読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

マイナス思考の時の方が、文章作成が捗る件。

 

芸術家って、幸せじゃない人が多いよね的な?

 

人によるんだろうが、「プラス思考の時」より、「マイナス思考の時」の方が文章が書きやすい理由を書いておこうと思う。

 

◾︎プラス思考の時

例えば、友人とバスケで遊んでメシ食ってきたのがめっちゃ面白かったとしよう。

必然的に、あのプレーが良かった、この絡みが面白かったとかになる。

それは「読者に伝わらない」ですし、SNSで写真を出しても「単なるリア充自慢なやつ」です。

つか、写真なんて普通に遊んでるだけで撮る事はないし、「なんらかの意図」がなければ他人に見せるものでもありません。

「楽しく過ごした何か」を読者がメリットある形で出すには、「工夫」が必要になります。

このブログだと「NMAX125のツーリング後記」はそれにあたります。

そういうのって滅多にないんだよね。

 

◾︎マイナス思考

そもそもが「何か問題がある」から、マイナス思考になる訳です。

仕事がない、上手くいかない、異性が出来ない、上手くいかない、気分が良くない、生活が上手く回らないなど、人間生きてりゃなんぼでも出てきます。

 

つまり、こっちの方が「共感しやすい」んですよね。

金にも女にも困らなくて、家族があって時間があって生活を楽しく過ごしてる強者はそう多くない。

 

筆者の文章力と、実際の部分はぶっちゃけないスタイルだと「共感は集まってこない」ですが、身を切る表現をしている人達は、割りと楽しんでいる人達が多いです。

個人ブログなら、身を切って「共感を呼ぶスタイル」を目指すと良いです。

人の輪も広がる可能性がありますし。

10年後には無くなってるジャンルですけどね。

 

◾︎筆者が身を切らない理由

2ちゃんとかニコ生とかYouTubeとかYahoo!のコメント見りゃ分かるでしょう?

単純に「メンドくさい」し、他人をそこまで「信用してない」。

ブログを通じて人の輪を広げたり、自分と同じ趣味の人や、気になった人と絡んでみたいというのはありますが、誰とでも絡みたいという欲求はありません。

 

実業として何かをやっていく上でメリットがあれば、プライバシーを出す事はあるかもしれないが、それ以外で無駄に身を切るのは、個人的にはデメリットが際立ちます。

 

◾︎まとめ

本当に好きな趣味の話しだったりとか、ガチで取り組んでる仕事の話しなんかはプラス思考で書けるが、どうでもいい日々の生活の中で起こる事は、マイナス思考のモノの方が文章に出来ます。

 

毎日生きててそんなに楽しくないしね〜。

このブログも全然人に読まれてないから、甘えたまんま好き勝手書けるし。

*ここまで読んでくれた方、すいません。

 

文章を紡いでって思考整理していくと、自分の文章でテンションが下がっていくのが分かるんだよね。

何かが噛み合ってないんだろうなー。

 

逆に、生活が上手く回ってる時は文章を書く気が起きないという。

…向いてないのかもしれんね。

 

文章を書いていて「元気になる」という人は、ぜひその方法のまま突き進んでくださいませ♪