読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

モテる女の子からモテキ、コミュニティ崩壊まで。タメになる恋愛学。

 出落ち!

マジでためになる恋愛学を書いているサイトを紹介しよう。

「密の国」様

http://blissfulness.hatenablog.com/

です。

恋愛で困ったらここ。

とりあえず「凄えから見てみろ」。

「モテる人とモテない人は「住んでる世界が違う」

そのスタンスは明らかにした方が、結果的に読者のためになる」

という「モテる側の人間」である「密」氏が解説するこのブログ。

モテる女の子の実際の体験、考えてる思考、状況判断、メンタルから、美容まで、ほぼ全てを網羅しています。

気付いたら一日中見てたよ。

 

…ぶっちゃけこの先は筆者の考察だから読まなくても良いよ。

*ちなみに筆者はモテない側。

その時間で上のリンクを見た方が100倍ためになる。


では考察という名の「感想」へ。

 

◾︎考察

最初読み始めた時は「藤沢数希の女版」かと思いましたよ。ええ。

実際んとこ藤沢氏と同じく、完っ璧な「社会的強者」です。

そんな中、興味を持ったのは次の2点。

「考察の素晴らしさ」

「なぜモテるのに不幸(だった)のか?」

です。

そして極個人的に興味を惹かれたのは「密氏に近いタイプが知り合いにいる」事です。

では以下、順に。

 

1、考察の素晴らしさ

強ブロガーやコピーライターとかに共通してる「強み」。

単純に「目の付け所が凄い」。

そして「掘り下げがさすが」。

なんだかんだ言いながら、有名ブロガーが有名ブロガーたる所以は、「普通な事を普通じゃなくしちゃう事」です。

バクマンでもあった「日常を面白く書ければそれが最強じゃね?」ってやつがこれだと思うんですよ。

…いやまあ、モテるやつとか、女兄弟がいる人にとっちゃ普通な事なんだろうけどね。

女兄弟がいない、何でも話せる女友達もいないような筆者のようなやつからすると、目鱗な話しが大量に転がってます。

モテキの考察なんかは面白すぎるので是非。

 

2、モテすぎる不幸話

どれもが面白い。

「特別扱いが普通」ってのは凄いね。

しくじり先生のオリラジの回を思い出したよ。

しかしながら、あれとは意味が全く違う。

注目される「マイナス面」がメインの議題です。

ちなみに筆者も特別扱いされがち(ありがたい程度のレベルで。主に男とおばちゃんから。年頃の女の子(15〜35歳)からはほぼ優遇されない)なんですが、もはやそういうレベルじゃない。

大学で授業中、教授が密氏に張り付いて授業をして針のむしろになっただとか、発想すら浮かばない実体験が満載。

男友達にそれを相談したら「気に病む事はないよ」と。

ふむ。「欲しいのはそういう答えじゃない」というのが良く分かる。

対応としてベストなのは、授業中に教授にまた張り付かれた時に、周りの男が「教授、また特別扱いですかー?そうあからさまだと他の女の子から嫌われちゃいますよ〜。…まあ気持ちは良く分かりますけども(笑)」っつって、間接的に知らせるって方法がある。

…が、それを行なった男がお礼を言われる→密氏に惚れる、という流れはおそらく鉄板。

とりあえずそいつを彼氏にするか上手い事転がし続けてボディガード扱いするのが良さそうだが、その辺りはどうすると得なのか発想すら浮かばないんで割愛。

とにかく色んな事例が載ってて凄いよ。

実例じゃなくても、モテキのソファのくだり(行為があったソファを捨てに行く時に、行為に気付いて無かった藤本に、桜子が言った「藤本くんは女見る目ないから将来苦労するよ」からの考察はマジで秀逸。

http://blissfulness.hatenablog.com/entry/2015/06/07/魔性の女の謎に迫る②

昔より性欲コントロールが効いて、知力が上がった今でこそ様々な意図が分かるが、10代でセック◯をエサに振り回されたら対応不能。

受け身なやつは特にヤバい。

自分で調達できるモテるやつでも、一回はやってみたいと思うのが男という生物。

良いなー。そういう「エロトラブル」は一回体験してみたかったなー。

*今はもう面倒くさいから嫌。

 

これ逆で「男に主導権がある場合」だと、女の子にいくら好かれてもこっちでコントロール出来るんだよね。

裏で抱きまくってるなんて例はあるし、女の子が諸々了承済み(グレーゾーン含む)で抱けば、特に問題は起きない(抱かれた事が公になるほうが痛い)。

問題が面倒なら1人に絞って他の女の子は見ないという選択も出来るのが強者側。

元々愛想を振りまく必要もないし、遊び回っても身体的にもノーリスク。

対して、女の子側はあまりにも好かれると対処が難しいのが伝わる。

詳しく書かれているが、主な例だと…

1、「女性陣からの蔑視」

2、「コミュニティの崩壊」

がメイン。

女性は「美人を嫌う」ってのはあらゆる場所で言われていて、もう証明済み言っていい。

同性の味方が少ないってのはヤバイね。

男だとあんま群れない=2〜3人の親しい仲間と、10人前後の遊びに行ける仲間がいれば、他に何もいらなかったりする。

それに付随するコミュニティがあって、その中で適当に遊べれば充分。

…しかしながら、二つ目のコミュニティの崩壊ってのがクセモノ。

「あまりにも男に女の子扱いされると、他の女の子からの嫉妬が飛んでくる」、「上司(男)の誘いを無下に断ると仕事に支障をきたす」辺り、重さが違う。

これは、リンク先を見て欲しい。

しかしながらこの問題は、男でも一緒だったりします。

実例としては、尊敬してる先輩の好きな女の子を知らずに、凄え優しくしてたら好かれちまって「後の祭り」になった事がある。*実例。

先輩が気を使って退いてくれたが、マジで申し訳なくて、全くテンションが上がらない。

しかも、そっから同コミュニティで他の女の子に優しく(常識の範囲で)したら、その好かれてる娘が不機嫌になるというオマケ付き。

もうお前じゃダメなんだよ。

お前と上手くやってたとしても、それを先輩に見せたくないんだ。

代わりの女の子は頑張れば見つかるが、俺にとって「恩義がある先輩」はその人しかいねーんだわ。

なもんで、キツい記憶しかないよね。

同様に、筆者が好きな子が同先輩に惚れて、それに気を使ってくれた先輩が、その女の子をフったという例もある。

実はこれも誰も得をしないパターン。

フラれて弱った女の子に優しくして落とすのは可能かもしれないが、こういう弱みに付け込む自作自演は好きじゃないんだよねー。

そして、またしても「優しい先輩に気を使わせた」という重さ。

何でなんだ!

貴方がク〇野郎であれば問題なく強奪しに行ったのに、そんな対応をされたら可能な範囲で迷惑をかけないように我慢するのが最善の選択肢になるだろう。

なんせ俺がいなければ、全てが上手くいった可能性があった訳だし。

それからお互いに気を使って連絡取りにくくなったからね。

結果、皆んなが悲しんだだけで終わったという。

もちろんそのコミュニティは二つとも1年で崩壊しましたよ。

*中心にいるその先輩か俺が抜けて、なんとなく元に戻らない感じ。ちなみに問題が起きたのは別のコミュニティ。

それ以来、大事な人間関係には女の子を入れないようにしようと誓った。

*俺の場合。向こうの絡みで女の子がいても問題なし。

その場合、向こうの女の子とは受け身でしか会話をしないと割り切った。

…という例もある。

普通に「恋愛を楽しんでる人」は本気で羨ましいね。

筆者のはモテるとは「微妙に違う」が、コミュニティのトラブルは色々な形がありますよっと。

 

3、極近いタイプの知り合いがいる

その人はまあ「自然に気を使う人」で、とてもモテる人です。

*ある程度意図的でもあるが、それにしてもそこまで気が回るか!というレベル。

…が、密氏と違って「裏でコントロールする」事が「苦手なタイプ」でした。

この「裏でコントロール」というのは、要は「自分が望む方向に人をコントロールするやり方」です。

これを出来ないと、人間関係で疲れちゃう(相手も自分も)んですよね。

「やりたくない事」や「したくない事」を言えない、逆に「やりたい事」や「したい事」の要求を通せないor通し辛くなると、どうしてもストレスを抱えます。

いつ如何なる時も、受け手が裏の要求に気付ければ良いんですが、ここで裏読みに気を使いすぎると相手も疲れてしまう。

*私の気持ちを分かって!というのが代表的なそれ。そうなる前に「言えよ!」ってのが男側100%の意見。

そこに100%もれなく気付くのって、相当難しいんですよね。

凄え女経験積んだ40代とかであれば全部見切れるのかもしれないが、ちゃんと要求を通してもらった方が、やりやすいし楽になる(お互い)んですよね。

しかも個人同士だけじゃなくグループであっても、同じように意見を通せば皆んながやりやすいし、楽になるんですよ。

事実、何回かフォローしたら、グループで簡単にその人の意見が通ったし。

しかもほぼ満場一致。

周りからそのくらいの信頼を得ていて、自身の知力が高い事に気付いて欲しい。

そんなこんなな結果、超モテるのに「あまり幸せそうじゃない」という。

まあガチで仕事が忙しいし、裏では上手くやってるのかもしれないが、遊び相手には困らなくても、ガチ相手には上手く立ち回れてないように見える。

…余計なお世話ですね。

上のサイト(密の国)見せてーなー。

でも筆者から紹介したら、普通に引きそうなんだよなー。

全部了解済みで俺らにだけ「見せてない」のか、本当にそうなのか?の判断がつかねえんだよね。

「〇〇さん、女の子見る目ないから苦労するよー」とか言われたらどうする?(笑)

…実際に言われたら面白いから、知らせても良さそうだわ(笑)

*ちなみに冒頭のリンク先の管理人「密」氏は、結婚していて「夫最高」と公言している、今現在「超幸せな人」です。

 

◾︎知能との関連

下田美咲

http://ameblo.jp/shimodamisaki/

とかもそうなんですが、「相手をコントロール出来るレベルの知能」を持ってる人ってのは…要は「読ませる力」も「見せる力」もあるので、どこ行っても結果を出すという。

しかもその上で、何でか知りませんが「心理系の本を研究してる」んですよね。

元々が「モテる」上に、魅せ方や対応を学んで強化してる訳で、皆様自分の「強み」を知りすぎ。

何もしなくてもトップ10%入り確実な容姿して経験豊富なのに、それをさらに研鑽しているのが凄え。

橘玲氏が言っていた「好きな事は、社会性の中で磨かれる」が思い出されます。

「子供が子供達の中で目立つためには、得意な事を好きになる事が合理的」。

要は、ジャイアンが勉強を頑張るよりも、野球で目立つほうがずっと簡単で効率的だし、出木杉くんが野球を頑張るよりも、勉強で目立つ方がずっと簡単だという事です。

つまり「結果が出た事が好きになる」。

思春期に入ってからずっとモテていて、「見た目」や「性格」が強みと気付いた二人(密、下田美咲)が、そっちの方向で特化している。

イケハヤもソシャ系の研究(仕事)をしてるうちに「ブログにたどり着いた」というように、「強みと噛み合ってる」業界ってのは、早いうちに結果が出るようです。

ちきりんがいう「14歳天才説」。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/touch/20130415

つまり、この時点で「強みだったモノ」というのは、後々まで稼ぐ手段になるレベルのモノになり得るという事。

知能が高く結果を出してる人達は、早いうちから「自分を分かっている」。

鶏が先か卵が先かですけどね。

知能が高いから「結果が出る」のか、自分の「それ」を押し上げる努力したから知能が上がったのか?

とにかく、現在「素晴らしい結果を出してる」という事だけは確かですね。

 

◾︎まとめ

男女共、「密の国」

http://blissfulness.hatenablog.com/

を「見て損はしない」よ。

例えとして適切かは分からないが、橘玲氏がいう「自由とは掴むモノではない。突然連れ去られる場所だ」という。

「性的なモノ」も「それらに付随するモノ」もある年齢を境に「突然そこに連れて行かれる」という意味では共通しています。

前向きに上手く対応出来る奴は楽しい人生を過ごせるし、痛みを伴う経験を連続で喰らって、楽しむ事が出来ずに心が折れる人もいる。

人間関係は「永遠の課題」と言います。

そしてまた、「人生の幸せに直結するモノ」とも言われます。

その中で今「信頼できる人が側にいる幸せ」を享受出来る人は、隣の人に感謝しましょう♪

逆にそういう人が今いない人は、「自分のせいだ」という事が密氏のサイトを見れば良く分かります。

「相手をよく見て」「相手が気持ち良く過ごせるように寄り添う」。

ここまでは、どのブログでも書いてある事です。

そこから、相手が不快にならない範囲で「自分の要求を通す」「相手をコントロールする」という、非常に重要な事が書いてあるのは、ここだけです。

これが出来れば、大事にされないセック◯で困ったり、相手がいなくて困るという事は無くなる。

超基本の「人の顔を見て喋ろう」を徹底しましょう。

「相手の気持ちを知ろうとする事」

そこからがスタートする事が、結果的に最短の道になりそうです♪

 

 

 

 

 

◾︎後書き

もし密氏が「男だったら」、ここまで困ることは無かった可能性も。

そこまで言うほどモテるなら、女の子を上手くコントロールしてやりたい放題やる事は。も可能だし、本当に信頼出来る女の子を見つけるのも簡単。

仕事で疲れてキツイ時に癒しを求める相手にも困らない(本命に負担をかけずに)し、本業でも結果が出ます。

出来る男が女好きが多いのは「ストレス解消になるから」です。

抱く女の子に困らない事によってストレスを解消して耐性が上がり、モテない人よりも集中して仕事に取りかかれる。

ついでに色んな女の子を抱く事によって自信がつき、その経験によってコミュ力が上がり、様々な場所に顔を出す事が出来ます。

その中で「本当に性格が良い女」と出会ったら、女遊びを卒業すればいい。

一度好循環で回れば、モテない男よりも、モテる男のほうが、プライベートも仕事も順調に回る。

遊んできたのに良い女を選べるとか人生は理不尽すぎ。

遊んでる女が良い男を捕まえるのと同じだね。


そして、男女の違いで決定的なのが「女は「綺麗な女に厳しい」」事です。

http://logmi.jp/154297

*ログミーのメンタリストDAIGOの記事。原典にあたるよりも面白いので、こっちを貼る。

イケメンは同性、異性共に好かれるのに対し、キレイな人は異性からは好かれるが、同性からは妬まれます。

「顔が良い」とは、パーツの配置もさる事ながら、「左右対称である事」が重要だとされます。

あと「肌質」。

年齢の判断は肌質でされるという事が、上記のリンク先で語られます。

女の子で顔が良くて賢い人ってのは「有利とは言い切れない」ようです。

イケメンは全てで得をするが、美人はそうでもないというのは藤沢数希氏も指摘していたし、社会的実験においても証明されているという。

あ、ちなみにイケメンや美人は3日で飽きないし、性格がいい統計があるそうです。

http://logmi.jp/154179?pg=2

*同じくログミーのDAIGOリンク。

ピグマリオン効果という…平たく言えば「人から期待されると伸びる」という効果があって、その恩恵を思い切り享受出来るのが、イケメンや美人であると。

見た目が良く、性格がいい。

そのため社会的な繋がりにも困る事はなく、精神的にも非常に安定している、という。

理想的ですね♪

 

…さて、では筆者はそろそろ恋愛市場に戻りますかね。

「女の子と遊べて楽しい」よりも、上手くバランス取るのが辛くて全然楽しくねーわ。

早く市場から卒業してー。

ただすら楽しい恋愛に出会ってみたいもんです。

学生ん時に楽しくラブラブセック◯して幸せな時間を過ごして、異性に苦手意識がない人!

貴方は勝ち組です♪

そのまま異性を楽しませる人「楽な人」でいてください。

 

色々調べて経験積んで、そっち側に行けるように頑張るしかないね。

20代で気付ければ良かったなー。

出遅れたぶん市場にモテる人は残ってないけど、身の丈に合った売れ残りの女の子で充分だわ。

 

という事で、癒し合える人を頑張って探しましょう♪

もう既にいる人は、大事にして下さいね♪