自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

酒もタバコも止めて、筋トレしてバスケットボールした結果。

 

20代のパフォーマンスに戻った。

*今年34歳

 

とりあえず、不健康な事は「最小限にする」のがいいよ。

 

◾︎改善効果

1、酒

1-1、身体の重さ

体重じゃなくて、寝起きの重さ。

動き出すまでの「気力の必要性」が全く違う。

あと「運動中のパフォーマンス」。

酒飲んだ翌日はあからさまに重い。

毎日練習してるプロならともかく、ど素人が稀にガチでやる運動の前日に飲むか飲まないかは、パフォーマンスに直結する。

楽しみな日の前日は、禁酒がオススメ。

1-2、睡眠

寝つきが良くなるが、睡眠が浅くなる。

というのも、医学的な意味と別に「物理的な意味」が存在する。

つまり「変な姿勢で寝てる」。

よって途中で起きる。

複合効果は意外とデカイ。

 

2、タバコ

運動に寝つきに精神的なモノにと、大車輪の活躍。

*マイナスの意味で。

百害どころか千害は存在する。

一利?「ストレス解消」。

でも、タバコに頼らなくても可能。

 

特に飲酒と複合で起きる「睡眠障害」は、マジでシャレにならん。

やる気を軒並み奪っていき、それ故にまた酒を飲み、鬼ループ。

酒+タバコありで日常生活してる人は、トップパフォーマンスの7割出てればいい方。

*記憶、気力、体力。

両方やめたからよく分かる。

昔の日本人が「30代はおっさん」って言ってたのは、おそらくこれのせい。

健全に生活してる30代は、全然イケる。

 

3、バスケットボール

俗に言う「運動」。

筆者は「ただ走るのが無理」な性格だったので、バスケになった。

タバコ+酒でなまった身体はハンパじゃなく、最初1ヶ月は「膝痛い」「息切れる」「身体は反応しない」と全てのパフォーマンスが40代並みに。

10年のブランクは引くなんてもんじゃなかった。

そして筋トレを始めた。

 

4、筋トレ

「効果はバツグンだ」

ジャンプ力「15cm増」。

シュート飛距離アップ。

切り返しスピードアップ。

などなど、ほぼ全てのパフォーマンスがあがる。

 

筋トレは「ホントに効く」。

スポーツやってる人は、騙されたと思って一度やってみてください。

 

 見た目も「とても良くなる」。

オススメ♪

 

◾︎食事

偏食の人にこそやって欲しいこれ。

「特定の食品はほぼ摂らない」なら、それをサプリで補ってみよう。

筆者が強烈に効果があったのが、「亜鉛」と「DHAEPA」。

筆者は寿司が嫌いという「生粋の生魚嫌い」。

焼き、煮魚こそ食えるが、頻度が低すぎ(月一程度)だった。

牡蠣なんてここ10年スパンで食った記憶がない。

故に「超効く」。

 

自分の摂ってる栄養素と相談して「明確に足りない」モノがあれば、ぜひ試してみて下さい。

 

◾︎まとめ

健康は「人生が変わる」。

とりあえず、上記のと朝方生活をしたら、パニック障害が治った。

例えるなら、「トップパフォーマンスが長くなり」「最低パフォーマンスも上がる」。

つまり、日々の生活の基準値が上がる。

 

「やってみりゃ分かる」って所がミソ。

マジで「身体が軽くなる」から。

それと現在のパフォーマンスを比較しないと、実感しにくい。

 

健康オタクがドンドンハマってく理由がなんとなく分かったw

 

筋トレと同じく「最初が最も効果がある」。

ぜひお試しあれ♪