自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

禁煙後の睡眠調整。


禁煙成功しました!というのは、1ヶ月前のこの記事

http://blog.hatena.ne.jp/CurryS/currys.hatenablog.com/edit?entry=6653812171397459935

に書きました。

そして薄々感じていた、連続して寝れない!寝つきが悪い!というのの改善が見られないので、1記事。


■睡眠調整

http://whyquit.com/japanese/Joel_03_22_sleep.html

要約すると、「ニコチンで強制覚醒してたのを止めて、脳が元の機能を取り戻す反動」です。

つまり、一時的に「寝れない」or「いつまでも眠い」のどちらかに舵が切られるという事です。

割と多くの人が経験するみたいですね。


■対策

1、運動

疲れれば寝れる。

2、早起き

朝起きて、朝日を浴びて〜という超基本を徹底する。

3、昼寝は最低限にする

普通。

この辺りを改めて見直すのが、一番の近道らしいです。


■筆者の場合

1、運動

適量だと寝られるが、HIITや、全力スキップなどのガチメニューをこなすと寝つきが悪くなります。

疲れてて寝たい時こそ寝れない。

2、早起き

効果あり。

特に6〜8時台の陽射しを30分以上浴びると、夕方までのテンションが変わる。

昼間自然に眠くなるという欠点があるものの、精神的な安定感と共に布団に入れるようになります。

3、昼寝

30分以内、可能なら10分以内で目覚めるようにすると、夜に引きずらずに済む。


…まあ、どっかで見たやつのオンパレードですが、やっぱり基礎に勝るモノはないという事ですね。


■できる人は試してほしい、他で書いてないやり方

寝れない派用なんですが、相手がいる方は「セックスの回数を増やす」というのが一番の解決法になります。

セックス後に出る脳内物質は寝るのに最適なモノが多く含まれ、疲れた脳を落ち着かせる役割をしてくれ、行為中の適度な運動要素と相まって、プラスの効果しかありません。

行為すら出来ない程の疲労状態(肉体的なほう)ならさておき、精神的なモノならいざやり始めれば意外とのってきたりします。

相手がいなくとも、風俗を駆使して一回は試してみる事をオススメします。

*自分処理では出る脳内物質が違う説が濃厚で、おそらく体感としてもお分かりになると思うので、相手がいての行為じゃないと効果が薄い。


■まとめ

1、睡眠調整は割とメジャーである

2、長いと一年以上続く事も

3、セックスで解決

4、…出来ないなら、生活を見直し!

以上です。

まあ10年来の習慣を数ヶ月で変えようってんだから無理も出てきますよね。

半年から一年の付き合いになりそうです。

*睡眠調整は出ない人も多い。羨ましい!


さらに1カ月経過した現在(2016年8月)、ほとんど気にならなくなりました。

本題の禁煙共々「対応期間」がありますな。

なので、今キツい人ももうちょっとすれば対応されるので、そういうもんだと思ってまったり構えてれば大丈夫です!