お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

スーツの着こなしの重要性は「男女同じ」。

 

さすが女性用。

shousha-ol.hatenadiary.jp

「細かい!」。

…まあハッキリ言えば「うざい」よね。

しかしながら、男性用スーツも同じレベルで着こなす必要がある。

 

◾︎男性用スーツの注意点

面倒だから(前にサイズ選びの記事で書いたから)ざっと触れる。

⚫︎基礎の採寸

1、肩幅

2、身幅

3、袖丈

4、着丈

これを「自分の体型に合わせる」。

スーツショップで全部やってくれるから、とりあえずそれでいい。

問題になるのは「私服時」。

ユニクロでジャケット買いたいってなった時に、「着られてる感じ」になる。

大学生のジャケットがダサかったり、スーツ以外のジャケットが「なんか決まらない」って人は100%これが理由。

ユナイテッドアローズとか、バーニーズニューヨークとか、一部の「ちゃんとしたショップ」では採寸してくれる。

そこで「基礎を学ぶ」と良い。

 

⚫︎シャツ

1、首回り

第1ボタンを締めてネクタイを着けられるかどうか?

2、袖丈

手の骨が隠れるくらい。

スーツのジャケットからちょい見えるくらい。

3、肩幅

ジャケットと同じく肩で着る。

 

実は「着丈と身幅はシャツでは気にしない」。

スーツでは「パンツイン前提」。

首回りは、だいたい胸囲はだいたい連動してる。

*首が細くて胸板が厚いやつはいない。首の太さは筋量に比例する。

私服で使いたい時のみ、着丈を短くする。

逆に、そこまで短くすると「スーツで使い物にならない」。

ここで使い分けてる。

 

3、シャツの下

シャツの下は「着ない」。

男性シャツの起源は「下着」。

もともと「下着として使われていたもの」。

19世紀までは、シャツだけで着るのは失礼とされていた。

よって「正式な着こなしとして」シャツの下は着用しない。

汗対策や寒さ対策で色々したくなるだろう。

汗対策は、沁みにならない「オックスフォード生地の白」を。

寒さ対策は「インナーにニットを着る」「コートを用いる」事で回避しよう。

 

4、半袖シャツは「フォーマルで使わない」

半袖シャツは、アメリカのカジュアル文化として誕生した。

正式なヨーロッパでの着こなしとしては「存在しない」。

袖は「めくる」。

常に「長袖シャツを用いる」のが正式な形。

袖まくりは「女子ウケが非常に良い」ので、一石二鳥とも言える。

 

5、正式なカラーは「ネイビーとグレー」

黒は「遊び用」。

冠婚葬祭パーティに使うやつ。

ビジネス用途だと、第1に「ネイビー」。

次点で「グレー」。

グレーは色味が難しい。

ライトグレーだと「パーティ寄り」。

難しいので、分かんなきゃ「ネイビー」で。

柄は、無地か縦ストライプで。

縦ストライプは、細く見える効果がある。

…が、メンズで華奢なのも微妙。

あらゆる意味において「無地がベスト」。

最初に買うなら「無地のネイビー」が正式なスーツとしてはベスト。

 

◾︎正式なスーツの着こなしは「評価を高める」

男性におけるスーツは「正装」であると同時に「最も魅力的に見えるモノ」。

もうメンズファッションの「正解」って出終わってる。

どんなに綺麗な私服であっても、スーツを越える服は存在しない。

逆三角形に見えるライン、綺麗に見えるお尻のライン、足下に向かって自然にシェイプされた足のライン。

とかく「1ランク上がる」。

正式な着こなしをして欲しい。

 

⚫︎余談。私服は「マニュアル」

スーツの採寸を私服で出そうと思ったら「めちゃくちゃ大変」。

マニュアルで作る場合の注意点は「上で述べた」。

それをやってくれるのが「スーツ屋」。

青木や青山で、店員さんにお任せで綺麗に採寸されたスーツで充分。

ガチで作るなら、ダーバンとか五大陸に行って「本気仕様を作ってもらおう」。

有名なスーツメーカーは「見た目のラインが違う」。

より綺麗に見える。

見れば分かるので、興味があったらぜひ行ってみて欲しい。

 

◾︎まとめ

メンズはスーツ屋任せでOK。

絶対緩めにするなよ?

勧められたジャストサイズを買え。

注意点は「シャツ周り」。

シャツは下着

下着の下に何かを着るのは「おかしい」。

そして、正式には「半袖シャツは存在しない」。

長袖シャツを捲って使う。

スーツの色は無地のネイビーで。

グレーは色味が難しい。

柄は、選ぶならストライプのみ。

上級編として、ベルト、靴の色合わせもあるが、その辺は興味があるならやるといい。

ネイビースーツに茶色のベルト、茶色の靴でまとめると、非常に「サマになる」。

 

んで、まあ最後に。

女性用スーツは、最初に貼ったリンク通りに着れば「そこそこ魅力的に見える」。

あれは「女性が綺麗に見えるライン」を強調するために用いられている。

*胸、尻、足を身体に合ったサイズにするために用いられる。

 

メンズスーツは、基礎として「自分の身体」が必要。

例えば、五郎丸なんかがスーツ姿だと「めちゃくちゃカッコいい」。

それは、胸板があって、余計な脂肪がなく、走れる身体だから。

お腹が出てるような体型で魅力的に見せようとしても「無駄」。

体型の方にも「それなりに」気を配ろう。

そうすれば「女性に振り返られるスーツ姿」になれる。

ちゃんと着こなしたスーツってのは、それほど魅力的に見える。

就活どうこうもそうだが、「大人の嗜みとして」スーツの着こなしを学んで欲しい。

それは回り回って「あなたのためになる」。