryS:20171027114105j:plain

https://lifestylebyps.com/blogs/mens-fashion-blog/5-outfit-grids-for-minimalists


まず一足は買うであろうこれから行こう。


最初の一つはこれ!

1、コンバース「オールスター」。


 

価格が安いので「スタートの一足」に最適。

欠点は「履き心地が悪い」事。

そして「子供っぽい」事。

大学生〜25歳くらいまでの御用達の一足。

 

2、「VANS SK8-HI」

 


履き心地改善と、少し年齢層が上がる。

ジャケットのスニーカーにも使えるシンプルさがオススメの理由。

 

3、スタンスミス


白スニーカーと言ったらこれ。

全年齢層対応。

履き心地は…上の2つより履きやすい。

テニスシューズなんで、最良とは言えない所が微妙。

オススメには変わりない。


4、ジョーダン1


ノームコア向け。

履き心地は「そこそこ」だ!

バッシュだが、バッシュのレベルではない。

街中で履くには、形と値段と履き心地のバランスが最良。


5、ハイパーダンク


履き心地最良。

2016年モデルは筆者がバスケで使っている。

マジで「クッションが全然違う」。

歩いてる疲れが変わる。

カネを見た目が両方イケる人にはオススメ♪

 

●デッキシューズ


 


 

「デッキ」とはヨットなどの甲板を指す。

そこで使う靴。


サンダルを卒業した貴方に。

 

3、エスパドリーユ


デッキシューズより、幾分「エスニック」。

理由は簡単。

「女性がメインの靴(サンダル)」だから。

故に、個人的には「オススメしない」。


元々女性要素が強いファッション業界は、何故か「中性的なモノがウケるとされる」。


では「実際に異性を選ぶ時はどうか?」

男はマッチョで衝動的で強引なやつモテるし、女は曲線が綺麗で大人しく決められない人がモテる。


「性」は強く打ち出した方が「映える」。

 

モテ服において「これを意識する事」が先に進むコツとなる。

 

●サンダル

実は最高に難しい。

ビルケンシュトックでは「楽なおっさんスタイル」と紙一重で、洒落て見せるのが非常に難しい。

かといって凝ったデザインのサンダルに走ると、レディースっぽくなる。

*ダメな理由は上で解説した。

 

女性から、メンズのサンダルの評価が低い理由は、これとクロックスが理由。

 

ピンポイントで欲しいデザインがある場合のみ買おう。

 

サンダルは敷居も値段も低いが、お洒落に見せる事が難しい事にご留意下さい。

 

●ブーツ

メンズの靴代表「ブーツ」。

秋冬〜春まではこれ一個で押し通すことも可能。

だからこそ、ある程度の値段を覚悟して、納得できるモノを買う必要があります。

 

様々な種類があれど、代表的な「素材」と「形」が存在します。

素材は「スエード」と「革」。

形は「チャッカブーツ」と「デザートブーツ」です。

それ以外のモノは、フォーマルに寄りすぎたり、カジュアルに寄りすぎたりと使い勝手が限定されやすいです。

能書きはここまでにして、具体例。

 

チャッカブーツ

言わずと知れた「パドローネ」

 

 

価格を越えるクオリティ。

革をヴィトンに卸してた(つまり、同じ革を使っている)とかの逸話にも事欠かず、ブランド好きからマテリアル好きまでを魅了する数少ないブランド。

ZOZOTOWN限定モデルがめちゃくちゃカッコいいので、そちらもぜひ見て頂きたい。

 

もうちょい安くて高品質ならこれ

 

 

国内が誇るデデスケン。

しかしながら、余計な「つま先汚し加工」とかしてるのが非常に減点。

靴は綺麗に使ってなんぼ。

 

黒のみオススメ。

 

 

 

●デザートブーツ

 

 

デザートブーツはもちろんクラークス。

履きやすさで他の追随を許さない。

特徴は「クレープソール」。

柔らかなクッションが、その辺の安靴とは違う。

問題は、真夏に履くと「ソールが溶ける」事。

マジで注意して。

無駄に痛めないようにね。

 

あと、ブーツ全般に言えますが「雑に扱わない」事。

型崩れしてしまうと非常にカッコ悪いです。

長く使うモノなので、丁寧に扱う事を意識しましょう。

 

*番外のオススメ

ちょっと最近の風潮とは外れるが、個人的なオススメを。

ワークブーツ


 

 

レッドウイングの「ベックマン」です!

典型的なワークブーツではフォーマルには対応出来ないが、これは可能。

具体的には「キレカジ」から「ハイカジ」まで全部対応してる。

チャッカブーツはキレイめ寄り、ハイカジはスニーカー、ワークブーツ、ウイングチップブーツ主流。

しかしながら、これはどっちもイケる。

この上質なデザインと革でもって、ダウンジャケットからトレンチコートまで幅広くカバーしてくれます。

見た目の「とっつきやすいイメージ」も良。

最初の一足で金を出す時は、個人的にはパドローネとこれが双璧。

正直に言えば、今買うならパドローネの方がいい。

それでもこっちが良いと思う人はぜひこれを♪

 

■まとめ

夏のデッキシューズ&それ以外のブーツの二軸を活かし、その間をスニーカーで埋めるという立ち回りを考えると、幸せになれます。

 

最初も書いた通り女の子は「先端を見ています」。

ここで「締め」を作れると、一層引き立ちます。

 

トータルバランスの肝になる「靴選び」。

お気に入りの一足に出会えますように♪