自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

お洒落になるためにやった事。初級編。

 

三部作となる(予定)。

筆者が実際にやった事を書く。

 

最初に言っておくぞ。

「ここが一番重要」

最初が一番大変。

 

さあ行こうか♪

 

◾︎お洒落になるための順序

1、雑誌(ネット)を見て「カッコいいモノを見つける」

例えば、「成田 凌」がカッコいい

f:id:CurryS:20170718215954j:image

http://icchostyleblog.blogspot.jp/2014/01/dude-style-no80.html?m=1

とする。

 

例えば、「コーディネート」がカッコいい

f:id:CurryS:20170718223738j:image

とする。

 

例えば、「スニーカー」がカッコいい

f:id:CurryS:20170718224012j:image

 とする。

何でもいい。

「お前が好きなモノ」を見つける事が第一歩。

 

1-1、好きなモノの見つけ方

オススメは「雑誌」。

理由は「選別されているから」。

雑誌上に「カッコいい(とされるものを含む)モノ」が、選別されて載っている。

雑誌の種類はあるが、そこは自分と合う雑誌を見つければいい。

書店にほぼ全て揃っているから、一度で全ての雑誌を見れる。

*発売日の関係で月に2回くらい行くとベスト。

 

ネットが劣る理由は、「自分でキーワードを選択できないから」。

最初は「何が好きか分からない」。

「チェスターコートのコーデが見たい」なら、グーグルさんに訊く方がいいだろう。

「ジーンズの歴史が知りたい」なら、詳しくググるべきだろう。

しかしながら「お前は何を知りたいのか?」。

そう「分からない」。

故に、好きなモノを見つけに書店に足を運ぶ。

 

2、詳しく知る

スニーカーにハマったなら、当然スニーカーが知りたくなるだろう。

雑誌やネットで穴が開くほど見る。

当然「欲しくなる」。

じゃあ行こう!

 

3、買いに行く

お前が欲しい「それ」を買う。

そして、笑顔が止まらないテンションで持って1日を過ごす。

家に帰ればそれを見てテンションが上がり、使うのが勿体無いほどの愛着で持って取り扱う。

いざ使えば、またテンションが上がり、1ヶ月は楽しめる。

 

これが体験出来れば、貴方は「確実にお洒落になれる」。

 

◾︎まとめ

自分が思う、最高にカッコ良くて「欲しいモノを買う」という強烈な体験をする事。

12〜14歳くらいで体験出来るとベスト。

ちょっと無理してリーバイスの501を買ったとか、憧れの芸能人着用のを買ったとか、そういうのが重要。

 

大体のやつがハマる「17歳以降」は、次の中級編にまとめる。

大枠では同じだが「人の目」が強く意識に入ってくるぶん「満足感を感じにくくなる」。

簡潔にいうと「自分が良いだけじゃ満足感を得難い」。

周りから「カッコいいとされる事」とのせめぎ合いが始まる。

大体「異性を意識する年齢」以降は、これが顕著に出る。

 

可能なら「その前に体験するべき」。

筆者は12歳でナイキのスニーカー、13歳でリーバイス501を買ってテンション爆上がりだったので、以降も周りの目を気にする事はあまりなかった。

*18〜20歳辺りで一度飲み込まれたが。

遅いほど「基準が難しくなる」ので、留意されたし。

 

では、また中級編で♪