お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

お洒落は足下から!外さない2色の革靴と、白のスニーカー!

 

 「黒」と「茶色」の革靴で充分。

さらに「白のスニーカー」

これで完璧。

以下に理由を。

 

◾︎なぜ黒の革靴がマストなのか?

どこのサイトに行こうが、どの雑誌を見ようが書いてある。

MB氏のサイトでも、ネット関連のどこでも書いていある。

何故か?

「オールシーズン(夏以外)使える」から。

寒い時は当然使うし、ちょっと暑いくらいは平気で使える。

その上で「コーデを選ばない」。

黒の革靴ってのは「マジで万能」。

ジャケットの足下が革靴でもカッコいいし、ダウンの足下が革靴でもカッコいい。

「似合わない服装を探す方が難しい」。

*具体的なコーデは後述する。

絶対に一足持っていて「損をしない」。

だからこそ100%オススメ出来る。

 

⚫︎茶色の革靴が必要な理由

「飽き対策」。

いくら黒の革靴が使いやすいと言っても「飽きる」。

んで、その上で「コーデに彩りを加えられる」。

茶系には茶系のブーツで合わせると綺麗に決まる。

茶系の服装で足下が黒の革靴でもいける。

…が、コーデとして綺麗に見えるのは「茶色」。

いくら革靴が丈夫といっても「一足で回して」たら、さすがに1年で潰れる。

2足あると利便性が上がる。

 

◾︎白いスニーカーの出番

「夏」。

夏に重てえ革靴をキッチリ履いてるのは「なんか痛い」。

夏は夏らしく「爽やかに白で決める」。

そして「コーデのカジュアルダウン」。

例えば「セットアップの足下をスニーカーにする」とか。

セットアップ=スーツのカジュアル(普段使い版)。

インナーをTシャツかニットにしてカジュアルダウン(カジュアルっぽくして普段使いで違和感を無くすための手法)するんだが、足下が革靴のままだと「重たい」ってことがままある。

*重たい=ドレス寄りすぎる。軽い=カジュアル寄り。

これを「軽くする」。

それには「白いスニーカーがベスト」。

単純に「今日はいっぱい歩く(東京や江ノ島や鎌倉に行くとか)」って日の選択に最適。

スニーカーはそれはそれで「あって得する場面が多い」。

 

◾︎革靴の具体的な使い方

1、黒の革靴

f:id:CurryS:20180123230444j:image

 

f:id:CurryS:20180123230453j:image

 

艶の有り無しはあれど、形は似通った感じ。

メーカーにもよるが「ドレスっぽいワークブーツ」がオススメ。

*モノは後述する

足元の基本は「黒」。

上にも書いたが、これが「マスト」。

 

2、茶色

f:id:CurryS:20180123231033j:image

 

 

f:id:CurryS:20180123230948j:image

 

 f:id:CurryS:20180123230926j:image

 

 このように足元だけ「茶色をいれてもいい」。

黒の亜種として使う。

こっちは「完璧にワークブーツでもいい」。

「黒の革靴じゃできない事」を茶色に背負わせることで、コーデの幅が広がる。

 

ブーツはこの2色だけでOK。

 

■オススメ

●黒

1、オールデン

言わずと知れた一流メーカー。

アメリカ産

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Alden(オールデン) ウィングチップブーツ コードバン 4461H バーガンディ
価格:145800円(税込、送料無料) (2018/1/24時点)


 

 このギザギザがついてるやつを「ウイングチップ」という。

とっつきにくそうに見えて、使うと簡単お洒落。

オススメ。

 

2、クロケットジョーンズ

 


 

 UK産の超有名メーカー。

なんとなく堅苦しく、品がある。

 

3、レッドウイング


 

履きつぶしてナンボのアメリカ製。

ガチムチ系ワークブーツ

 

●茶色

1、オールデン


 

 

 

2、クロケットジョーンズ 


 


●中間

1、サントーニ


 

 イタリア系ブランド。

ぱっと見、黒かと思った。

ダークブラウン。

お好きならばぜひ♪

 

からの

●定番のチャッカブーツ

紛うことなき使いやすさ。

1、パドローネ

 

 

革をヴィトンに卸してた(つまり、同じ革を使っている)という、元・素材屋さん。

こだわりの素材からの製品作りはロロピアーナ的。

職人好きに手に取ってもらいたい品。

 

2、オールデン


 

当然の「同系統の最高品質」。

安心のオールデン。

 

●素材違いの名前違い「デザートブーツ」

 

 

ど定番のクラークス。

特徴は「クレープソール」。

柔らかなクッションが、他の靴とは違う。

問題は、真夏に履くと「ソールが溶ける」事。

マジで注意しましょう。

 最初の一足に最適。

 

◾︎そしてスニーカー編

メインはもちろん「白のスニーカー」。

f:id:CurryS:20180123231230j:image

 

f:id:CurryS:20180807225018j:image

 

f:id:CurryS:20180807225030j:image

 

ガチガチのドレスコーデよりも、カジュアルに寄せたい時に使う。

温かくなってきて、軽い服装をさらっと決めたいって時に最適。

春〜夏で大活躍。

 

 ◾︎モノ

1、サントーニ


 

 

2、スタンスミス


 

がオススメ。

 

後は「穴モノ」として「ユニクロ」。

UNIQLO Uのシリーズで「真っ白なスニーカー」が売ってる。

これは使い勝手抜群で、値段も抜群。

「とりあえず使って見たい」って時は、まずこいつを買ってみるといい。

非常にオススメ。

 

◾︎まとめ

お洒落は足元から。

だからこそ「基礎を押さえる」。

具体的には「黒の革靴」。

これは「数年に渡って使える」。

流行りもなく、潰れるまで履けると思っていい。

故に、ここに1点投入をオススメする。

 

んで、それだけだと飽きちゃうので、茶色の革靴で変化をつける。

これを「二軸とする」。

 

そして「夏用の白いスニーカーを投入」で完成。

夏の爽やかコーデにも使えるし、よく歩く日の強い味方にもなる。

これで足元は完成。

 

履くものが安定すると「迷いが1つ消える」。

これが存外に大きい。

この3つは持っててマジで損しないモノ。

 

気に入ったモノが見つかれば幸いです♪