お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

自分に似合う色を判断する。*男性向け。パーソナルカラーを知る

 

 

「自分に似合う色を知る」

メンズでこれやってるやつを、筆者は「知らない」。

故に「これだけで差がつく」。

 

「こんな簡単で効果的な事が他にあるだろうか?」

 

その方法をお伝えしよう。

 

◾︎パーソナルカラー

「その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と、雰囲気が調和した色(=似合う色)」。

自分の色を知り、それに合った色を合わせる。

 

まずは「自分の色を知る」事。

 

⚫︎自分の色

 パーソナルカラーチェック

http://sp.mens-skincare-univ.com/selfcheck/000115/question/1

*メンズスキンケア大学様。

 

そして4タイプに分けられる。

 

◾︎4タイプ

1、スプリング

f:id:CurryS:20171013212045j:image

http://maminka39.exblog.jp/21191361/

*サロン・ド・ブロッサム様。以下全て同じ。

 

基本が「イエローベース」

 

 故に黄色を基調とした色が似合う。

f:id:CurryS:20171014091205j:image

https://www.vogue.com/fashion-shows/fall-2017-menswear/brunello-cucinelli/slideshow/collection#3

*vogue様。

 

2、サマー

f:id:CurryS:20171013212433j:image

 

ブルーベース」。

青基調。

薄い色が持ち味。

f:id:CurryS:20171014091244j:image

 

 

3、オータム

f:id:CurryS:20171013212925j:image

 

イエローベース。

スプリングとの差は「濃い色が似合う」という事。

チャートと睨めっこして欲しい。

f:id:CurryS:20171014091349j:image

http://jigen1.tumblr.com/post/68623843958/amp

*Jigen様。

 

4、ウインター

f:id:CurryS:20171013213130j:image

 

ブルーベース

青基調の濃い色。

モノトーンも映える。

f:id:CurryS:20171014091739j:image

http://jigen1.tumblr.com/post/68623843958/amp

*B R online様。

 

 

⚫︎総じて

f:id:CurryS:20171014082207j:image

*ガールズチャンネル様。

 

 こんな感じ。

画像はレディースだが、イメージを掴みやすい。

 

◾︎どうやって使うか?

自身が「ウインタータイプ」だったとする。

とりあえず上のチャートにある色と、解説に従って、「まんまの色を選ぶ」。

「ああ。濃いネイビーがハマるんだ」と。

 

んで「着る」。

ワントーンのネイビーが簡単だって言ってた

 

currys.hatenablog.com

な。

そしたら「試着しに行こう」。

手元に無いなら店舗に行く。

手元にあるなら着合わせてみる。

とにかく、実際に着てみて「自分の目で判断する」。

カッコ良ければ「アリ」。

琴線に来なければ「なし」

だ。

 

◾︎注意点は「実際に試してみる」事。

あまり「深く考えない」。

カラーの解説って、色々書けば色々書けるんだけど、「書くほど分かりにくくなる」んだわ。

 

このブログで画像を見て、色の概要と雰囲気だけざっと掴んで、実際に自分で使ってみる。

パーソナルカラーが合ってるか合ってないかを「自分で確かめる」事。

 

1つのツールとして、我が物として頂きたい。

 

◾︎まとめ

「自分の色を知り」「似合う色を見つける」。

そのためのツールとして「パーソナルカラーがある」。

自分に似合う色を知っている事で選び方に幅が出来る。

例えば、ウインターカラーなら、メインのモノトーンを軸に、パンツだけ派手カラーにしよう、などという買い方が出来る。

 

幅を広げる1つとして活用いただきたい。

 

では、楽しんで行きましょう♪