お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

       

30代で復帰した人向けの、メンズファッションのポイント。

 

10代20代前半で服にハマって「出戻りしたあなた」へ贈る記事。

簡潔にポイントをば。

 

◾︎ポイント

1、トレンドを追わない

チェスターコートが〜、ミリタリーが〜って流行りは「追わない」。

久しぶりに復帰した方は「感性が鈍ってる」ので、ベーシックな装いを優先。

⚫︎流行り

f:id:CurryS:20180530195611j:image

こういう色彩豊かで艶やかな、ゆったりとした流行りモノより、

⚫︎ベーシック

f:id:CurryS:20180530195636j:image

こういう「高い基礎値が必要な服」を選ぶ。

ちゃんとしたジャケットやスラックスを、きっちりしたサイズで買って肩慣らしを。

*ガキの頃みたいに「なんとなくのサイズ感」じゃなくて、紳士服の流儀に則ったジャケットを買うこと。スーツの採寸でジャケットを買う。

ちゃんと復帰して「自分のペースを掴んだらOK」。

それまでは「トレンドはひとまずお預け」で。

 

2、フォーマルなアイテムに挑戦する

上にも書いたが「ジャケット」と「スラックス」。

20代では成し得ない「大人の色気」を出す。

f:id:CurryS:20180530202553j:image

この大人の色気は、最大値になるのが「40代」なんで、今から学んでおいて損はない。

…一応釘を刺しとくが、スーツの流用は「ダメ絶対」。

生地感が違ったり、色合いがスーツにしか無いものだったりで散々なことになる。

最初は「別々に売ってるもの」を買う。

トレンドの項目と同じで「センスが戻ってきたら」自己判断で流用してOK。

当たりが出るまでは無理しないこと。

 

3、サイズ感にこだわる

上でジャケットについて触れたが、「Tシャツ」から「シャツ」、パンツに至るまで、全てジャストサイズを着る。

ジャストサイズってのは「適度な緩みを持ったサイズ感」の事。

f:id:CurryS:20180530195944j:image

こんな感じ。

シャツもパンツも「ぴったりじゃなく」適度な緩みをもっている。

緩すぎてもダメだが、ぴっちりでもダメ。

この按配が「大人の知力」。

これができると「サイズ感でのお洒落」が可能になり、ワンランク上がる。

 

4、小物にこだわる

スカーフ、サングラス、ローファーなど。

f:id:CurryS:20180530195859j:image

f:id:CurryS:20180530195904j:image

スカーフは580円の安物でいい。

この御仁達が使ってるのは「絹(シルク)」で、4000円くらいする。

…が、安くてハリがある素材であれば、シルクじゃなくても構わない。

その場合580円(ゾゾタウン。ハバハンクのペイズリー柄で出てくる)で買える。

アイウェアユニクロでいい。

これは服と逆で「トレンドを取り入れる」。

特にメガネが重要。

靴はサンダルよりローファー。

*主に夏用だがオールシーズン使えるのがローファーの強み。

 

おっさんは「生足出しちゃダメ」。

*ハーフパンツは清潔感を損なう。

生足アピールは「女性の特権」。

あいつらめちゃくちゃ手入れしてっから。

 

その分「センスを魅せましょう」。

 

以上!

 

◾︎まとめ

まず出戻りしたあなたは「感性が鈍ってる」という現実を受け入れよう。

っつっても「数回買い物に行けば戻るレベル」。

初っ端で「自分のセンスを過信して」買うと失敗すること請け合い。

「丁寧に」現在の状況に順応させていきましょう。

順応させた後は「上乗せ」。

慣らしながらサイズ感を習得すれば、新しいスタイルが見えてくる。

そこで初めて「全力で自分のセンスを押し出す」。

ここであなたのスタイルが完成。

後は楽しんでスタイルを作っていきましょう♪