読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

葬式でなんて思って欲しいか?

 

メメントモリとか「7つの習慣」とかで言われてるこれ。

結論をいう前に、まずやってみよう。

 

◾︎素直な人は得をする

7つの習慣で言われてるのは、主にこの辺。

1、三年後の自分の葬式を想像しなさい。

祭壇には自分の写真、会場には自分のために集まった人々
2、その人たちに自分の人生について何と言ってほしいか
3、どういう人だったと言ってほしいか
4、自分の人格のどこを見てほしかったか

5、どういう貢献や業績を見てほしかったか

です。

想像してみよう。

あなたの「やりきった3年間」の最期の時です。

後悔しないように何をするか?

どうしたいのか?

 

…考えた?

じゃあ、筆者の解答を、下に書くよ。

⚫︎筆者のを叩き台に

1、3年後の会場

確実に来てくれそうなのは、総勢10人前後。

自分が送られる側の場合、死んだやつに金使うのは勿体無いので、派手な葬式はいらないし、香典も最小限でいい。

*送る側だとちゃんとやりたい。

 

こじんまりしたのちょこっとか、葬儀自体やらなくていい。

 

2、自分の人生について

「ずっと遊んでたみたいだったな」で。

懸命に泥臭く仕事をしているけどそんな感じしなくて、いつも楽しそうに忙しいけど、家族や子供とも遊んでる感じが良い。

外からは「余裕がありそうに見える」くらいが丁度いいので、そう出来るくらい充実した仕事と生活を実現したい。

 

3、どういう人だったと言って欲しいか?

一緒にいて面白いやつだった」と言って欲しい。

俺と共有した時間が「面白かった(楽しかった)」ってのが、最上級の褒め言葉。

仕事の金銭的なメリットとか、作品の世間的評価じゃなくて、「俺自身」を見てくれた人に来て欲しい。

 

4、自分の人格

どうとでも。

 

5、貢献や業績

楽しいことの提供。

貢献は「一緒にいて楽しい」事。

業績は「生活をより楽しくする何か?」を実現出来たら、それを褒めて欲しい。

 

◾︎上手く使える人、使えない人

成し遂げたい野望がある!とか、強烈な承認欲求がある!とか、何かしらのモノを引っ張り出せる人は、このワークが意味のあるモノになります。

 

 逆にこれで「出せない人」は、まだ「整理が終わってない」可能性が高いです。

なんの整理が終わっていないか?

「自分が気持ち良いと感じる出来事の」です。

大概は、この延長線上に「やりたい事」や「目標」があり、それがそのまま「思って欲しいイメージ」に重なります。

まずは生活の中の「気持ち良い出来事」に注目してみて下さい。

 

◾︎まとめ

クリティカルシンキングは「自分が気持ち良い事」です。

葬式で思われたいのは、日常生活でも思われたい事であって、それを芯から理解するのは、このワークだけではありません。

とりあえず、これをやってみて、しっくりくるのが出るか確認しましょう。

出なかったら他で。

心理テスト系統なんて「こんなもん」なので、頼りすぎるのもやめましょう。

軽い気持ちで「葬式でなんて思って欲しいか?」を考えてみて下さい♪