自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

恋愛と社会性の連動。

 

凄惨たる非モテ…でもなかったけど、上手くいかなかった理由が分かった。

 

「自分を見失っていた」

事だ。

 

◾︎恋愛と社会性の連動

「両輪」と言われる。

どちらかが上手くいくと、どちらかが回り出す。

 

その理由は「本心が出せるかどうか?」

 

◾︎抑圧

色々な事を我慢する事。

特に社会に出ると、同調圧力だったり、社会常識だったり、やる事いっぱいで自分のしたい事は後回しに。

それを連続していった結果「自分の感情を見失う」。

 

◾︎魅力がなくなる

感情を失い、心底楽しい事が分からなくなった結果「軸がなくなる」。

 

元々が依存傾向の人はこれでもいい。

「助けて」とさえ言えれば解決する。

 

しかしながら、「やりたいようにやりたいタイプ」は「やるための意識を喪う」。

素となる「本心」がどっかに行ってるので、何が楽しいか分からないし、自信がない。

 

◾︎吹っ切る

散々グダった結果「それに意味がない」と悟る。

…じゃあ、もうやりたい事やるんじゃー!

筆者のように「ワガママが魅力」となるタイプは、特に重要。

…他人事だと思ってるでしょ?

「貴方も一緒」

だよ。

「もっとワガママに」

「もっと言いたい事を言う」

まだ全然足りないんだ。

「もっと自己中に」

「もっと楽しく」

日々を過ごそう。

そこに「貴方の魅力」がある。

 

◾︎そうすると

魅力が復活する。

そして、女に無礼な事をしたくなる。

小学生のあれ。

イジめた女から、むしろモテたのを思い出した。

…さておき。

 

「本来の自分」を取り戻すと「自然体に近くなる」。

言いたい事を言い、やりたい事をやる。

「もっとワガママに」

「もっと楽しく」

孤立したら、そん時に考えればいい。

 

一度、自分が思う「最大の自己中な振る舞い」をしてみよう。

案外、平気だったりする。

「自己中な振る舞いをするんだ!」と決心しよう。

さあ、やりたい事をしよう。

 

◾︎まとめ

あらゆる面で上手くいかねえから色々やってたら、「むしろ逆だった」と気付いた。

魅力を出すには「自己中である事」が不可欠。

ワガママを許可しよう。

やりたい事を気兼ねなく人に伝えよう。

やりたいようにアクションしよう。

 

逆に聞く。

「貴方は何処まで人にワガママを言える?」

言えるだけ言ってみよう。

貴方の世界が変わるかもしれない。