お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

       

このブログのメイン層は30代以降向け。

 

分かると思うけど一応。

 

◾︎20代と30代以降のファッションは「明確に違う」

10代のトレンドファッションの延長線上で語られるのが「20代」。

40代の知性を伴ったシンプルファッションへ向かっていくのが「30代」。

 

このサイトでは「シンプルファッションを極めていく」という方向で書いている。

 

◾︎トレンドとシンプル

トレンドは「分かりやすく派手なモノ」。

例えば「ゆるコーデ」。

トレンドに「まっしぐらに取り組む」とこうなる。

f:id:CurryS:20180702165933j:image

 

f:id:CurryS:20180702165941j:image

*両方ともWEAR

全部がゆるい。

しかも極端にゆるい。

非常にトレンドデザインになる。

 

⚫︎対してシンプル

シンプルの「ゆるコーデ」はこうなる。

f:id:CurryS:20180702170236j:image

 

f:id:CurryS:20180702170308j:image

ピンタレスト

 

まず「コートがゆるい」。

ワンサイズ上がってるのがお分かりになるだろうか?

少し着丈が長く、肩が落ちてる。

そして、それに合わせて「パンツを少しだけ大きくする」。

太ももだけが太いデザインだったり、リラックスパンツのような素材とサイズ感のモノを使う。

もちろん「テーパードライン」で。

*太ももから裾に向けて細くなるデザインをテーパードラインと呼ぶ。足全体のラインが綺麗に見える。

そして「9部丈」にする事で、テーパードラインの締めの部分を作り出している。

んで「ポイント」。

「上半身のインナーはジャストサイズ」だという事。

コート→ワンサイズアップ

パンツ→サイズは上げずに「ゆるいデザイン」にする

インナー→ジャストサイズ

で「バランスを取っている」。

シンプルファッションは、「一見シンプル」なんだが、「そう見える裏側に知力が詰まってる」。

だからこそ「カッコいい」。

 

◾︎トレンドは10代でピークを迎え、シンプルは40代でピークを迎える

トレンドは「派手さがメイン」。

細かい事を気にするよりも「分かりやすく派手である事」に価値がある。

高校生からスタートし「大学生でピーク」。

以降、社会人になって「ん〜」と思いつつも、トレンドデザインのまま進む。

 

シンプルファッションは「知力がいる」。

細かい部分に気を配る必要がある。

服の基礎(スーツの採寸)を叩き込んだ上で「サイズ感」という概念を自分の中に作る。

ジャケットを着崩すなんて有り得ない。

*ジャストサイズは全て同じ。素材で季節感やカジュアル感を出す。

このように「どうすると綺麗に見えるのか?」を突き詰めて行く。

細かい部分に気を配れる「知力」、素材やサイズ感で見せられる「知識」が備わるのが40代。

ここに向かっていくための30代。

 

◾︎トレンドからシンプルの変換

これが存外に難しい。

その助けになるためのブログが「ここ」。

筆者は「30代」で「絶賛学び中」。

今色々学んだ結果、細かい部分で違いを作るのが「面白くてしょうがない」。

これをアウトプットしています。

 

◾︎まとめ

トレンドは「若者向け」。

シンプルは「おっさん向け」。

いつでも男は女にカッコいいと言われたい。

同世代だけじゃなく、中学生や高校生の「娘」や「その友人」からも、「あのおっさんカッコ良いよね」って言われたら嬉しいでしょ?

そんな「カッコいい親父」を目指して磨いていきましょう♪