自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

「自己否定」と「他人からの否定」を混同しない。

 

自己否定はホント無駄。

「他人からの否定」こそ、ありがたくいただきましょう。

 

◾︎前提

⚫︎自己否定

「自分で自分を否定する」事。

これの問題点は「主観」だという事。

その自分視点で凝り固まった反省は「次に活きるモノなのか?」

自分をイジメて意味があるのか?

何か改善されたとして、それは「望まれているモノなのか?」。

 

⚫︎他者からの否定(提案)

他者から見て「どう見えるか?」。

これは「客観」が入る。

少なくとも「そう感じる人がいる」という事。

 

例えば筆者は「文が読みにくい」と言われます。

もしこれを改善したら「そう感じてた人のためになる」。

どう改善するかは、もちろん「個性」の領域。

 

でも、自己否定で明後日の方向を向くより、こちらの意見を大事にした方が得られるものが大きい。

 

◾︎他者からのフィードバック

これこそが「真の改善案」。

やっぱ人に揉まれてなんぼ。

文章もそうだし、ビジネスもそうだし、恋愛なんて完璧にこれ。

女性に「キモい」って大量に言われて、その都度聞いて調べて改善点を出して、一個ずつ改めていく。

とりあえず今は「自意識過剰を直す」。

それが改善出来たら、次の課題に行く。

*何かしらつまづくハズなので。

これが最も早い。

1人でごちゃごちゃ考えないで、人前に持っていってボロカスに叩かれよう。

そして「ありがとう」と言おう。

 

◾︎まとめ

自己否定して身を守っていると、せっかくの機会(チャンス)である「他者からの否定(改善案)」が見えなくなる。

優先すべきは「こっち」。

イブサンローランのwebCMと同じ。

暴走族を広告に使っちゃダメなんだって。

自意識過剰で発注しちゃいかんのよ。

 

「皆んなが望むものを提供する」

然るべき後に、オリジナリティを注入する。

 

尖りきった「角」は、皆様に丸めてもらいましょう。

 

さあ自己否定を「終わりにして」、他者からの否定を「いただきに行きましょう」♪

 

では、楽しんで行きましょう♪