自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

自意識過剰の末、アップするか散々悩んだけど公開した記事。

 *ごめん!結果的に釣りタイトルになった。

 

あんま面白くない、心理学&思考系記事だよ。

 

その上で超悩んだ。

言及系記事。

 

姫姉様シリーズ。

「人たらし!無欲な人が1番モテます」

http://minimote.hateblo.jp/entry/2015/05/05/200000

 

この記事が気になったんで、ちょっと書く。

 

◾︎人のために何かするという事

「自分のテンションが上がるから」人のために何かしていると言うのが筆者のカタチ。

ボランティアなども、基本的にそう。

「助けるのが好き」だから、わざわざ休日を潰して行動したり、お金を注いだりする。

ここを間違うとおかしな方向に行ってしまう事が多い。

*ただ他者のために頑張る事は、心理学的には「補償行為」と言って、自分の本来の価値を受け取れなくなる要因の1つとされる。

カウンセリングサービス様

「愛される価値とは?〜無価値観の心理学〜」

http://www.counselingservice.jp/s/lecture/lec42.html

を見て。

 

平たく言うと、最初の動機が「人のため」で行動するのは「良くない」。

最初の動機は「自分のテンションが上がるから」ないし、「助けてあげた自分を好きになるから」でいい。

 

⚫︎筆者の基準

「俺が」面白いと思った人に全力で合わせる。

その人のために「滅私」するのも「俺の選択」。

基準は「尊敬」をメインとしながらも、多種多様。

相手がぶっ飛んで面白い事をしていたり、思い切りのいい性格だったり、凄えハイバランス(表裏や使い分けや懐の深さ)な性格だったり、他者を思いやれる性格をしていたりするお方達と絡むために全力を出す。

イケハヤには魅力を感じないが、姫姉様には魅力を感じる。

そして、そいつが笑顔でいる事が楽しい。

 

そういう、ごく個人的な基準で決める。

 

◾︎違和感の「素」

姫姉様は言いました。

「心が卑しいブスだから可愛くなりたかった」。

 …え?

可愛くなる必要ってあんの?

 

上述の通り、それの善し悪しは「人が決める」。

ワガママを言ってる「その人に魅力を感じる」というやつは一杯いる。

堀江貴文のファンが分かりやすい。

ファンもアンチも大量。

つまり、「自分がしたい事をすればいい」。

 

もちろん、心の底から「無欲になりたい!」と思っていらっしゃるなら、それでいい。

しかしながら、「無欲にならないと自分に価値がない(モテない)」という理由でそれをやっているなら、今すぐにでも止めるべき。

 

◾︎一旦整理

ここから先は、 後者の場合=何かをしない自分には価値がないと思っている、を前提として話を進めて行きます。

は?知らねえし。

ただ女の魅力を磨いて、落とせる男のレベル上げてくのが面白いだけだし、というならここで終わり。

貴女は最高に人生を楽しんでいて、問題は何もありませんでした。

勝手な判断をして申し訳ない。

 

問題は、無価値観を背負っている貴女。

以下に続く。

 

⚫︎良い・悪いの基準は自分が決めている

不倫も浮気も、それを「悪い」と判断するからこそ問題となる。

*根本裕幸オフィシャルブログ

「起きていることも、今の考えも、できるのはただ受け入れることだけ。全部、意味のあることですから。」

http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/19317

 

⚫︎という事は?

自分が楽しめるかどうか?という事。

「素のままの私で充分価値があるけど、さらに男性の賞賛を集めるために色々やるか」ってんならOK。

明らかに楽しんでるよね?

しかしながら「これをしなければ男性から価値があると見られない」と思うのであれば、それは問題となる。

 なぜなら「自分に価値がない」というそれを補填するための行為となるから。

 

⚫︎無価値観の裏返し

それ即ち「素の自分に価値がない」という自己否定からの派生であるという事。

「アイネクライネ(米津玄師)」に共感が集まるという事は、女性は少なからずこういう傾向があるんだろう。

*アイネクライネの歌詞はホント凄い。この感性はこの世代の特権。

つまり、「価値ある私」という本来受け取るべきモノを落としてきてしまったという事。

 

そして、もう1つ気になる事がある。

 

⚫︎貢がせるという行為と毀損

人に何かを要求し、それが叶うかどうか?で相手の好意を測っている。

つまり、価値がある自分を確認するために「貢がせたり」「困らせる行動をする」。

そして「それを叶えて貰える私には価値がある」と考える。

「〜してもらった」というのは本来「負担になる行為(自分には借りが発生し、相手には補償行為となる)」であり、あまり好ましくない。

 

それほど「自分に自信がない=人からの好意で埋めないと判断できない」という事であり、これを「他者視点」という。

 

⚫︎他者視点

他人がどう思うか?で価値が決まる考え方。

例えば、全てが「モテるため」となると「男性が評価するかどうか?」となり、「他者基準」になってしまう。

ここに「自分はなく」、全ての基準が「相手に気に入られるかどうか」となる。

そうして補償行為のループとなり、男性からの好意を受け取れなくなってしまう。

 

⚫︎自己視点に戻す

『愛されるためには何かをしなくてはいけない』

という思いからスタートしているこれ。

修正しましょう。

「まずは今の自分を知りましょう。
あなたが恋人や周りの人から大切にされ、愛されるために(嫌われないために)していることはなんだろう?と想像してみてください。
目標は15個です。
え!?そんなにあるの???って思われるかもしれないけれど、僕の経験では愛されるためにしている行為って100も200もあるものです。
例えば・・・
・仕事をきちんとしなければならない
・待ち合わせには遅れない
・料理やプレゼントは彼女の好みを聞いてからにする
・いつもニコニコしていようとする
・愛想よく振舞おうとする
・自分が行きたい場所でも彼女が嫌だといったら我慢する
・彼女の行きたいところを優先させる
・彼女の話をちゃんと聞く
・彼女が気に入る服を着る
・彼女が気に入るような話題を振る
・レジでは自分がお金を払う
・セックスではきちんと彼女を満足させる
・作ってくれた料理には「おいしい」という
・彼女の体調や気分をいつも気遣う

・優しい態度で接する
・・・なんだか気分が滅入ってきました(苦笑)
今の僕がこれを全部気にしているのか?というと些か怪しいものですが、でも、あながち無いとは言えないものではありますね。

*根本裕幸オフィシャルブログ様。

http://www.counselingservice.jp/s/lecture/lec42.html

 

手放しのワークはリンク先を読んで欲しい。

 

そう。

「人は愛されるために何かを頑張らなくてもいい」のだよ。

 

◾︎まとめ

姫姉様は女性から絶大な支持を得ているっぽい(*推察)ので、あえてこういう書き方をしてみた。

 

そこのお前!

「他人事じゃない」ぞ!

お前も愛されるために何かしてないだろうな?

*男女全てが当てはまる可能性がある。

 

「自分本来の気持ち」を知り、それに寄り添う事。

自己否定ばっかりしない。

「貴女には愛される価値がある」

自分をもっと甘やかしてあげて下さい♪