自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

やはり運ゲー。

 

何に出会い、何を見て、何を考えて行動するのか?

 

結局、なるようにしかなんねえんだなと。

 

◾︎皆んながアレコレ言うが

1、早く行動しろ

人生は「有限」。

よって、何でも早くから動いた方がいいという説。

…いや、俺が23歳で働いてたら、間違いなく「ヤマト運輸」に行ってたよ。

もしくはファミレスやスーパー。

んで、独立も投資の「と」の字も知らずに働いていただろう。

結婚はしてたかもしれないが。

 

確かに「どうなっていたかは分からない」。

…が、こんなに色々な本を読んで、ちゃんと思考する事はなかったと言い切れる。

早く行動しても「それで良いのかは分からない」。

じゃあ行動しなくていいのか?というとまた違うが、それはそれ。

 

行動した分だけ「他の行動を出来なくなる」。

結局「その時に一番正しいと思う事」をやるしかない。

そこで昔のやり残しが現れるかもしれないし、新しい問題にぶつかるかもしれない。

それは人それぞれであり「正解はない」。

故に運ゲー

 

2、勉強しろ

これは「学校のではなく」、「やりたい対象の勉強を」という事。

服飾デザインがやりたい、投資がやりたい、会社経営がしたい、などなど。

「その問題」に対して、どんな選択肢があり、どの勉強をどのくらいやるか?

そのアウトプットは「何が出るか?」

もしくは「何を選択するのか?」

自分が何を正しいと思い、どれを突き詰めていくのか?は、個々人によって違う。

故に運ゲー

 

3、自分で体験しろ

「何を体験するのか?」

それは、上の2つによって変わる。

つまり、「何を知っていて」「何に向かって行動し」「何を体験したいと望むのか?」

この時点で「自分の偏向がかかる」。

漫然と「良い方向に向かうだろう」と思う人はガンガン進めるが、進んだ先が必ずしも正しいとは限らない。

もちろん体験は増えるし、面白い話も出来る。

人間的な厚みも出る。

…ただ、その先がガケだったら?

その選択をするのは「自分」。

故に運ゲry

 

◾︎自分で決める

何したって「何かが起こる」んだよね。

例えば、筆者は「引きこもり3年目」だが、昔より明らかに「選択肢が増えた」。

3年前はサービス系に進むくらいしか選択肢が無かった(思いつかなかった」が、今はコンサルやマーケティングが選択肢に入っている。

*後の独立のため。

未だに「接客業向いてますよね」って言われる(ちょっと異常な数)ので、天職はこれで確定した。

…が、全く金にならない(サービス系は薄給で有名)ので、他の選択肢で経済的な自由を得た後に、改めて「楽しむ就職先」として「接客業」を選びたい。

 

そういう「選択」は、自分で決める。

人が何を言おうと、どう思おうと、「自分がやりたければやる」。

 

その「選択」は「貴方にしか出来ない」。

あなたが見て、あなたが思い、あなたが考えて、「行動した」それは、「唯一無二のモノ」です。

 

◾︎まとめ

色々見すぎて悩む事もある。

為末氏は「人生は選択肢を減らすことにある」という。

金持ち父さんは「選択肢を増やす事に意味がある」という。

人は「悩んでるならさっさと行動しろ」という。

他の人は「ちゃんと思考しろ」という。

 

…さて、あなたはどっちを選ぶ?

もちろん「行動しながら思考する」でもいい。

 

それを信じて選択するのが「あなた」の役割。

 

人生は「運ゲー」だよ。

やれる事をやるだけ。

どうせなら「楽しい方に行こう」ぜ♪