読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

LOVE理論が面白い(文章的に)。

もはや個人のメモ帳と化したこのブログ。

 

夜に寂しくて死にそうだったから、水野敬也氏の「LOVE理論」を読んでたら、クソ名作だったというお話し。

 

▪️悲劇&喜劇と文章の面白さ

とにかく文章が面白い。

男子校出身のノリ。

絶妙にバイオレンスで、かつ軽い、そしてちょい自虐的な語りは非常に面白い。

*男子校、或いはそれに近い状態で学生時代を過ごした人は、間違いなく楽しめる。

モテるかモテないか?で言えば「モテない思考からスタートしてる」本であり、そこが逆に見やすい本になっていたりします。

 

大学生以降のエピソードは「壮絶」。

とは言え、女の子絡みを一緒に楽しめる「報告出来る友達がいた」のが羨ましくてしょうがない。

辛いけど、最高に楽しかったんだろうな〜。

筆者は誰にも相談しなかったし、出来なかった(プライド的な方)んで、最悪な結果を迎えました。

 

同じように人に言えないやつに伝えたいのは、「女経験とか無くてもいい」んだよ。

友人に自慢されたら、今年中に追いつくからな!でいいのさ。

友達と一緒に「女欲しい!」っつって騒ぎ回って楽しめば、それが財産になります。

「あん時こお前のアシストで上手くいったよ」とかがあれば最高ですし、「失恋で慰めあった」とか、「笑いあった」などの経験は一生モノです。

筆者のように変に凝り固まって動けなくなって、女の子絡みの思い出が特にない、という方がよっぽど損失が大きいです。

*友人を慰めた記憶しかない。失恋は言い出せなくて自分1人で処理した。

 

異性関連はオープンに話し合おう。

 

▪️見所は面白さ

著者の「なりふり構わない姿勢」が凄く楽しく(ここが「男子校的」であり、男としては格落ちしてしまう)、性格の良さと「ほんわかした雰囲気」に引き込まれて、ページをめくる手が早くなっていきます。

実際にどうか?より、「小説として面白い」くらいの感覚で読めます。

 

▪️個人的には

恋愛工学がいう「種(男)としての魅力を最大にする」事が、「女を口説く最短の道である」という説の支持者です。

つまり、「筋トレ」と「栄養」「オナ禁」を土台とした「野郎としての魅力」を作り上げ、真っ向勝負で「女の子を落としに行く」。

んで、断られたら次行きゃ良いじゃんと。

それを繰り返してれば、いつか抱ける女に当たるから、という。

*もちろん体系化された方法が様々あって、上のようなパワー系理論ではないんですが、「本能」に言及しているのは恋愛工学の凄いところ。

 

筆者は精神病克服のために運動をスタートして、どうせなら筋トレも、という事で半年(運動は一年)経ちました。同時に亜鉛サプリとマルチビタミンプロテインを摂取しながら。

そしてタバコをやめ、酒は週2程度になった。

現在170cm体重66体脂肪14%で、オナニーは月に一回するかどうかで一年以上過ごしてますが、以前(一年前)よりも間違いなく「女の子が寄ってきます」。

しかも「若い女の子(〜22歳)」が。

調子こいて勘違いしたまま話しかけまくれば、偶発の当たりをひいて「1人くらいは間違いを起こせるんじゃないか?」と。

小手先の技術を詰める事も非常に重要ですが、「テストステロン値の高い魅力的な男から口説かれる」…つまり「そっち側」になるべく努力する事も同時にした方が、更に効果が上がるのではないかと思います。

 

自分も健康になって、口説いた女にも喜ばれるんなら、もはや損する事は何もなくね?

 

▪️漏れている重要な要素が2つ

LOVE理論には書いていないが、重要だと思う2つをご紹介します。

 

1、好意の5段階

嫌い→興味なし→普通→気になる人→好き

の段階の事です。

この段階は「絶対に一個ずつ進んでいかなければなりません」。

一足飛びで行くと「距離感がわからない痛い人」です。

セックスチャレンジは「気になる人以上で行う」のが基本。

1-1、嫌い

なんか「やっちまってる」場合。

ファーストコンタクトをしくじった(挨拶や振る舞いや声の大きさなどの言語外コミュニケーションに余裕がなくてキモい)り、清潔感がなかったりするとここ。

ある程度、見た目と振る舞いをコントロールしている人がここからスタートした場合は「向こうの勘違い」なので、取り返す事が可能。

無自覚にしくじったなら諦めろ。

 

1-2、興味なし

不快じゃないけど視界に映らない。

無害ポジション。

仕事上は、このポジションをキープするのが最も良かったりする。

 

1-3、普通

会うと挨拶し話す。

雑談や当たり障りない会話をまったりしよう。

余計な情報詮索や、突っ込んだ自己開示は引く。

もう少し信頼が出来るまで、つかず離れずいる。

 

1-4、気になる人

ここでようやくプライベートな会話に入っていきます。

適度に自己開示して話しやすい空気感を醸し出しながら、相手の深い趣向や考え方を聞き出して共感を示します。

…でね。ここを「共感」っつって勘違いしがちなんだけど、「腹割って話した事に共感してくれる」って、単純に「凄え嬉しい」じゃない?

そういう「話しを聞いてくれる重要性」ってのを理解した上で、「話を聞く」。

これが面倒くさけりゃ「深い話しは振らない方がいい」。

ノリを合わせて楽しい会話だけしてても大丈夫です。*年齢が近い場合のみ。

 

1-5、好き

どちらかというと「セックス後」にあたる。

セックス前からここに入るには「雰囲気が女の好みだった」、「テストステロン値の高さに惹かれた=子宮レベルで抱かれたいと思った」くらいかな。

ここでは「俺の事を好きでいていてくれる」という事に自信を持って、ブンブン振り回して遊びましょう。

行きたい場所、事、物、状況、タイミングなど、こっち発信で事を進めましょう。

会うの面倒だから2週間に1回にする、などの遊び人達のコントロールが秀逸。

ここで下手(したて)に出ると残念な形になるのは、色々なサイトで書いてあります。

 

で、「なぜ魅力を高めるべきなのか?」というと、テストステロン値高めで女とタイミングが合うと「気になる人」からスタートする場合がある事。

話しが早い。

 

2、モテる男の3G

「紳士(gentle)、ギャップ(gap)、強引(日本語w)」

の3種類です。

2-1、紳士

まんまですね。

女の子をリードする(気持ち的に)事が出来る。

つまり、上の好意の5段階で「何処にいるかを踏まえて行動出来る」という事。

最初は敬語からスタートして、少し遠い距離と話題で馴染む。

途中から名前を呼び捨てにして、距離を近くする。

イジったり、冗談を言って、タメ口に移行する。

プライベートな話題や価値観を聞いて賛同したり、意見交換したりする。

仕上げる。

これを「がっついてるように見せずに行う」事が、紳士たる由縁。

「手を出さない」とか「優しい」じゃないぞ。

「女の子に合わせる事が出来る」のが「紳士」

 

2-2、ギャップ

「ロールキャベツ男子」が最たる例。

涼やかなイケメンに、情熱的に迫られる的な。

厳ついやつが子供好きとか、「第一印象と逆のポイント」を持つ。

ヤンキー気質で中々なガタイなのに、あえて見た目をキレイめで揃えると、簡単なロールキャベツの出来上がりです。

 

2-3、強引

押し切り迫る「本能」と「知恵」。

デートのリードとか日程決めとかは「紳士寄り」。

メインは生殖時。

相反する無茶な要求。

本能のまま迫ってみて、拒否されたらチャレンジ。

正解は個々人によって異なる。

「貴女である理由」と「どれだけ魅力的か?」を伝えれば、いけるんじゃないかな。

 

▪️まとめ

この本での水野敬也氏の印象は、「最高の男友達」です。

あんまり、モテるモテないのトークを気にせずに一緒に飲みに行って、バカ話ししたいタイプ。

いうなれば、相当に頭のキレる「日村勇紀」系。

 

とにかく「温かい人」です。

  

このLOVE理論がハマるのは「丁寧で優しい人」です。

こちらは水野敬也氏のやり方…つまりこの本…を、真似てみるといい。

 

惜しむらくは「好意の5段階」と「モテる男の3G」がない事。

この2つは有用なので、ググって見ても損しないかと思います。

 

LOVE理論、久しぶりに「面白い本」だった。

冗談入れながら、軽い文体で綴るのって重要なんだね〜。

 

最後に、著者、水野敬也氏の名演説を贈る。

「この世の中には、キムタクよりお前の方がカッコいいと言う女が必ずいる」

醜形恐怖にまでなった著者が、大学生の時の彼女に「レオナルド・ディカプリオ(約20年前の全盛期)に似ている」と言われて感動で泣き崩れたというエピソードから出た言葉だ。

 

生まれた時からずっと女の子にモテていたら、あの感動は味わえただろうか?

この人生で感じる事の出来た多くの喜びは存在しなかっただろう。

生まれつき、人に誇れるルックスも、人が羨む才能も、何も持っていない。

しかしその「持っていない」という事実こそが世界からの贈り物なのだ。

 

信じられないか?

じゃあ、俺の言っている事が本当かどうか、今から確かめに行こうじゃないか。

 

さあ靴を履いて。

答えは扉の向こうにある。