自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

社会的知能指数と幸せ。

 

はい!幸せ本の書評2冊目です。

 

「SQ生きかたの知能指数」です。

…結論から言おう。

超当たり!

「めっちゃ心が暖かくなる本」

です。

 

◼︎系統分け

1、自分が幸せになる方法

いきなり話しが飛びます。

まず、自分が幸せになれなければ、人を幸せにする事は難しい。

ならば、どうすれば幸せになれるのか?という適性を測るのが「世界でたったひとつの幸せ」という本でした。

遺伝…というか、生まれた時点で、セロトニン受容体の大きさが決まっていて、そこから生まれる幸せが人生の50%を決めているというお話しが最初に出ます。

次に、幸せになれる考え方が色々続き、最終的に「強みを生かした働き方をしてれば人生楽しいよ」という結論に向かって進んでいきます。

代表的なのをいくつかご紹介。

⚫︎楽天的な発想

大成功する起業家は、大多数は楽天家である、というのは有名なお話し。

どんなに難しい事でも「大丈夫イケる」と思えばこそ、その人の能力が100%を越えて引き出される訳です。

そこためには、失敗しても「今が悪かっただけだ」。

成功したら「俺の実力はこのレベルで、これからも成功する」

と、考えて、どんどん前向きに進んでいった方が得です。

失敗は「運のせい」、成功は「実力」です。

悲観的な人は、失敗は「自分のせい」、成功は「運が良かった」とし、実力を低く見積もります。

この考え方では、どんどん後ろ向きになって行きます。

単発では大した事ないのです。

…が、これが積み重なっていくと、楽天的な人はどんどん前向きに進んで行き、悲観的な人はどんどんつまらない人生へ進んでいく事になります。

 

しかしながら、これをそのまま鵜呑みにして適応すると、「自分が成功した時は状況を顧みず突っ込んでいく」という事になります。

そこで様々な経験が積めて、人間としてどんどん大きくなっていくのもあります。

…が、筆者のようにギャンブルなどで向こう見ずに突っ込んだ事があり「破滅適性がある」事を自覚している人は、そのままで良いとはとても言えない。

*高校生以降、ギャンブルは完全卒業。

能力と自制心を両立している人はガムシャラに前向きでも結果を出せるが、全ての人が楽天的に進む方がいいかと言うと、何とも言えない。

あと、何かしらの精神障害にかかった人は「悲観的」になります。

日々生きるのが辛く、やりたい事が出来ず、先が見えないからですね。

*精神病時は性欲が無くなる事でも有名。

なので筆者は「悲観的」です。

 

理想は「使い分ける」事。

人と話す時は楽観的に、ビジネスでは悲観的に考えれば、両者の利点が活きます。

 

⚫︎自己肯定感

やりたい事は「まずやってみる」。

そして、目標に向かう時に失敗しても「心が折れない」。

これの元となるのは、やれば出来るという「自信」です。

これを最速で育むには、茂木健一郎氏や堀江貴文氏なども言っているように「細かい成功体験を積む」事です。

異性に対して自信を持ちたければ、とにかく異性と過ごす時間を増やして、一緒にいて「楽しかった記憶」を増やしていけばいい。

ちょっと笑わせたり、笑わせてもらったり、エロトークしたりなどの「会話が楽しい」。

普段行かないレストランに行ったり、街ブラしたり、海に行ったりなど「遊びに行くのが楽しい」。

折を見て、バッチリ目を見て言葉の確認が必要ない状態からの「触れ合うのが楽しい」。

そして「翌日の朝の幸福感が好き」。

回数が多いほど、異性といる事が「楽しい事」になるため、他の事なんて気にしなくなる訳です。

筋トレでも同じです。

週に決まった回数をこなし、さらに+1回をしていくなどしていく事で、目の前の「目標」を達成します。

それが「やったという自信」になると共に、日々の継続のモチベーションにもなります。

そうこうしているうちに結果も出る(ガタイが良くなる)という好循環のサイクルに入ります。

このような「結果を出すまでにやる事」を段階的に設定してモチベーションを維持し、それを結果と「繋げる」事で「確固たる自信」になります。

 

では筆者のような、確たる自信が無いタイプはどうすればいいのか?

それでも、同じ道を辿るのが最善です。

つまり「結果を求めずに、ただひたすら積んでいく事を楽しむ」です。

しかしながら、ここで大きな問題が立ちはだかります。

そう「自分が正しいと思えない」。

類似を色々調べて模倣しまくったとしても、「これでやってみよう!」という部分が抜け落ちている。

ブロガー活動やサイト作り、勉強などの、「すぐにフィードバックが得られないモノ」に対して時間を突っ込むのは精神的に非常に厳しい。

それを支えるための、「何か」が必要となるのです。

しかしながら、ここを越えられないと、新しい事や難しい事に取り組む意欲が失われていってしまいます。

これがいわゆる「透明なコップに入れられたノミ」です。

*本来コップの3倍は跳べるノミが、コップに入れられて頭をぶつけまくる事によって、コップを出しても「コップまでしか跳べなくなる」事です。

つまり「自分の限界を決めてしまう」。

これの解決策は「跳べるノミと一緒に居る事」です。

跳べるノミを見て「あ、俺も跳べるかも」と思い出す訳です。

では、「出来る人」一緒に居るためにはどうしたらいいか?

ガチなやり方で言えば、「その人にメリットがある事を掲示する」事です。

しかしながら、跳べる人に「興味があるプランを掲示する」には、ある程度「自分で跳ぶ必要がある」。

人生、一度落ちた(つまり「跳べなくなった」)人間に、それは非常に難しい。

…本当に?

それでは、前提を疑ってみましょう。

「一緒に働かないと跳び方を学べないのか?」

これ、大間違いなんです。

ただ、「その人と話すだけ」でやる気が得られます。

その人というのは、その業界で「適度な結果を出している人」です。

超勉強して、毎日擦り切れるまで努力して、凄く結果を出してて…なんて人間になりたいという人は、要は「イチローになりたくて努力してる」と言っているようなモノです。

そうではなく、この人が跳べるんなら俺でも頑張ればイケるんじゃないか?っていうくらいの人を見つければいい。

ただそれだけ。

 無駄に目標を高くしすぎて階段を意識しすぎると、途方も無い階段でやる気がなくなってしまいます。

しかもその階段設定が合ってるかもわかんねーしね。

 

…という話しは「一切出てこない」、単純にどうしたら幸せになれるかだけを論じて本が「世界でたったひとつの幸せ」です。

 

2、自分も「人も」幸せに出来る方法

それが、SQ生きかたの知能指数

キーポイントは「共感」。

これはすなわち、「相手をどう幸せにするか?」という事です。

そのための「相手の目を見て心を見抜く力」や、「その後の対応の仕方」がいかに重要かという事を体系的に書いた本です。

基本的に人間は「幸せそうな相手を見た」ら「自分も幸せになる」ように出来ています。

つまり、自分が上手くやれば、幸福の連鎖を創り出せるのです!

楽しい事と悲観的な事を、意識して8:2程度まで落とし込めれば完成。

ちゃんと辛い現実も見ないと生きていけないからね。

母親と赤ちゃんのミラーニューロンから始まり、恋人と完全に同期している時など、多様な他者との関わりの事例が出てきます。

 

そして、ファスト&スローの「システム1」と「システム2」の関係は、心理学書では至る所で出てきます。

「非言語コミュニケーション」が、瞬間で判断をする「裏の道」」とされます。

「システム1」です。

そして「言語コミュニケーション」…感情にブレーキをかけ、理性的な話し合いや、お互いのメリットになる事を話し合う時に使われるのが、「表の道」です。

システム2です。

⚫︎裏の道

人の「感情を予測できる能力」です。

つまり、基本点に「人とのコミュニケーション」は「非言語コミュニケーション」と言っても過言ではない。

理工学部系がモテない」というのはこれが理由です。

 

⚫︎表の道

理工学部の面目躍如。

説明する能力や、感情を使いこなす能力は、表の道によって決まっています。

理性とか言われる領域です。

 

この2つを利用して、他者とのコミュニケーションをしていきます。

 

⚫︎余談

「自分だけで感じれる幸せ」なんて、実際んとこほとんどありません。

自分だけ「が」感じる幸せはありますがね。

仕事にしろ、ゲームにしろ、買い物にしろ、「誰かがいる」「誰かと遊べる」「誰かと話せる」から面白いのです。

一人で引きこもってなんかやってたって超つまらない。

*ゲームで引きこもって楽しいのは、オンラインで他者との交流が出来るからです。

つまり、やりたい事をハッキリさせると共に、「自分の振る舞いをコントロールし」「周りが楽しそうにしてるのを見る」という「幸せを実現できる方法」も、同時に育んで行く方がメリットが大きい。

SQの「幸せ」は、自分が相手に対して「余裕を持って優しく楽しく接するだけ」という、これ以上なく分かりやすいモノです。

それで、同じように幸せを感じる人と一緒にいれば、それだけで幸せに過ごせるのです。

即効性があり、かつ持続性もあり、一度流れに乗って仕舞えばずっと幸せでいられるという、至極の考え方と振る舞い、そのための方法です。

明日から幸せを振りまきましょう♪

 

◼︎まとめ

ブログでよく言われる「ペルソナを設定しろ」というのは、こういう事です。

そのペルソナが幸せになれるような記事を書けば、アクセスが増えていく。

…ここは書きたい事を書く場所としているので、ペルソナは設定していませんのでご了承。

人間「ゲスになれる場所」が、どっか一箇所くらいないと、やってられねーんですわ。

 

幸せに関しては、「自分の幸せ」は、簡単には見つからないし、全力投資して上手くいかなければ代償もすごく大きい。

女の子の場合はそれでも救いがあるかもしれない。しかしながら、メンズの場合は収入=社会評価なので、結構厳しいのよね。

夫が低収入の妻の浮気率見た?

40%越えなんだよね。

逆に年収1000万オーバーの妻の浮気率は10%以下。

とても分かりやすい。

優秀な遺伝子が欲しいんですってよ奥様。

残りの「浮気されなかった60%」の希望が、この「社会的知能指数」です。

妻に「金銭以外の幸せ」も提供出来るなら、もちろん一緒にいられるし、それはとても充実した時間なんじゃないかと。

 

色々な理由で、正社員という「箱」に「入らずに30を越えた人達」が生きていく道は、普通のルートは限られています。

経験が足りなくても独立するか、何かの結果を出して社会復帰するか、やりたいバイトで一生を過ごすかといった所です。

 

そんな自分の状況に関係なく、いつでも幸せを感じれる可能性があるのが「SQ生きかたの知能指数」です。

誰もが感じれる「幸せ」を具現化する方法を掲示してくれます。

ぜひご一読下さい♪