自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

助けて欲しいと言えるか?

 

さあ言ってみよう。

 

言えるお前は幸せな人。

言えないお前は一緒に改善していこう。

 

◾︎助けてくれ

もうちょっとライトにして「手伝って欲しい」。

いつからか言えなくなるこれ。

各々に言えない理由がある。

 

やはり基本は「投影」。

筆者の場合、精神病になって「人を助けられなくなってから言えなくなった」。

つまり、お返しが出来ないから言わない。

あなたはお返し出来る?

したくない?

メンドくさい?

何らかのマイナスに思っている事はないだろうか?

 

まあお返し出来なくても、助けてもらっていいんだけどね。

言ったもん勝ちよ。

 

◾︎繋がりと孤独感

すごい簡単な話し、助けてって言わないと「助けて欲しいって分かんない」んだわ。

しかも、相手も余裕があったり、自分のために動いてくれる人が行動してくれるので、あまり迷惑にならない。

助けてもらった方は「ハンパないありがたさ」を受け、それを他の人に循環するだろう。

だって「自分助けてもらって嬉しかった」んだから、人が困ってたら助けて上げようと思うよ。

そうやって輪が広がっていく。

 

◾︎発信する。行動する。

全てに通ず。

「俺はこれがやりたい」と発信し、そういう行動をする。

そうすると交流が発生し、その方向に転がりだして行く。

ただそれだけ。

「言う」「動く」。

 

◾︎まとめ

なんでも言うだけ言って、やれるだけやろう。

叶わなかったら?

…知らん。

やってみた事は血肉になるからいんじゃね?

 

「助けて」も「一緒にやろう」も同じ。

望んでいる事を発信し、行動しよう。

 

シンプルが最強。