お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

スクーターのススメ。

スクーター歴10年を超え、最早「スクーター以外に乗れないカラダ」となった筆者が贈る、スクーターのススメ。

 

現在の愛車はこれ

currys.hatenablog.com

 

ただひたすらスクーターのメリットを書いていこう。

 

■メリット

1、AT

右手を捻るだけ。

つまらない?

これほど「場所を気にせずに出掛けられる」装置は他にないぜ?

渋滞はちょっとダルいだけで疲れないし、信号グランプリで気合を入れる必要もない。

何処からでも右手一本で加速し、三桁まで速度が出る。

*125cc以上のスクーター。

気楽さは、気兼ねなく乗れることに繋がる。

 

2、快適性

シートは広く柔らかくポジションは緩い。

前車が「WR250X」だった事もあり、差が歴然。

*WR250Xは「物凄く良いバイク」だった。ハマる使い方が出来るなら最高のバイク。

currys.hatenablog.com

街乗り〜ちょい遠乗りの気楽さで、スクーターは最強。

 

3、積載性

ちょいと出かける時の「あれ」が載る安心感。

運動しに行く時の着替えや、メット、あれやこれやが載る。

買い物で買いすぎてもATだから安心。

*若干法に触れる乗り方をするが。

むしろ「無いと生きていけない」。

スクーターに飼いならされているかどうかを見分ける指標は「これ」。

 

4、タンデムも余裕

スクーターでは、後ろに人を乗せてもほとんど変わらない。

しかも、後ろも快適。

ビッグスクーターだとなおさら。

ちょいとそこまでには、クルマよりこっちm。

 

5、渋滞の疲労度が極小

あえて別項目にするのは訳がある。

WR250Xの送別走行で渋滞にハマった時に「事故るかと思った」。

左手が辛すぎるわ、ケツは痛いわ、左足の置き場所はキツイわで、マジでシャレにならん事になるとこだった。

どっしり足つきで片手操作のスクーターは、渋滞にハマっても「面倒なだけ」。

素晴らしい。

そして脇が開いたらすり抜け。

自分に余裕があるから、悠々と対応可能。

 

◾︎悪い所

1、スポーツ走行では物足りなさを覚える

特化仕様であるWR250Xが最高に楽しかったのがこっち。

バンク角」「ニーグリップ」「MTのギヤ設定」「エンジンの伸び」など攻めると楽しい要素が満載。

それらのメリットが「ごっそり無くなったのがスクーター」。

*TMAX530のみ例外。

むべなるかな。

 

2、コントロール感の欠如

MTガチャガチャやりながらの「俺が操ってるんだ感」が無い寂しさ。

筆者はスクーター歴が長すぎるんで感じないんですが、元MT乗りの皆様は口を揃えて仰る。

ここが「MT乗りがどうかのポイント」です。

「寂しい」方は、真性のMT乗りなんで、MTを買って下さいませ♪

 

■結論

スクーター大好き♪

街乗りでこんなに快適で、突発でどっか行くも平気で、バイクらしい使い方も出来るこれは、万能の逸品。

筆者がエニアグラムタイプ7で、通称「オール4の人」と言われるんで、万能なのは合っているんだろう。

 

「 なんでも使える一台」が欲しい方はぜひ♪