読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

後悔してる事リスト

再びチラ裏。

なんでわざわざ公開する必要があるのかっていうと、ここで書いた後だと「人に話せるようになる」のね。

 

人の顰蹙を買うクズ案件なら墓場まで持ってくが、逆の意味でのクズ案件だから、晒しても問題ない。

 

▪️女絡み

もっと「オープンに」してれば良かった。

小学生三年の時に転校しちゃった、凄く仲が良かった(おそらく両思いだった)女の子に、ちゃんと想いを伝えておけば良かったという細かいモノから、「セックスしたい」というアピールまで、様々なモノがひっ包まってるのがこれ。

明確に拗らしたのは「高校生」。

もう女に触りたくてしょうがないのを抑圧してたら、マイナス思考に向かっていった。

んで、童貞のまま18を越え、好きだっつってくれた女の子がいた(2人)のを、どうしていいか分からずに逃し、付き合ってなかったけど相手の家に遊びにいった流れから「眠い」っつってくれた子を見事にスルーして現在に至る。

純粋に分かんなかったってのもあるけど、原因はそれじゃない。

拗らした故の「セックスに対する抵抗感」。

ガチガチになったこの気持ちをそのままぶつけて良いのか?と自問自答したんだが、おそらく「それで良かった」。

あん時に幸せセックス出来てたら、すげえ女好きになれたんだろうなーと。

「あの瞬間の選択」は、今の今まで影響を及ぼしている。

そして副次効果がさらに派生し、その敗北の経験(20歳越えで童貞)のおかげで、友人に「女の子紹介して」と「恥ずかしくて言えない」。

恥ずかしいってのは「人より劣ってる」って意味で、です。

周りの皆んなはもう女の子と上手くやってるし、女関連は俺だけ取り残された(と感じただけなんだが)形になって、でも言い出せないし、そういう話を友達としないから情報も入ってこない。

浴衣の彼女と花火行ってとか、夏祭り行ってとか聞くと、身体がネジ切れるくらい羨ましかったし、そういう話を聞くのが辛すぎたのもある。

でももしそこで、正直になって「マジお前超羨ましいんだけど!どうやって彼女作ったの?」って聞いてれば、また違った選択肢があったんだね〜。

そんなこんなしてたら、23歳でパニック障害が発生して、女関連の興味も薄れ(精神病は性欲が低下する)ると同時に、「それどころじゃない」状態が続いた結果、「33歳童貞、女と付き合った経験なし(仮っぽい期間はあるが)」という、超低スペックが完成。

そして、精神病復活の兆しと同時に、女の子への興味が返ってきた。

もう逃げない。

「女の子と遊びたい」

「女の子に触りたい」

「女の子とイチャつきたい」

「女の子とセックスしたい」

これはもう隠さずに発信していく。

ネットでもリアルでも。

堂々と女好き宣言(と童貞だという事も)をし、正面から女の子を口説くメンタルに向かっていく。

 

なもんで、若い奴は「正直になる」事がオススメ♪

男なんだから、女と絡みたいのは当たり前だよね。

これを受けれるのに時間がかかったよ。

 

間に合うと良いなあ。

 

▪️就活

専門学校を辞めた直後に、「もう勉強したくない!」という思いがMAXだった俺は、契約社員で勉強せずに入れて中途採用があった「ヤマト運輸」に行こうとしました。

クルマも欲しかったし、遊ぶ金も欲しかったし。

だがしかし、親からストップがかかります。

曰く「ちゃんとした企業に就職しろ」。

当時まだ22歳だったし「第二新卒」とか言われ始めた時期だったし、確かにこれは理にかなった選択肢ではありました。

しかしながら、筆者はもう「勉強したくない」。

中学一年生からもう「詰め込み教育が嫌い」だった筆者にとって、これ以上「覚える」という行為をしたくなかった。

前に書いた記事「本当に頭がいいとは?」でも書いた通り、筆者は人によく「頭がいい」と言われるんですが、とにかく「暗記が大嫌い」です。

本を読むのも嫌いでした。

*今は「考え方」と「表現」が手に入るので、本を読むのが楽しくなった。

おかげで学校の成績はボロボロ(オール2前後)でしたが、反面、底辺校に入って人生の楽しみを知ったというのはある。

そんななので、世間一般の基準に直すと「底辺校出身の専門学校を辞めたクズ」な訳です。

無論、就職先もなく…というか、「親が望むレベルの就職先がない」。

親に対してのマイナスがなければ、間違いなくヤマトにそのまま就職してたのよ。

だけど、専門辞めたって引け目があって、これ以上無碍にも出来ないじゃない。

しかしながら、ヤマトに入ってれば、それなりに楽しい人生を歩んでたと思う。*今頃激務でヤバいことになってるだろうけど。

クルマ買って、旅行行って、それなりに金もあって好きな事が出来ただろう。

しかしながら、そうはならなかった。

そして、人生の目的がなくなって、就職までの繋ぎのバイトで日々を塗りつぶしていた翌年にパニック障害発病。

とてもじゃないが「長時間働けない」よ。

でもしょうがないから短時間のバイトだけは続けて、ほんと「毎日生きてるだけで大変」という日々を8年間続けた結果、人生が軽く詰んだ。

あの時に、反対を押し切って就職していれば、少なくとも今こうやって文章を書いて未来を案じ続けているよりは、よっぽど幸せだっただろうと思う。

専門学校を辞めたのは「自分の決断」だから、金を出してくれた親や祖父母に申し訳ないとは思うけど、後悔はしてないんだよね。

「あっもう勉強は無理だ」と「確信した」のがここ。

凄え好きだったクルマ系の学校にいったにも関わらず、もう勉強が嫌で嫌でしょうがなくて、「早く働きたい」とずっと思ってたからね。

まあとにかく、どこで働くかを「自分で決断しなかった」事を後悔している。

 

働く場所は「自分で決めよう」。

自分で決断したなら、後悔も責任も「自分にある」ので、結果がどうなろうとも受け止められる。

人に流されて「選択させられた」状況になると、「あの時にこうしていれば…」という「想い」をずっと引きずる事になります。

「やりたい事はやろう」

「誰に何を言われようとも」

それが「あなたの幸せ」に直結しています。

 

▪️総じて

この二つ以外に関しては、後悔はありません。

仲間にも恵まれた(パニック障害で失ったが)し、遊びたかった事も全てやった(女以外)し、23歳まではこれ以上ない日々を過ごせました。

その後に面白い後輩と何人も出会ったけど、その出会いを残せなかったのは悔いが残っているが。

パニック障害で失った10年間は非常に大きく、どんなに悔いても悔いきれない(周りの皆んなは生活のステージが上がった)けど、受け入れて乗り越えるしかない。

 

これからマジで2回目の人生がスタートする。

今度こそ「全てを拒否しない」で「日々笑って過ごせる生活」を取り戻す。

*害を及ぼすモノ(メンヘラとか、他人を尊重できない人)は拒否するけどね。

世界を変えようとも、皆んなの生活を良くしようとも思わないが、「俺と絡んだ人を楽しくする事はできる」。

後は動いてくうちになんか面白い事があるだろう。

 

皆んなは、後悔してる事はありますか?

書くと整理されるしスッキリするぞ。

読者が多い人は、何かアドバイスがもらえるかもね。

たまには「恥を晒してみよう」。

どうせ「誰も見ていない」んだから、書いてみよう。

 

さあ緩く頑張りますかね〜♪