読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

皆んな練ってるよね。

 

1記事2000〜4000文字、執筆時間1時間〜4時間の筆者が通りますよっと。

 

一部の超天才を除き、一般的にヒットする記事作成方法って変わらないっぽいんで、超軽く書く。

 

◾︎深さ

結論から言うわ。

どんだけ「それに通じているか?」だけです。

通じているというのは、「好きで調べてきた」「その職業だった」「最新の物をいち早く使った」などです。

 

◾︎文章力

「いらない」

もうね。これを勘違いしてる人多すぎ。

「相手に伝えようとすれば伝わる」んです。

外人と会話する時に、身振り手振りで何とかなったりするじゃん?

言葉が足りない部分は、動画を貼ったり、文が上手い人のを引用してきたりすればいいだけで、それに「自分の意見」を乗せて伝えようとすれば伝わるのね。

だから、無理して新しい事を色々しようとするより、「今までの何か」から引っ張ってきた方が上手くいく。

 

◾︎PVが伸びる記事の書き方

1、調べる

このブログでは2記事が50%以上を叩き出してます。

その2記事は「ずっと欲しくてめっちゃ調べていたモノ」と「色々試行錯誤したモノ」です。

要は「深く調べて書いた記事」でした。

どれくらい調べたかってーと、ほぼ1ヶ月。

これくらいの手間をかけたのって、あんまりないんだよね。

トップ5の記事はすべからく「ちゃんと調べたもの」です。

*最短でも1週間。もしくはずっと使っていた。

…1つだけ、はてブに載ってブーストかかる事がありますが、他は「知識量=PV」です。

 

2、熟したもの

音楽がずっと好きで〜とかって人は、もはや「調べる」とかいうレベルにない事が多いです。

昔の〇〇と比べて〜とか、音楽の変換の歴史はこんなんで〜とか、勝手に「独自の考察」ってのが出てきます。

別に事実じゃなくても、的が外れててもいいんですわ。

その「考察が面白い」んだから。

同様に、ずっと「バイク好き」とか、ずっと「iPhoneを使ってる」とかでも、面白い記事が書けるんですよね。

自分の中で「何年も好きなもの」ってのは、自然体で語れば魅力が溢れます。

 

3、あんまり出来ない体験

バイクツーリングの記事とか、旅行記とか。

ツーリングは「そのバイクで」「何処に行ったか?」って2つが乗っかるから需要が大きい。

バイクなんてポンポン買えるもんじゃないしね。

旅行記も、注意点を紹介したりだとか…ってのはイケハヤ氏が書いてたんでそれ読んで。

iPhone割っちゃったとか、珍しい時計買ったとか、ナンパしてたとか、発想次第で色々ある。

…っつっても、そっちを創出するために「ワザと色々やる」ってのは、自分の考え方次第。

ネット芸人目指してるならいいんじゃないかな?

 

◾︎総取りかどうか?

今んとこ、1週間ガッツリ調べた記事を書けば、そこそこのクオリティが担保されます。

…まあしかし、天才(同じ時間で最高効率を叩き出せる人)ってのはいるもんで、この人達がネットに入ってくると、「稼ぐ」という意味においては壊滅するでしょう。

しかしながら、そういう「出来る人」ってのは、軸足が「リアルにある=時間がない」ので、平気そうっちゃ平気そうなんだよね。

先の事を心配してもしょうがないね。

 

◾︎向き不向き

「記事を量産すべきか否か?」

個人的には、ヒットした記事を見ると「クオリティを上げる」方がいいです。

…がしかし、この辺は「その人の適性による」んでしょう。

常に何かをインプットして、常に何かを考えていて、常に何かの発想を出しているような、知識蓄積型のタイプは「記事を量産する方がいい」。

 

逆に、日々の楽しい事が最優先で、暗記なんかクソくらえ、足りない知識は柔軟性と発想力と勢いで何とかしてきたような筆者のようなタイプは「ちゃんと調べて書く」事によって、爆発的にクオリティが上がります。

…というより、調べないと「穴だらけ」になります。

「人に見られて恥ずかしくないクオリティ」にするために、調べる必要がある。

ペースは落ちるが「記事数に頼らない運用」が可能になります。

 

◾︎んじゃなんでこのブログでは量産してるのさ?

…練るのが面倒くさいんだよ。

その日の感情そのままに、思い付きで書き殴るのが楽しい。

*筆者のみが。

読者様が楽しむ事を考えたら、間違いなく練った方がいい。

これも「慣れ」なのかなー。

何日も引っ張って「考える」のって、アウトプットすんの面倒なんだよなー。

でもそっちのが結果出てるしなー…。

 

という事。

 

◾︎まとめ

「調べる」「練る」「人による」

とかく、成功してる人は「自然体」です。

モテる人間も「自然体」です。

結局、行き着くところに行き着くんだろうね。

 

色んな記事を書いてきたけど、俺の場合は「バイク」と「服関連」にしか需要がない。

これはずっと好きだったモノだし、それなりの経験も知識もあるんだよね。

あんまり「偶然」って感じもしないというか。

 

皆んなも無理をしないで「好きな事」を前面に出していくといいよ。

それがイコールになる確率が高い。

 

リラックスして続けていきましょ〜♪