読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

女が望む(男が考える)「余裕」の定義が曖昧すぎる。

 

いや、面白えなと思って。

結論としては「気にしなくていい」んじゃねえかなって。

 

◾︎モテる男の3G

1、ギャップ

ヤンキーが犬に優しい的な。

相手からの自己イメージを把握して逆をつく。

自由すぎる男が好きな女にだけ優しいとかもこれ。

普段強がりだけど、弱いとこ見せたりとかね。

要は、自分を偽らずに好き放題やってれば、ギャップは作れる。

 

2、強引

あれが楽しいから、あれをしよう。

これが楽しいからこれをしよう。

など。

本能に基づいて行動してれば、勝手に生まれるんで気にするな。

 

3、ジェントル

これ。

「余裕」とか「優しい」と訳される。

整理するために仮説を立てる。

 

◾︎余裕

前提として「「強引」と別れてる」所がミソ。

こっちの好き放題しながら、「相手に合わせる」という離れ業が「余裕」。

 

2種類の「余裕」

1、いつでもクロージング出来る余裕

要は「決め方を知ってる」という事。

大まかに、この店を使って(候補は複数店舗持つ)、このルーティーンで触って、このセリフで持ち帰り、的な。

最後がハッキリしてるから道中どうあっても良く、力を抜いて楽しむ事が出来る。

=余裕が出る。

 

2、最初っから相手の事を考えられるやつ

天然のモテ男がこれ。

性格が天然モテ男のやつは、1人の女と深くやっていける。

俺の友人で、全部好きな女とピンポイントで付き合ってきたやつら(複数いる)は、例外なく最初っから「相手の視点で物事が考えられる」やつら。

「優しい」上に「人を引っ張れる」し、「引っ張っり回される事も出来る」。

 

要は「相手と一緒に楽しむ事」に主眼を置いているため、余裕がある。

相手が楽しんでるかどうか?を見るには、相手の事を見る余裕と観察眼が必要であり、それすなわち「余裕」也。

 

◾︎どっちが向いてるか?

1、クロージング向け

セック○で頭がいっぱいで、クロージングの方法だけ知りたい人はこっち。

女の子は「人間」というより「機械」扱い。

何をどうすればセック○まで持っていけるか?

効率良いアプローチは?

方法論は?

知っておいて損はない…どころか「知らない方が損をする」ので、ナンパ師のクロージング方法を知る事は必須。

使い方をどうするか?という事。

 

2、ちゃんと人の事を考える人向け

女性を人間扱い出来る人向け。

寂しい時もあれば、浮気したい事もあったり、派手にやっちゃった事もあったり、まあ人間生きてればそういう事もあるよね的な。

相手を「そのまんま受け入れられる」度量。

逆を返せば「自分のそういう部分も認めてる」から出来る事でもあり、自分がやるかどうかはさておき「器がデカい」人。

 

◾︎勘違いしがちな事

基本的に俺ら「テストステロン濃いめの野郎ども」は、「雑」で「暴力的」で「自分勝手」です。

これを「封じ込めちまったやつ」はいないか?

違う。

お前のその特性を「全面に出す」んだ。

雑で暴力的に「自由に女を引っ張っていく」んだ。

逆に「芯から優しい男」は、その特性を存分に活かしつつ、最後にギャップを作るんだ。

お前のその「オス性」こそが、メスから見た「魅力」に直結する。

「お前のやりたい事」を消してしまってはダメなんだ。

その上で、丁寧さを「演出する」。

社会的な「馴染みやすさ」というか、基本的なコミュニケーション能力の事だな。

深く考える必要もない。

 

大人になったという後天的な「馴染みやすさ」と、10代の頃のような先天的な「暴力性」が相まった時に、お前の魅力が最大化される。

オスとして「譲れない部分」は色濃く残しておけ。

その代わり、不要なものは全て捨てよう。

アプローチをしまくる段階から「基本的な選択権は自分にある」と理解しよう。

 

◾︎まとめ

「余裕」とは「クロージングマスター」か、「最もその場を楽しんでる人」です。

 

その根元には「男の魅力」があるんだが、むしろこっちに注目する事が少ない。

「本来のお前の性格が出せない」なら、完全に無意味。

「ガワ」は後から整えよう。

「気持ち(本能)」が先。

 

その辺の凡人より、本能のままナンパしてるやつが魅力があるのは必然。

 

まずは「そういう気持ちがある」と認める所からスタートしよう。

そして「そっちの俺の方が魅力的である」という事も。

 

「やりたいようにやる方が魅力的」

これを忘れないようにしましょう♪

 

その時に始めて「余裕」が出ます♪