自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

モヤモヤする事は答えが出るまで引っ張る。

 

自分の頭じゃハッキリと答えが出せないんだけど、漫然と「納得いかねえ」というモノは残しておこう。

何処かで解決に繋がるから。

 

◾︎学校の勉強を頑張れ

社会人になってからは「資格を取れ」か?

あと「外国語の勉強をしろ」だな。

これ、ずっと疑問だったのよね。

 

貴方がしたい事が「そこにある」ならいいと思うのよ。

医者になって、人を助けたいとか。

海外でダンサーになりたいとか、ミュージカルで主役を目指してます!とか。

海外の友人が出来たから、話せるようになりたいでもいい。

 

じゃなくて「した方がいい」で動く人を見て、「なんだかなあ」とずっと思ってたワケ。

 

◾︎「頑張ってキャリアを積む」という幻想

社畜一直線!

社畜ルート」なんだよね。

「社長ルート」じゃなくて。

頑張って資格取るってのは「使われる側の発想」という。

 

⚫︎資格を取って「雇用してもらう」という発想

カラーコーディネーターを取って「起業しよう!」なんてやついる?

弁護士資格を取って「個人事務所を構えよう」と最初っから思ってる人は?

そう。

「何か別の基準に合わせてる」から、資格を取りたがる、という。

 

⚫︎そこじゃない

どっちかっつーと「自分で稼げるようになりたい」んだわ。

こっちの勉強を教えてくれる所って、自分で探すしかないのよね。

「女関係と一緒」で。

 

⚫︎基本的に「教えてくれない」

とにかく一回やってみて「自分の体験と照らし合わせる」。

次に「他人の理論を探して確認して」みる。

それが使えるかどうか?

信じるかどうか?

を決める。

経験と理論の両面で進んでいく。

これにはある程度の時間が必要となる。

 

◾︎勤め人は時間がない

これが「普通」でしょう。

俺もそう思ってた。

だから「就職すると副業の勉強が出来なくなる」と。

だが、無職では勉強は出来ても「金がない」。

試せないんだわ。

で、どうしようかと悩んでたんだと。

 

◾︎第3の選択肢

緩い企業に勤めて、金をもらいながら副業を進める。

これ本当に可能なのかよ?と。

しかしながら、「これだ!」と。

 

⚫︎ホワイトな業界は確かに存在し、探し方もある

ブラック企業とは訣別してホワイトな業界を選ぼう」

https://ameblo.jp/fist-of-phoenix/entry-12309737599.html

*これから「カネと女」の話をしよう。

ポイントは2つ。

1、構造的に利益が出やすい業界がある

2、雇用形態に拘らない

この視点は無かった。

1は、単純化すれば「NTT」みたいなやつ。

2は、社員は取りたくないが、従業員は欲しいという企業。

筆者がいたスーパーなんかはまさにそう。

いつでも入れ替えができ、費用も安い。

 

上記2点を満たす会社は面白そうだ。

企業側が雇用メリットを最大限に活かしていて、かつ「常態的に利益を得ている」企業。

ある意味で「誠実」と言えるだろう。

 

◾︎目標は明確

「タネ銭」と「時間」を得る事。

ホワイト企業で働くことは、全ての可能性を生かしたまま行動する事が出来る。

しくじったら?

またその時考えればいんじゃね?

 

◾︎まとめ

スッキリしない事は「そのままでいる事」。

周囲に流されて納得したり、思い込んだりしない。

ふとしたキッカケで答えに辿り着く。

 

では、楽しんで行きましょう♪