読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

初デートの支払い。


良く話題になる「奢り」。

「初デートの時くらい出して欲しい派」VS「何で一方的に奢らないといけないの?派」

の相容れない主張です。


意外と根深いこれを、「奢るメリット」から考えてみよう。


■基本

結論から言えば「初デートのメシは男の奢り」です。

なぜなら、それだけで「印象が変わる」。

そもそも女とメシ食いに行った時の「目標」を思い出そう。

…そうです。「下心がメイン」ですね。

*どういう考え方で臨もうと、女の子に精神的に満足してもらえば結果は同じなので、目標は同じ。

となれば、こんな細かい事にこだわってもしょうがない。

理由は二つ!

1、そこで雰囲気を損ねるメリットがない。

2、安い店を探せ。

です。

安くて(〜2000円)お洒落な店をリサーチしておけば、一回の奢り金額は最大2000円です。

毎週末、別の女の子と遊んで1ヶ月最大10回です。

しかも通常、奢るのは最初の一回のみ。

この金額で、せっかく楽しい夜が過ごせたはずの女の子の機嫌を損ねていたとしたら…?

これだけ女側から「奢って欲しい」という分かりやすい要求が出てるのだから、「初デートのメシ代は払う」と決めておいて、それに合わせた準備をする方が建設的です。

そもそも最初っから重たい高級店に連れてっても引かれます。

相手の好みと自分の支払い能力に合わせた「お洒落で軽い店」をリサーチして(バーやホテル(家)までの流れも踏まえて)おきましょう♪


■後書き+掘り下げ。

上の説明に納得出来なかった人向けです。

●女の子の具体的なリアクション

主に3つ。

1、出すそぶりがあるor次の時に埋め合わせすると言う

サバサバ女か、男慣れしていない女の子に多いパターンです。気持ち良く奢れます。

「次の時に奢ってね」と言い、さらっと次の約束に繋がるネタをもらっておきましょう。

*次の時に本当に奢りを要求したら無粋です。次に遊ぶための切符を買ったと思いましょう。

2、エスコートされる事を望んで、後ろで控えてる

会話の手応えがあった時。この先の流れを男に任せるくらいの信頼関係が出来てる。

つまり「イケる」。

気持ち良く支払いして、雰囲気を作りながら上手くエスコートしましょう。

3、奢られて当たり前のリアクションをしている

会話の手応えがなかった時。もしくは「それが当たり前になってる」場合。

以上3つです。


1は説明の余地もありません。

論点は主に2。

女の子側が言う「メシ奢れ」は、ここに該当する場合があります。

別に「金を出して欲しい」訳じゃなくて、男に最後まで自然に連れて行って欲しいという事です。

とは言え、男の上位30%層に入ってるやつでこれを理解してないやつはいない。

今までの手応えを思い返し、態度を見て、目を見ていれば分かるので、常に女の子を「見る」事を意識しましょう。

そして3。

女の子側が「この男と次はないな」と判断した時がこれ。

逆に置き換えてみよう。

男が「この女とは次はないな」と思えば奢りたくない=金を出したくない。

つまり、この時間にカネ出したくないから「奢れ」という事。

*それでも長期的にみて信頼が赤字になるため、割り勘させるという選択肢はあまりオススメしません。仕事関係の女だと他の女と繋がってると思った方が良い。ナンパなら知らん。

この「3」と、上記「2」がごっちゃになってっから分かり難い。

…とは言え、そもそもLINEの時点で相性は分かるので、微妙そうだったらさらに安い店に行って様子見という保険をかけましょう。

時間とお金を投資する価値があるのは「相性の良い女の子」が基本です♪


■まとめ

奢るのは「来てくれたお礼」と考えましょう。

「初回はお金を出すのが当たり前」を前提に「ロジックを組んでいく」方が、面倒くさい事を考える必要がなくなり、成功率が高くなります。

注意点は「恩着せがましくしない事」そして、「奢られた申し訳なさを感じさせないようにする事」です。

後者は全員に当てはまる訳じゃないが、非常に面白い。

「女の子が気を使わなくて良いように「男が気を使ってる」」という事を「伝える」事によって、「優しい」となる。

「そういう事もある」と頭に入れておくと、損はしないと思います。


奢るか奢らないか?

最終的な決断は貴方次第です。


*追記

上記は「大事にしたい相手用プラン」です。

凄く可愛い子だったり、マジで性格良い娘に出会って、ちゃんと口説きたい時に使います。

ナンパ含めて軽めのノリで遊びに行く場合はこんなにシビアに考える必要はなく、臨機応変対応をしましょう。