お洒落をしてバイクに乗って遊ぼう♪

趣味のモノを特化型。楽しけりゃいいのさ♪

       

女の子にメンズコーディネートをしてもらう時の「注意点」。

 最近こういうサービスが隆盛を極めています。

「erande」

https://www.erande-tokyo.com/pc.php

 

しかしながら、美容室(女性美容師)や帽子屋でかなり痛い目にあい、ファッションでも全く着回しの利かない服をオススメされたりと、中々問題が多い「女絡みのファッション選び」。

この辺りの注意点をまとめておく。

 

◾︎好きなカラー問題

メンズファッションの鉄則は「モノトーン」です。

つまり「白、黒、グレー」。

要は「スーツ」もっと言えば、「学生服」。

まず「これを起点にして」揃えていくのが鉄則です。

⚫︎モノトーンコーデ

f:id:CurryS:20170320164924j:image

f:id:CurryS:20170320165308j:image

で、メンズ視点で「派手な格好」というと

f:id:CurryS:20170320165339j:image

 こういうのになります。

 

⚫︎女の子が好む色使い

有彩色です。

つまりモノトーン以外。

説明すんの面倒くせえから、画像を見てくれ

 

f:id:CurryS:20170320165454j:image

f:id:CurryS:20170320165516j:image

こういうの。

上の画像を「ワントーンコーデ」と言います。

つまり「同じ色合いでまとめたもの」です。

下の画像では小物〜コートをワントーンでまとめてます。

ワントーンコーデはそのまんまで、「それにしか使えない」のです。

 

◾︎モノトーン+一色という「鉄則」

要はこれでいい

f:id:CurryS:20170320170343j:image

わけ。

余計な色を入れ込まないで、モノトーンを基点に「何か一色を加える」。

 

⚫︎実際の例

コーディネートサービスを利用した実際の画像がこれ

f:id:CurryS:20170320171346p:image

*LIG様

分かるかな?

「茶系のコーデ」になってるんです。

これ、「全く応用が利かない」んです。

特に「濃い茶色の靴」と、「薄い茶色のパンツ」が最悪で、これなら「薄い茶色のブーツ」と「チノパン」の方が使い勝手がいいです。

こういうの

f:id:CurryS:20170320171907j:image

とか

f:id:CurryS:20170320171919j:image

とかです。

 

erandeを使った実例では

f:id:CurryS:20170320172121p:image

左が利用者。右がコーディネーター。

ジャーニーとモアイとめがね 様

http://www.megaya.net/entry/2016/02/23/180452

 

これもインナーが白黒グレーのどれかなら全く問題がないのですが、このインナーでは「着回しが利かない」です。

 

要は、こんなの

f:id:CurryS:20170320172328j:image

とか

こんなの

f:id:CurryS:20170320172353j:image

であれば、ジーンズは何にでも使えるし、インナーはアウターが何色であろうと(上下の二枚の画像のように)使えるのです。

アウターは着回しが利きにくいのは同じです。

 

逆にコーディネーター(画像右)の方が、インナー全て黒+アウターがキャメルの組み合わせなので、何にでも応用が効きます。

 

◾︎つまり、だ

コーディネートサービスを利用しようってやつが、こんなん

f:id:CurryS:20170320170632j:image

とか、

こんなの

f:id:CurryS:20170320170646j:image

とか、ハイレベルなモノを作ろうとは思わないだろ?

上の写真は紺のチノパンでバランスとってるし、下の写真はオリーブのチノパンでさらなる爽やかさを加算してるんだが、この色使いは難しすぎ。

つかね、ここまでやらなくても「全然モテる」のよ。

 

⚫︎直近で一番女の視線を感じた格好

f:id:CurryS:20170320170844j:image

これです。

こういうので良いんです。

 

⚫︎女の子は「有彩色が好き」だが、男に求めるモノが同じとは限らない

女の子って基本的に「自分のことが分かってない」んです。

「スーツに萌える」ってのは「全女子が言う」のに、私服だけは違うなんて事があり得るか?

そう。私服も基本的に「スーツのように作る」のが、最も女ウケがいい格好なんです。

しかしながら、女の意見を真に受けると

f:id:CurryS:20170320173129p:image

こうなる。

*モデルは、あと髪型だけ整えれば充分にカッコいいレベル。

 

しかしながら、女が求めているのは

f:id:CurryS:20170320173713j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173721j:image

とか、

f:id:CurryS:20170320173735j:image

なんです。

 

仮に本気で合わせにいくならば、

f:id:CurryS:20170320173904j:image

や、

f:id:CurryS:20170320173915j:image

 になりますが、上述の通り「応用が利かない」のでご注意下さい。

 

◾︎まとめ

女にモテたいなら「女に聞かない方がいい」です。

モテる方法で有名な「ディスる」という技術があります。

要は「イジる」って事なんですが、これを女の子に直接尋ねたところで、「強めにイジって欲しい」なんて言うと思う?

 

服も同じで、わざわざメンズのコーディネートを詳細に調べて作るって事はまずなくて、「レディースの範囲内から、メンズのイメージのモノを引っ張ってくる」って感じになります。

そうすると「ズレが出る」んですよ。

カッコいいけど…なんか違う。

であれば、百戦錬磨のユナイテッドアローズで、「自分がカッコいいと思った店員にお願いする」方が得です。

余計な金もかからず、しかも次に行った時もまたアドバイスがもらえるというオマケ付き。

「お洒落で可愛い女の子と一緒に買い物に行きたい」ってのが目当てでサービスを利用するならアリですが、普通にお洒落になりたいなら悪手ですのでご了承下さい。

 

あと、絶対に「対面で買えるサービス」の方がいいです。

理由は簡単で「サイズが分からないから」。

メンズファッション…特にキレイめコーデは「サイズ感が命」です。

筆者のサイズは「M.L」つまり、「Mじゃ小せえがLだと大きい」ってのが頻繁に起こる体格なので、実際に試着しないと分からない。

それと同じ様な事が「絶対に起きます」。

この手のサービスを利用しようという方は、まず自分の適性サイズが「分かってない」場合が多いです。

*普通の人は、大体が大きめで着ている。

なので、口頭で伝えると、ズレが出る可能性が高いです。

「必ず」、実際に着て選ぶようにしましょう。

 

「お洒落」ってだけで、無駄に格上の扱いをされます。

ぜひ皆様も「そういう体験」をしましょう!

 

キレイめは「ユナイテッドアローズ」、もうちょいカジュアルなら「シップス」、もう少しエロ目に決めたいなら「ジャーナルスタンダード」、金がないなら「ナノユニバース」に行けば、「簡単にお洒落になれます」。

 

買うときの注意点は「全てを受け入れる事」。

何となく「これ嫌い」とか「あれ嫌い」とか言ってはダメです。

店員を神だと思って、騙されて下さい。

本当に気に入らなきゃ返品出来るので大丈夫です。

 

何か言うなら、せめて「これが良い」と言いましょう。

それなら問題ないです。

 

店舗に突っ込んでいくのが、最短かつ最高の結果が出せる方法です。

 

では、素晴らしいファッションライフをご堪能下さい♪