自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

悔しさはやる気の源。

忘れないために記事を書く。

 

サウザー氏」

https://ameblo.jp/fist-of-phoenix

に、ボロカスに叩かれた。

そしてようやく目が覚めた。

 

男に必要なのは「批判」と「競争」。

 

◾︎モノを言うのは結果を出してから

誰が言おうと「意見は意見」とする世間体がある。

 

…が、基本的にチンパンジー(ヤンキー)出身の筆者としては、「モノを言うには結果が必要」というスタンスで生きてきた。

これはパニック障害を患うまでは真理だと思ってた。

そこから、牙を抜かれた(それどころじゃなかった)ので、外野からでもワーワー言うのが普通になっていた。

 

⚫︎外野で意見する弊害

「やれる気になる事」

そして「行動しなくなる」事。

「結果を出してない」のに「こういう捉え方もありますよね?」と言っても、説得力がない。

いや「お前がそれ試してこいよ」となる。

でも、なんだかんだと「やらない」。

議論だけは一人前となる。

 

◾︎優しさよりも「悔しさ」

忘れてたよ。

「圧倒的な悔しさ」。

「議論はいらない」「結果で示せ」と言われた時に、久しい気持ちを味わった。

「絶対に認めさせてやる」と。

俺のモチベーションの原点は「怒り」なんだ。

 

最近、女性や優しい男としか喋ってなかったから、忘れてたよ。

 

男は猿山で叩かれてなんぼ。

凄えやる気出たわ。

 

◾︎進む時が来た

逃げて来た?

それが必要な時もあるだろう。

充電しよう。

そして、もう一回闘いに行こう。

 

◾︎まとめ

さあ、猿山の競争に戻ろう。

叩かれて見返すために、テメーのプライドも世間体も全て捨てろ。

「やれる事を全部やる」。

そして「勝つ」。

 

やっぱ恋愛は「余興」に過ぎない。

 

ぶっ叩かれてスイッチが入った。

「今の現実は全て自分で作り出している」。

人も環境も運も「全て関係ない」。

俺がやればいいだけ。

 

忘れずに記しておこう。

サウザー氏、ありがとう。