自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

日常のささいな感情を感じる。

 

数年前まで病んでたんだけど、その時に感情を押し殺したんですよ。

そしたら分けわかんなくなったw

 

今ようやく戻ってきて、少し楽しくなってきた。

 

同じ轍を踏みそうな人に向けて書く。

 

◾︎感情

筆者の場合は「仕事に行きたくない」。

理由は分からない。

職場の人は皆んな良い人で楽しかったし、腐れ自由にやらせてもらってたし、給与面以外は何の不満も無かった。

しかしながら「行きたくない」。

だからといって「行かないわけにもいかない」ので、この感情に逆らって毎日頑張ってた訳です。

 

そしたら「統合失調症」みたいになった。

 

◾︎何がしたいか分からない

明確には「したい事はある」んだが、行動が付いてこない。

例えば「FF14のエンドコンテンツに行きたい」とする。

FF14=オンラインゲーム。8人のプレイヤーパーティで、各々が高レベルの動きをしないとクリア出来ないコンテンツ。

しかしながら、2ちゃんねるでは「プレイヤースキルが低いやつは暴言されて当然」とか、散々な書かれ方をしている。

そうすると「行ってもいないのに怖い」。

初見がミスするのは当然だし、全ての人が冷たい訳でもない。

何なら嘘ついて、3回目なのに「初見です」っつって誤魔化しても良い訳で。

だけど「怖い」が先行して「行けない」。

 

その時点で、俺の「それをやりたいという感情」が、見事「どっか行っちゃってる」という。

 

シカトされようが何だろうが、やりたきゃ「出来るまでやればいい」。

だが、そう思えなくなる。

ここからボタンの掛け違いが始まる。

 

◾︎日々のやりたい事を大事に

「毎日がなんかつまんない」が慢性化した人は、「ちょっとした楽しみ」が「面倒臭くなる」。

「ちょっと回り道したら面白そうだ」

とか、

「あの店少しだけ見ていこう」

みたいな事。

これが面倒くさい。

これが出てきたら、毎日の考え方で「間違が発生してる」。

 

細かくやりたい事を叶えてあげて、もっと自分の感情を大事にしよう。

この積み重ねが、日々の楽しさを作る。

 

◾︎まとめ

不調を感じたら「早めに手を打とう」。

…っつっても、本人は「理由がわからない」って事も多い。

周りで「あいつ無理する系だな」と思うやつがいたら、それとなく観察してみよう。

 

仕事なんて他にも腐る程あるし、働かなくたって死にはしない。

「長期的に気分を害す」方が、よっぽど損すると理解しよう。

 

「やる気が出ない」なら休め。

長期的に不調が続くなら、環境を変える。

 

ちゃんと休んで、精神も回復してくると「勝手にやる気が出る」。

「何もしたくない」のも、「何かしたい」のも同じ「感情」。

頑張って逆らっても、「その先は崖」だよ。

衝動的に生きるのを大事にしよう。

 

「お前が叶えたいそれは唯一無二」。

やりたい欲求を叶えよう♪