お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

ナチュラルメイクとシンプルファッションは難しいけど、上っ面だけ理解してれば大丈夫っていうお話し。

 

ナチュラル(シンプル)に「感じさせる」のが本質。

本当は「色々な要素の総和」。

で、結果は「そんなん気にしなくてもモテる」に繋がる。

 

◾︎シンプルに「見せるための要素」

1、サイズ感

これが「沼の始まり」。

サイズ感って「要素がありすぎる」。

ちょっと分解していく。

1-1、基礎はスーツの採寸

肩幅、身幅、袖丈、着丈を測り、各種ベストなサイズで作る。

f:id:CurryS:20180706083909j:image

本来は「これだけの要素を自分に合わせる」。

これが「サイズ感」。

 

1-2、私服用はサイズが変わる

例えば「シングルライダースジャケット」。

これは「着丈が短い」「袖周りが小さい」。

だが、「肩幅」「身幅」「袖丈」は「スーツと一緒」。

 

1-3、サイズ感で与える印象が変わる

例えば「トレンチコート」。

着丈が長いのは一目瞭然。

だが「どのくらいの長さにするのか?」で与える印象が変わる。

ロング(膝丈より下)は「フォーマル」。

ショート(膝丈より上)は「カジュアル」な印象になる。

これは「スーツも同じ」。

ロング丈(お尻が隠れる長さ)だと「フォーマル」。

ショートの着丈(お尻が見えるくらい)だと「カジュアル」。

スーツは「その中間で調整していく」。

フォーマル用途なら「お尻の下半分が見えるくらい」。

カジュアル用途なら「お尻の2/3が見えるくらい」にするといい。

 

1-4、上記を「自分の体型に合わせる」

あなたの体型はどうだろうか?

まず「標準」「細めor太め」の体重面がある。

そして「肩幅が大きいor小さい」「腕が長いor短い」「胴が長いor短い」「足が長いor短い」の身体面がある。

「それらを全て合わせる」。

これが「サイズ感」。

サイズが合ってると綺麗に見えるってのは「当たり前のお話し」。

これだけの作業を行なっているんだから、お洒落に見えないわけがない。

だが、もちろん「それだけでは足りない」。

 

2、色

メンズの場合、モノトーンを基礎として「服で使う色を絞る」。

スーツが究極系。

スーツの色は上下同じ。

ここはシンプルなカラーにする。

それにプラスして「小物(シャツ、ネクタイ、ベルト、靴)」で色の違いを作る。

基礎の配色はこれ。

私服の派手モノやキワモノは「インナーにチョット忍ばせるくらい」だったり、「スカーフやストールで使う」。

赤パンツに青いシャツみたいなキワキワな使い方はせず、派手に行くならインナーかストールでちょい見せする。

 

3、トレンド

さらにトレンドをプラスする。

…だが、ハッキリ言えば「なんか特殊な事をしてればいい」。

珍しい素材のジャケットやパンツ、スーツじゃ絶対に用いない色味やストライプのジャケットなど。

なんか「違う」と思わせられる要素が入ってればなんでもいい。

 

以上を持って「シンプルファッション」が出来上がる。

 

*メイクは詳しく知らんのでリンク先だけ触れる。

手間をかけて「ナチュラルに見せる」のは同じ。

「色っぽさ」が武器。大人の魅力満載なモデル”宮田聡子”の艶メイクを伝授! - Litaly [リタリー]

リンク先のモトになってる「宮田聡子」はめちゃくちゃ可愛い。

柔らかさ、可愛らしさ、凛とした感じ、お洒落感が、丁度いいバランスでブレンド

一見すると高級な感じがしない超高級ホテルみたいなイメージ。

部屋のセンスから調度品、アメニティまで全部凝ってて部屋にチリ1つない完璧さなんだけど、入ると落ち着いてウェルカムでアットホームな空気感がある超高級スイートルームみたいな。

あと公式で載ってるやつもあった。

www.google.co.jp

男にはユニクロブラトップで有名、女には「なりたい顔No. 1」で有名なお方。

「手間」と「ベースを活かす」のは同じ。

こちらも超高級ホテルのイメージ。

 

◾︎しかし!

「そこまでシビアにやらなくて大丈夫」。

シンプルファッションを極めた、ファッションモデルのような男なんざ「いない」。

いるなら、そいつはファッション業界関係者か、見た目に関わる職業をしてる。

*服飾系、美容師、俳優など。

そいつらは「ガチで好き」なのに加え「飯のタネ」であり、情報量が違いすぎる。

*筆者も服ブログで稼げないかな〜と模索してるが故。普通の企業勤めの頃は全然知らなかった。

だから、別に「知らなくても平気」。

それよりも「それなりに身綺麗にして」「明るく話しかけて」「ちゃんとアプローチする」方が重要。

自信を持って異性に話しかけられさえすれば、本当に簡単な「最低のライン」だけで上手くいく。

楽しければ服なんて気にしないし、それは街中のカップルを見ていても分かるだろう。

*いい意味で「自分に合った異性」と居る。お洒落なやつはお洒落な女といるし、気にしない人は気にしない女といる。

これはもちろん「逆も同じ」。

メイク&ファッションを極めた「モデルのような女」は、ファッション店員、美容部員、モデル、女優くらいしかいない。

こちらも持ってる情報が違いすぎる。

普通に生活してたら、他にやる事はいっぱいある。

男も別にそのレベルの女を求めてない。

とりあえず身綺麗で、基礎中の基礎さえ押さえたメイクができていればいい。

「承認欲求を満たすためにモテたい」なら、頂点まで頑張れ。

 

◾︎まとめ

シンプルとかナチュラルとかってのは「簡単という意味ではない」。

むしろ難しい。

だが、モテたいだけなら簡単。

最小限だけやって、出会いの場に行く。

「異性に会いに行く」のが最も重要。

そこから「無限にモテたい」なら、極める必要がある。

…が、自分に合った異性にモテたいなら、自分にあったレベルで物事を行うのがベスト。

超カッコつけてめちゃくちゃ美人を落としたとしても「話しが合うかどうかは別」。

本質的に服が好きじゃないのならファッションの話ができないし、それに金を使うことも理解できないだろう。

逆に、服なんてどうでも良くて、それより旅行だ!ってやつ同士なら、最高に楽しい旅行計画が立てられるし、楽しい時間を過ごせるだろう。

無理すんな、自分の特性を活かそう、っていう「いつもの着地」。

 

シンプルなのは「思考」の方が重要というお話しでした。