お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

イタリア式ジャケパンスタイル。季節別、使うモノまとめ

 

ごっちゃになってきたから整理。

 

◾︎季節モノ

⚫︎春

1、ライトウエイトジャケット

軽い、ペラペラな生地のジャケット。

これは「春のみ」。

秋は重いジャケットを使う。

 

2、シャツ

ジャケットのインナーorニットのインナー使い。

それか一枚で使う。

 

⚫︎夏

1、Tシャツ

素材のいいモノを。

一枚で着るが故に、ワンコイン系の安手のTシャツよりも、スーピマコットンなどの「高品質な生地」を着る。

色は「白のみ」。

Tシャツのバリエーションは「丸首だけでいい」。

余計なのを排する方が整理される。

 

2、シャツ

汗の目立たない素材を使う。

基本はリネン素材のもの。

次点でブロードシャツも「乾きが早い」ので、使いやすい。

夏は「外は暑いが室内は寒い」ので、長袖シャツを袖まくりして使う。

半袖シャツはよっぽどの場合のみ。

 

⚫︎秋

1、ニット

ライトウエイトジャケットの代わりに、ニットを使う。

秋口は寒くなったらニットを使うと徹底すると良い。

 

2、シャツ

夏に引き続き活躍するが素材が変わる。

フランネルなんかの「厚手の素材がメイン」。

オックスフォードなんかも使いやすい時期。

ブロードはオールシーズン使える。

ニットのインナー使いはブロード、それ以外は厚手の素材がいい。

 

3、厚手のジャケットとオールシーズンジャケット

厚手のジャケットはウールの系統。

オールシーズンはコットンの系統。

ジャケットは春秋。

真冬は変わる。

 

⚫︎冬

1、厚手のニット

真冬モノは「厚手のニット」。

ユニクロのエクストラファインメリノみたいな薄手のモノは「春秋」。

 

2、ロングコート

チェスターコートみたいなやつ。

ロングは冬用。

一部、春秋で使えるトレンチコートがあるが、それは素材が特殊。

シャカってる素材はオールシーズン使える。

冬用のコートはウール系素材。

カシミヤも含む。

なんか毛羽立ってて厚手のモノが、冬用。

 

⚫︎オールシーズン

1、ブロードシャツ

さすがに出自が「下着」だけのことはある。

どこの季節でも使える。

夏はメインで一枚で着る。

春秋冬は、ニットのインナーとして存在感を出す。

厚手のニットにフランネルシャツを着るとゴワゴワになるが、ブロードだとスマートに収まる。

 

2、コットンジャケット

春は少し重めのジャケットとして。

秋は、ウールジャケットには出せない「軽さ」を重視したコーディネートのお供として使う。

真夏と真冬は無理だが、それ以外の時期に活躍する。

 

3、シュート丈のアウター

ブルゾンとか、Gジャンとか。

コットンジャケットの代わりに用いる。

バリエーションの一種だと思うと分かりやすい。

 

以上!

 

◾︎一通り揃えるのが吉

買い物してると「同じ系統のモノばっか買ってたりする」。

筆者の場合だと異常にシャツが好き。

なんせブロードシャツが10枚くらいある。

こういう買い方をしないで、その内の2枚くらいをショートアウターにしたり、フランネルシャツにしたりする。

個々人の好き好きで絶対に偏る。

そうならないために、この表をチェックしながら買い物をして欲しい。

 

◾︎まとめ

季節別の必要なモノでした。

最初はピンとこないだろうが、一年を通して使ってみれば分かる。

あ〜ここでこれがあったらな〜って場面が、100%起きるから。

体験しながら覚えるのも良し、失敗しながら覚えるのも良し、だ。

あると困らないよって事でぜひ。