読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

年末の自己満足なチラ裏。好きな子って転校するよね?

 

年末にザ・無駄話し!

いってみよ〜♪

 

◾︎初の両想い

早ええやつは幼稚園とかいうこれ。

それは小学生でやってきました。

 

クラス変えが無く、特に面白い事もなかった小学校1〜2年。

学校には馴染めているとは言い難く、かと言って別にイジメられるタイプでもなく、ただすらつまんねえと思っていました。

反面、近所に血は繋がってないが「兄貴」と呼べる人がいて、それはもう毎日のように後をついて遊んでもらってました。

…で、小学校3年で転機来たる!

何処行っても人の中心となる友人と遊んだり、その後の長い腐れ縁となるやつが転校してきたりという、「人生の転機」ともいえる一年の中に「その子」はいました。

 

◾︎これと言ったキッカケは「ない」

単純に隣の席だったので、もう至って普通に話しかけて交流がスタート。

暇があれば喋ってて、家の事とか、授業の事とか、遊びの事をずっと喋ってました。

放課後ちょっと残ったりして話したのもあったね。

小学校でありがちな「仲がいいからイジワルする」とかも一切なく、ただ単純に「話してて楽しい」という、稀有な存在でした。

あんなに学校行くのが楽しかったのは、この1年間と専門学校の1年間だけだったよ。

 

◾︎からの

そんな、たわいもない話しが最高に楽しいという、夢のような3ヶ月を過ごしていたある日の事。

…突然の転校。

「言わなかった」んだろうね。

…ドラマかっつうね。

しかしながら、その衝撃は筆舌に尽し難い。

マジでドラマ並み。

生き別れ系のドラマ(映画)は、現在でもあまり見たくない。

キツさを想像してしまうから。*筆者は映画をほぼ見ない。

比喩なくマジで「あの子を思い出すと苦しい」という経験をしました。

だって「もう二度と会えない」んだよ?

いやキツかった〜。

1ヶ月くらい続いたね。

後にも先にも、これだけ後を引きずる衝撃を受けたのは、この時が最後でした。

「失う痛み」ってのは、想像以上にヤバい。

しかも絶頂期だからね。

…連絡とればいいって?

当時「家の電話しかない」時代です。

担任の先生に番号を聞くしかないが、理由をハッキリと伝えられない(大好きな子だから連絡先教えて、とは言えない)、チキンっぷりで終了。

もうどうしていいか分かんない。

一度イエローページをマジでめくったからね。

載ってなかったよ。

 

◾︎そして

恋愛ネタはここで終わりだが、その年の得難い出会いはまた続いた。

後の親友レベルの付き合いとなる男が、入れ替わりにやってきた。

転校3日目ぐらいに普通に話しかけて、普通に遊び始めて、気付けば1週間のうち3日以上はそいつと遊んでたという。

改めて凄い年だったわ。

 

◾︎まとめ

最近、年のせいか色々思い出すなー。

本当に「合う女の子」って、プラトニックでも全然楽しいんだよね。

おかげで女の子のOKサインを見逃して気まずくなったのが、結構ある。

 

皆様の「初恋」はどうでしたか?

想いを遂げて結ばれる幸せを享受した方もいれば、ボロ雑巾にされてキツかったという人まで、色々いらっしゃるのではないかと思います。

人生色々あれど、現在出来る事をしていれば、「後の思い出」となります。

 

良かった事も悪かった事も、「この日のための経験だった」と思える出会いや経験をしたいですね♪

 

皆様にとって、良き2017年になります事をお祈りしまして、今年を締めくくりたいと思います。

 

2016年、ありがとうございました♪