お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

モテ服の前に女性選びを明確化しよう。

本能に訊け。

まずはそれからだ。

 

◾︎雰囲気という謎のパーツ

まずは見た目の分類。

清楚系=大人しそう

とかで大別する。

 

1、見た目の系統

ギャル系、清楚系、青文字系、赤文字系。

ギャル系=キャバ系、Bガール系

清楚系=モテ服、洒落服

青文字系=きゃりーぱみゅぱみゅ系、森ガール

赤文字系=現在の流行り(女性側から見たモノ。清楚系と違って「女性目線の男性ウケ」だから、一般ウケしない事も多い)。

森絵梨佳や、宮田聡子、等。

 

これらの「外見的要素」で大別する。

 

2、性格の見極め

系統別の大別だけでは「分けきれない」。

現実には「混ざってる」んだ。

本来はギャル系のメンタリティを持ってるやつが、好きな男に好かれるために清楚系に転身したりとかする。

これらを引き込むと「破綻する」。

故に「混ざり方を確認する」。

⚫︎混ざり方

1、確実に一致してるのは「ギャル系」。

これは「自分に自信がないと出来ない」。

社会や男から「どう見られてもいい」という自信のなせる技。

私のカラーはコレ!という意思力があればこそ可能な服装。

性格は「見たまんま」。

強気で、自分を持ってる。

安心して口説いていい。

気に入らないと叩き返されるから。

反面、ネチネチと馬鹿にされる事はない。

 さっぱりハッキリ。

 

2、次いで赤文字系

流行りを綺麗に追ってる。

これも男選びの順位が低め(自分の可愛いに忠実なため)ので、ほぼ自分をそのまま表現してる。

社会的な綺麗さ、気高さの要素がある。

賢い女性が多い。

ミスると、やんわりと、しかし明確に拒否のサインが出る。

ネタにはするが、ひけらかしはしない。

それは自分の品性が落ちると知っているから。

 

3、ほぼ同率で青文字系

こっちは「同性ウケしか気にしてない」。

他人の目線が軸になってる所で言うと、上記二つより性格の信頼性は劣る。

…が、「楽しんでる人なんだな」という部分で非常に分かりやすい。

話が合うかは「貴方次第」。

同性ウケがメインの話題の中に切り込んでいけるなら問題なし。

 

4、最も信用出来ない清楚系

モテ特化。

これは「要注意」。

なんせ目線が「男性にモテるかどうか?」

そう。「完全に他人目線」。

自分の趣味趣向が入ってないから、そいつがどういうやつなのか「全く分からない」。

派手ビッチなのか、チヤホヤされて自己肯定感を高めたいだけなのか、それぞれの要素が全く見えない。

つまり初っ端から「能ある鷹は爪を隠す」状態。

しばらく会話をする中で、こいつがどういうやつなのか?を見極める。

最も貴方の能力を問われる。

ネタでボロカスにされるのは「ここ」。

1〜3は、自分の趣味を明確に打ち出してるから、身分相応の男性が口説きに行く。

ギャルはギャル男だし、赤文字系はそこそこお洒落な男がアプローチする。

それに対して、清楚系は「何もしてねえやつ」が、俺でもいけるかも?という勘違いで突っ走る「事故多発エリア」。

清楚系側も色々揉まれてるから、やんわり流そうとする。

勘違いが勘違いを生む魔境。

注意されたし。

 

◾︎望む性格を明文化する

異性と遊びたいやつは、遊びたいやつと遊ぶ事で「win-win」となる。

逆に、いい意味でのプライドを持ってる人は、一回を大事にする。

「どちらが楽しいか?」だ。

例えば筆者は、好きなやつはずっと好きな傾向があるんで、一回を長く取りたい。

あと「気を遣えないやつがダメ」。

こういうのを「明文化していく」。

 

⚫︎総合して

貴方にとっての「最高にいい女」を落としに行く。

大概「似たような女性を好きになる」ってのは、そういう事。

なんかビリっと来る「感覚」を大事にする。

相手の雰囲気とか、目が合った時に起こる感情とか、話してる時の感覚とか。

 

⚫︎最終的に先祖返りする

「女だから」という枠組みを「いかに外すか?」だ。

実際、男友達を作る時は「どうやって判断してる?」。

「あいつ面白そう」という基準で話に行かないだろうか?

相手がイケメンかどうかなんて「気にしなくね?」。

「同じ」だ。

色々絡んで訳わかんなくなってるけど、「良いと思った女性と話す」事。

基礎は一緒。

そこに貴方に合った女性がいる。

 

◾︎前提

女性にはこちらからアプローチする事。

これは「絶対」だ。

「お前といて楽しい」「お前といると安心する」など、「貴女と一緒にいる事が楽しい」を伝える。

だから付き合ってじゃない。

見返りを求めない。

ただ「貴女といる時間は楽しい」とだけ伝えれば良い。

そのためには「自分が楽しいと感じる女」を探す必要がある。

見た目だけじゃない理由がお分かりになるだろう。

服は「手段」だ。

貴方が好きな女がいてこその服装であり、逆ではない。

 

◾︎まとめ

自分の「好き」を愛する事。

それは好きな女性を愛する事と同じ。

好みに忠実になろう。

そこにこそ、自分に合ったモノがある。

 

では、楽しんでいきましょう♪