自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

若くいるために。

 

よくあるやつ。

逆から行く方が分かりやすい。

 

◾︎年齢が上がると「何が失われるか?」

失われるモノが少なければ、それだけ若く見えるという事。

見た目だけに特化して話す。

 

1、筋力

皆んな分かってるけど「理解してない」。

ちなみに、落ちても「ちゃんと戻せる」からね。

 

とにかく見た目の「全て」に現れる。

歩き方、姿勢、動作、身体つきまで、凡そ目につく「全てが劣化する」。

逆に、年齢が上がっても筋力ある人は、どっしりと安定感が出る。

これは若い頃の瞬発力は失ったが、筋力自体は上がっているため。

*筋力のピークは35〜40歳とされる。瞬発力のピークは15〜18歳くらい。

この動作が「余裕」と映り、美しい動作になる。

 

2、栄養

若い頃は適当でもいいと思われてるが「違う」。

自分が劣化に気付いていないだけ。

早いやつは25歳前後で老け顔になるが、これは親元を離れて自分で栄養管理が出来なくなったために起こる。

そう。お菓子とマック(吉野家)で、ちゃんとした身体が作られる訳がないんだ。

 

分岐点は「学校」。

あれだけちゃんとした管理の下で、運動し、食事を摂り、頭を使う事は、人生において「ない」。

高校生活が終わり、檻から飛び出した雛達が、適当に暮らしたツケがやってくるのが「7〜8年後」。

つまり「25、6歳」。

基本的には、男性は8年、女性は7年で体質が変わると言われる。

 

社会人になれば、栄養自体は元に戻る。

*親管理レベルまで戻るかは個人による。

…が、運動習慣は戻らない。

この両面によって、段々と劣化していく。

 

*余談

下半身の筋力は、かなり重要項目に渡る。

特に男性は、性機能と頭の良さ(脳神経系)と連動していると言う。

運動で低下し、栄養素的にも低下すると、年齢のせいに出来ない総合的な劣化を引き起こす。

 

◾︎戻るのか?

個人的感覚で恐縮だが「戻る」。

男性ならば、という言い方にはなるが。

今だにバスケリングに届くようになるとは思わなんだ。

不妊やらなんやらも「個人差が大きい」とされる。

運動しねえで適当な飯食ってりゃ劣化すんだろ。

精子は運動率と量の両面。卵子まで泳ぎきれないという情けない分身を量産する事になる。女全てを妊娠させられるマッチョな精子を育てる事。

 

何もしなければ落ちるのは当然。

逆に、ちゃんとやれば、劣化は最小限に抑えられる。

 

◾︎30代からは、個人的な意識が出る

何処に向けて何をしているのか?

家庭を持って守りに入る人もいれば、攻めに出る(色々な理由で)人もいるだろう。

遊びまくりな30代を過ごす人も少なくない。

若い頃(10〜20代)より「何でもやれる感が薄れる」所が良かったりする。

「選択しなければならない」のだよ。

この先の「生き方」を。

 

そのために、動けなくなって、頭が働かなくなっては困るのだよ。

劣化してる場合じゃない。

 

意欲を保つためにも健康でいよう。

 

◾︎まとめ

とにかく運動と栄養だ。

劣化してる場合じゃない。

もう今の仕事で死ぬまで決まりで、子供の成長を見守るモードに入ったのなら何も言わない。

 

何かしたいなら、劣化させない方がいい。

実際まだやれるし、やらねばならん。

 

という事で、現在を維持し、上に向かって行きましょう♪

年齢は帰ってこないが、積み上げたものは残る。

積み上げる意欲を無くなさいよう、頑張って行きましょう♪