自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

恋愛楽しい。

 

知らんかった。

40歳の小悪魔女子に振り回されてる時間は意外と楽しい♪

 

◾︎導入

気持ちはあんの?ないの?的な。

グレーゾーンで押し引きしてる感じが、まあ面白い。

バッと行って即決着!ってのも良いんだけど、反応は悪くないんだけど前に進まないっつって悩んでる時間がプライスレス。

気付くと相手の事考えてんのよ。

乙女かっていう。

ゆっくりと押していって楽しもう♪

 

外してたら?

「楽しい時間をありがとう」で。

 

◾︎1人でいるよりずっと楽しい

なんだかんだと悩みつつも、「温かい気持ちになれる」。

今でも話せば楽しいし、もし関係を前に進めれば「もっと楽しい」ワケじゃん?

「何も損してない」んだよね。

 

1人じゃ絶対に味わえないんだ。

こういう気持ちって。

「相手の存在に感謝」なんだよね。

いやマジで。

 

◾︎寂しさ

まあ色々あって、1人の時間を長くとってたのよ。

そしたら、物凄い寂しさがやってきた。

その寂しさを受け入れるためには「自分の弱いところ」と向き合わざるを得なくなってさ。

要は「乙女的な部分」ね。

今まで否定してきたけど、ああ俺もチキン野郎なんだなーと思って。

…でまあ、この寂しさってのが「女性と話す事でしか埋まらない」やつで。

んで、女性にチキン野郎を開示すると「ああそう」程度なワケ。

なんならその「弱さ」が魅力だと。

…なんだったんだと。

自分の弱さを受け入れると「相手の弱さも受け入れられる」。

だからもう、女性側が自信がなくても、優柔不断でも全然良くて。

「大丈夫だよ」って。

ただ楽しくそこにいてくれたらいいんだよ。

それだけで癒しになる。

 

◾︎女性に「ありがとう」を

この「温かい気持ち」を味わえるのって「女性といる時だけ」。

今まではこういうのを「否定してきた」んだよ。

んで「めっちゃ苦しくなった」。

 

今改めて見ると、こういう「甘い時間」というか「癒しになる時間」って、「最高に贅沢な時間」なんだよね。

その時間を共有してくれる女性には感謝しかない。

例え上手くいかなくても、ね♪

 

◾︎まとめ

恋愛の苦しい時間も、1人でいるより「ずっと楽しい」。

優しい女性に惚れて、あーじゃねこーじゃねやりながら、色々な解釈を編み出す。

その時間でまた、その女性を好きになり、いけんのか?無理なのか?と色々やる。

もし上手くいかなかったとしても、「その時間」は、とても「温かい気持ちで過ごせる」。

上手くいったら、もっと温かい時間を過ごせば良い。

とにかく「その女性がいる間」は、ずっと温かい気持ちで過ごせる。

 

恋愛って、思ってたよりずっと楽しい♪

もっと「温かい気持ち」を敏感に感じて、それを与えてくれる女性に感謝しよう。

 

まあ「恋愛って楽しいよね」と♪

 

さあ楽しんでいきましょう♪