自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

お洒落になるためにやった事。上級編。

 

初級編

 http://currys.hatenablog.com/entry/2017/07/18/231055

は「好きなモノを買う」

 

中級編

 http://currys.hatenablog.com/entry/2017/07/19/001557

は「量産型を目指す」

 

上級編は「好きなスタイルを作り上げる」。

以下詳しく。

 

◾︎その前に

好きなモノを目利きする必要がある。

「店舗に見に行く事」。

必ず行きなさい。

「通販」という手段に逃げてはいけない。

「絶対に失敗する」から。

そう。絶対に。

お前は「自分のサイズ」を数値化して言えるか?

肩幅45、身幅53、首回り40、そで丈60、着丈74とか。

*筆者のシャツ選びの時の基準値。これ前後1cmで収まるとベスト。

これが分かった上で、かつ「通販サイト側のサイズが分からないと」、正解が導き出せない。

ゾゾタウンとかホント適当だからね。

ユニクロ通販は全部一定の基準で測った数値が載ってるけど、個人サイトやゾゾタウンは誤差含めて眉唾程度の信頼度。

 

分からなければ「店舗へ行く」。

そして、鬼のように「試着」する。

サイズの基準値が分かって、通販の眉唾も理解した上で買うならOK♪

 

◾︎何処へ行くか?

「店舗が密集してる場所」が望ましい。

メンズだと、渋谷、原宿、代官山。

関西は…分からん。すまない。

見るところが一杯あった方が効率いいし、何より「楽しい」。

これをなぜ「上級編としたのか?」というと、「最初の敷居が高い」から。

今貴方が高校生で服を買いに行きたいとしよう。

友人に…

「服買いに行こうぜ〜」

「どこ行く?」

「代官山」

って言えるお前は、この先何があっても生きていける。

言えないお前は「俺と同じ」。

少しずつステップを上がり、満を辞して代官山デビューをする。

 

⚫︎なぜそこに行きたいのか?

「欲しいのがあるから」

欲しいモノは2種類あって…

1、予め欲しいモノ

初級、中級を経てきた貴方は、色々欲しいものが溜まっている。

その中には、「手が出ないほど高いけど欲しいモノ」や、「買ってないけど欲しいモノ」も含まれる。

*そうじゃなければ通販で買える。

予め知ってて欲しいモノと出会えるから行く。

 

2、現地での出会い

例えば「ハリウッドランチマーケット」。

https://www.hrm-eshop.com/ja-jp/s/

聖林公司氏が運営するショップ。

こういうショップに出会えて、その独特な雰囲気に触れる事。

そういうショップが「いっぱいある」。

そういう店を増やして行く。

そして、一度行ったら色々な店を巡って、「服との出会いを楽しむ」。

ホント面白えぞ。

 

◾︎本当にしたい格好を作り出せる

さて、初級編で「欲しいモノを買い」、中級編で「皆んなから支持されるモノ」を選び、上で「個性派ショップに触れた」貴方。

ここでようやく「好きなモノでカッコ良く見せる」事が出来るようになる。

 

それは「見たモノを現実に落とし込める」という事。

 

 例えばこれ

 f:id:CurryS:20170719091519j:image

を、作りたいとする。

大体どのくらいサイズ感でPコートを着て、合わせたインナーのグレーシャツはどれくらいで、スキニーはどういう素材感で、茶色靴とスカーフだな、と分かる。

 

例えば、貴方がスポーツをやっているとする。
その場合
f:id:CurryS:20170719092438j:image
こういうのを作る事で、カッコ良く見せる事が可能になるだろう。

 

◾︎結果、ユニクロでもお洒落が作れる

一周するとこうなる。

MB氏

http://www.neqwsnet-japan.info

が、言う「ユニクロでもお洒落になれますよ」が、説得力が段違いな理由がこれ。

ど素人がユニクロでいいじゃんと言うのと、代官山、恵比寿、渋谷、原宿で一通り遊んでだやつが言う「ユニクロでお洒落作れるよ」は、「天と地ほどの差がある」。

ちなみに筆者も「ユニクロでお洒落が作れる」派。

*実際、今はユニクロ80%でコーディネートしている。ルメールさんホントヤバい。あのクオリティが3000円(セール)とかで手に入るのは頭おかしい。

 

◾︎ここに至るために

膨大な時間「遊ぶ」事。

ポイントは「勉強じゃない」。

「遊ぶ」。

いやもう純粋に「楽しい」んだよ。

友人と騒ぎながら、とりあえず代官山行こうぜ!っつって、お互いに好きなショップ回って情報交換して、また別の友人と回ってまた楽しんで…という感じ。

「楽しい事をする」んだ。

結果、貴方は「お洒落になる」。

*筆者の場合、17〜22歳までを原宿と代官山メインで過ごした。価格帯やら周りの年齢(当時)を見ると、もっと高かった。*特に代官山。

なので、年齢は気にせず「思い立ったら買いに行く」がベスト。

 

◾︎まとめ

目標は「好きなスタイルを作れる事」

これで目出度く「免許皆伝」。

あとは好きなスタイルを探す事に時間をかけよう♪

 

コツは膨大な時間「遊ぶ」事。

楽しめ。

友人と「ナイキよりサッカニーじゃね?」とか言いながら「1日中ショップを回る」という「楽しさ」を貴方にも体験して頂きたい。

 

つまんなかったら?

無理する必要はない。

「服なんて何着てたっていい」んだから。

 

楽しい事を拡げよう♪

その1つにメンズファッションが入れば幸いです♪