自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

多様な女性達(に見える)。

 選択肢は色々あるよね、っと。

 

とりあえず最初に、トップレベルの女性の「標準偏差」となるであろう記事をご紹介。

 

「女性へのアタックは時間と回数をこなすべき理由」
http://minimote.hateblo.jp/entry/2017/08/18/105840
時間セレブ様。

 

バランス感覚に優れた姫姉様の記事を元に考察してみる。

 

◾︎標準という「ハイレベル」

のっけから何だが、姫姉様のレベル=上位30%の女性が求める「男」はこれなんだという現実。

結婚適齢期に入った26〜32才でのトップレベルという意味。遊び盛りの10代〜24才は対象外とする。

 

しかしながら、このレベルの「余裕」は…出来る人には出来るんだろうね。

*先人女性(40代中盤)の、20代の時の不倫相手がこの位で、トップランクの男(その会社で最年少で役職付きとなった人)だったという。

 

筆者は…まだ出来ない。

つい先月40才の女性にフラれた理由はこれっぽい。

*厳密には分からない。下記に状況を追記する。

 絶賛、学び中。

力抜いて、もう一度見直して、また頑張りましょう。

*追記

ワガママにやってた頃のが人間関係が上手くいってた。

 

⚫︎実体験としてはどうか?

筆者は「女性とゼロ(或いはマイナス)の条件から付き合えた経験がない」

という前提で聞いて欲しい。

 

ではどうしているのか?

予め「好意がある人を狙う」。

いい感じに目が合ったりとか、話してて感触がいい女性と仲良くなろうとする。

そうするとラインを始めて、だいたい一週間前後で、何らかの「好意のリアクション」がある。

*会話の内容は、好きな音楽とか、御飯は何が好きとか、趣味とか他愛もないやつ。筆者はイタリア人より簡単に褒め言葉が出る。好意も割とオープンにする。

 

…で、「ここを逃すと終了」となる。

逃すとは何か?

「デートに誘わない事」。

姫姉様が指す「時間と回数」が、何を指定しているのかが分からない…というのが正直なところ。

遅かれ早かれ「デートには誘わなければならない(男から)」。

好意のリアクションが出た(あんまり言わない事だったり、食い気味に会話してきたりなど)段階で誘うようにしてるんだが、合ってるか分からん。

…まあ、初回デートは「メシで確定してる(余計な意味を入れない意向を示す)」んだけど。

女性と対面で会ってもらうには、他に何か必要なのだろうか?

 

ちなみに40歳の女性の時は、「好意のサインが出た時に堂々と誘わなかった」事と、格下ポジションに入って「常に下から意見していた」事が二大敗因。

*と、分析している。

…からの、最後に「縋った」のでキモい認定で終了。

 

今回も「姫姉様を見上げてる」し、クセになってるんだよね〜。

もし本当に男女関係になりたいなら、女性相手には「多少舐めたコミュニケーション」が必須。

「弱い男に映らないような立ち振る舞い」を、意図的に身に付ける必要がある。

 

◾︎相変わらずの下田美咲

からの、ワンステージ上がった人の意見。

示唆に富む。

「旦那さんの子どもを産むとは限らない」

https://cakes.mu/posts/17288?utm_source=owned media&utm_medium=mail&utm_campaign=20170826m&r=20170826m

凄く納得出来る内容なので、ご一読推奨。

以下、最も良い部分の引用。

「察してね」「気付いてね」とは言わない。カンが良いに越したことはないけれど、そんなことより、こちらがどんな考えなのかを知った上で、どう出てくれるかが大事なことだと思う。

あんた良い女だよ。

思考系の女性と、真っ直ぐな男性の組み合わせで、補完性が理想的。

 

内容も、あ〜確かに子供作ってってのはこういう事になるよな、という。

…ぶっちゃけ言うと「暫くはいらない」と思ったが、ね。

 

◾︎からの俺の現実

⚫︎現実1

最近、年齢層がやたら低いとこから注目される。

*15〜23才くらい。

痩せたり筋トレしたりで健康を戻して、ファッションも一気に変えた関係で、最新のモノで着飾ってるからだろう。

*ほぼフルユニクロ

雰囲気も昔より明るくなったし。

凄く盛った表現をすると「洒落たヒュージャックマン」みたいなイメージになった。

 

そんなこんなで、女性から「性的な目線と期待」をいただく様になった。

これは明確なターニングポイント。

これを解せるかどうか、期待に応えられるかどうかで、この先のレベルが変わる。

…ので、現実世界はちょっと楽しい。

 

◾︎現実2

こちらは「出会い系」。

無料で毎日数人に「いいね」を送れるシステムがある。

そこでマッチングする女性は「ほぼ同世代」。

*28〜38歳。筆者は33歳。

分布としては、3歳差前後が最も多い。

プロフィールはバスケしてる写真。

 

…さて、とっ散らかったが「何を言いたいのか?」

 

◾︎自分で選択する事

「何をしたいのか?」

全ての基礎がこれ。

姫姉様クラスの女性と仲良くなりたいなら、それに合わせる。

もし本当に女子高生と遊びたいなら、それ相応の方法にする。

同世代と結婚したいなら、それに合わせる。

全ての基準は「自分がどうしたいか?」。

そこから、ようやくスタートが切られる。

決断した事に物事は引き寄せられる。

 

◾︎まとめ

色々あるよね。

色々な人がいて、色々な事があるんだから、自分が望んだ事を達成する手段は「いくらでもある」。

 

色々な人やコトを見てみよう。

そこに発見があるかもしれない。

 

では、楽しんで行きましょう♪