読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

100記事到達!

 

ここを見てくださる方々、本当にありがとうございます。

 

読み手に対してあまりにも配慮がないこの雑ブログが、開設一年半で100記事を迎えました。

なんとこの100記事の間に、コピーライティングや文章の書き方を調べ始めたのは、96記事を越えてからという舐めっぷり。

 

アジェンダ設定や、内容は今まで通りに楽〜に思った事を書きますが、文章のレベルは上げていきます。

 

とりあえず、なぜ100記事を達成出来たか?

を少々書いていきます。

 

◼︎最初期〜20記事めくらいまで

ぶっちゃけ言うと、ここが最難関です。

何書いていいか分かんないし、全然読んでもらえないしで、現実を受け入れるのに時間がかかります。

筆者の場合はちょっと特殊で、「スポーツナビ+」というYahoo!系サービスブログでサッカー系の記事を書いていました。

Yahoo!ニュースサッカー系からの流入があるため、人集めなんざ一切なく、初日から1万アクセスという環境でした。

軽くバズった記事は、1日4万アクセス(一記事で)はあるという。さすがYahoo!

その代わり、新着から消えると10アクセスも行かない環境ですけども。

常に新着記事を書かねばならないつまらなさ(ストックされた記事はほとんど読まれない)が上回り、ここをスタートしたはいいが、上記の通り誰にも読まれない現実を受け入れるまで時間がかかりました。

ここで、2通りの選択があります。

1、皆んなが理解しやすいように分かりやすく書くスキルを上げたり、伝えたい内容を吟味してクオリティを上げる方に向かう。

2、自分が書きやすい内容で書く。

です。

藤沢数希氏や橘令氏レベルの内容は「どう頑張っても書けない」ため、楽しいを優先して2を選択。

この時期に「なんか書いてて楽しい」というのを見つけられるかが分岐点。

自分に妥協しないタイプは、スキル上げと同時進行で進むと思いますが、折れないようにご注意下さい。

 

◼︎〜50記事

記事を読まれない事に慣れ、ジャンル縛りがない事にも慣れた結果、今一番興味がある事を自由に綴るという「雑記」の形へ。

…というのも、わたくし基本的に内省的でして、あんまり「外の仕組み」に興味がありません。

政治の問題点、社会の仕組み、どんなフレームで動いてるかなどは、自分で考える事としては楽しくない。

それよりも「なぜそうなるのか?」という「本質的なモノ」を考える方に興味がわく。

しかしながら、それを捻り出す知力も知識もないため、完全なる雑記へ。

その結果、多くに人に届けるような内容でもなく、淡々と気になった事を積んでいく自由空間へと変貌。

「気楽に書ける」というハードルの低さが確立されたのが、この辺りです。

 

◼︎〜70

バイク買い替え時期に来たので、本気で色々調べていた内容と、買った後のレビューを記事にしたら、奇跡のGoogle検索トップページ入り。

SEO対策なども一切する事なく、これ一発だけまぐれ当たりしました。

1日200PVはその記事からです。

もっと検索ボリュームが多いジャンルだったら、もっと期待できるでしょう。

この辺でトレンド系に移行したくなる衝動に駆られますが、内容を縛ると書くのが面倒くさくなるので却下。

反面、その一発当たりした記事以外は大したアクセスもありません。

PVが欲しいという承認欲は出てきたが、筆者の場合「書きたい事」=「支持を得られる事」ではなく、両者が明確に違うため、それを毎回擦り合わせながら書くのは負担が大きい。

内容を極限までブラッシュアップさせるのも面倒くさい(検証の時間が多く取られ、記事をアップ出来なくなる)ため、雑記の形が自分の性に合っていました。

この辺りは100%で記事を上げる事が得意な方と、筆者のように60〜80%で上げて、後々修正していくスタイルのどちらが得意か?で変わります。

本質的にストック型のブログは「単発で完成」を積んでいくのがベストです。

しかしながら、向いてないんだからしょうがない。

記事作りの向き不向きが見えてくるのが、この辺りです。

 

◼︎〜100記事

趣味、調べてる事、面白かった事、考えてる事などを書き出し、思考整理と吐き出しを同時に行えるメリットは大きいです。

本や趣味が特に顕著で「どう書くか」を「考える」という刺激が、記憶の整理と定着に一役買ってくれます。

上記の通り、このブログはPVが伸びる事もなく、ただ書きたい事を書くブログと成りました。

簡単な実験や愚痴、趣味など、インターネットのゴミを作り出して行きます♪(笑)

 

◼︎まとめ

ブログ継続のための最難関は「最初期」です。

どっかで名前を売っているならまだしも、無名な一般人のブログなんざ誰も読みに来るわけねえんだから、好き放題書けばいい。

…という現実を受け入れるまでに、時間がかかります。

それを受け入れれば、あとは上がっていくだけです。

 

実際のところ、ブログなんて毎日更新を継続する必要もなければ、決まったネタを出す必要もなく、日々の日記にする必要もありません。

たまーに気が向いた時に、溜まったモノを吐き出すように書いて、内容を整えてから世に送り出せばいい。

そんなブログでも、月間1万PVは確定する程度まで来ました。

これ以降を目指すなら、ちゃんと検索ボリュームの多い領域で、ちゃんとした文章を構成する必要があるのでしょう。

…おいおいやっていきましょうかねー。

「書き方」を変えたら、そんなにリアクション変わんのかなー。

「質」を上げなきゃ意味ない気がするんだけどなー。

 

とりあえず気張らずに作って、月に一回でも更新していくと意外と面白いですよ♪

 

あなたもぜひ♪