自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

続・出合い系

ちょっと慣れてきた。

つか、現実の女と違って会話が続かない。

向こうがあんま喋る気ないのって、こんな変わるんだね。

正直だりい。

 

◾︎会話の注意点

1、簡単な言い回しをする

ちょっとした「うんちく」とか、自分でググって調べるとか、そういう「難しい事」をしちゃダメ。

「分からない、教えて」「そうなんだ、凄いね」で会話をする。

んで「その後に」調べておいて、次の会話で使う。

 

2、短文を基準とする

きっちり伝えようとする「長文」だと、読むのがめんどくさい&ビックリするという二重苦で、ほぼ返信が途絶える。

途絶えてももう一度送れば復活するが、何回も無駄なやりとりが発生させてもしょうがない。

文は「短く」。

 

3、自分から語らないと会話が続かない

「聞き上手がモテる」っつー常識が蔓延ってるが、そこまで(相手が語るまで)持っていく必要がある。

打ち解けるためには、俺はこんなんが好きで、こんな事してて、こんな事が楽しいんだ〜って先に語る。

んで、相手にフル。

そこから相手の話題が尽きたら、同じ事(俺が語る→相手に渡す)をする。

話題が増えてきたり、相手が打ち解けてくれば、相手が語る頻度が勝手に増えていくので、そこで初めて「聞き上手が活きる」。

そこまでは聞き上手なんざゴミスキル。

「話し上手」の方が、よっぽどモテる。

 

◾︎総じて

「バカになる事」

頭悪くフィーリングで会話するノリが一番良い。

「考えるな。感じろ」

知識は入れるな。

文章見たら、5秒で返せ。

相手のリアクションは気にするな。

 

ネットの恋愛ネタは「全っ然使えない」から、マジで注意。

見るほどにモテなくなる。

昔の方が女と会話するの困らなかったし、楽しかったわ。

 

◾︎まとめ

女との会話のコツは「バカになる事」。

ウエイウエイ系でいい。

ちゃんと思考を巡らせて、気を使った文章ほど返信がこない。

そして楽しくない。

 

もうちょい親しくなったらどうか知らんが、最初の段階では考えるだけ損する。

 

「考えない事」が必要になるとは思わなんだ。

真剣に取り組むだけ無駄。

 

「可愛い女にテンション高く話しかける」

ただそれだけ。