お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

ヒゲ研究中。

 

とりあえず、3日に一回は切らないとダメだ。

その他諸々研究中。

 

◾︎長さ

マジで人によって異なる。

俺の場合は密度が薄い。

なもんで、4mm以上の長さがないとヒゲが生えてる感じがしない。

イチロー山田孝之などの濃いヒゲを持つ人は、5〜6mmの小ざっぱりしたヒゲでしっかりとした無精髭スタイルになる。

f:id:CurryS:20181104104558j:image

こんな感じ。

まとまりが良くてヒゲが跳ねてないんで、5〜6mm程度しかないはず。

俺は5mmだと存在感が薄い。

7〜8mmくらいのミドルヒゲで、上記のイチローの画像と同じくらいの濃さになる。

しかしながら、それくらいの長さがあると「跳ねる」。

こんなスポーツスタイルのカッコいいヒゲにはならず、もっと落ち着いた雰囲気のヒゲになる…っつか、それしかできない。

 

◾︎自分のヒゲをいじり倒す

自分のヒゲにおいて「ベストな濃さ」「長さ」「スタイル」を決める。

まずは濃さ。

薄い人は薄い人なりのヒゲの伸ばし方や見せ方がある。

顎髭だけだったり、口髭も薄いのを活かすように細めのデザインにしたり。

濃い人は濃い人で、イチロースタイルが可能になる。

んで、短くても濃いヒゲで存在感を出せるなら、口髭のカットみたいなモノはいらない。

*口髭は、唇に毛が被らないようにカットしたり(眉毛みたいな感じで)、口角45度でカットして、口角が下がらない様に見せたりとか色々ある。それが、短いヒゲで実現できると、手入れが必要最低限で良くなる。

逆に、俺みたいに4mm以上のヒゲが必須になるなら手入れは絶対に必要になる。

他人のヒゲはそれはそれとして、自分のヒゲでベストな見た目を作るためにはどうしたいいのか?

したいヒゲスタイルと、自分のヒゲの生え方と、自分のヒゲの濃さと相談して決める。

この擦り合わせが絶対に必要になる。

 

◾︎まとめ

自分のヒゲを知ろう。

そして、自分のヒゲに合わせたベストな長さやスタイルを模索していく。

自分に合ったオーダーメイドで作るからカッコいい。

薄い人は薄い人なりのやり方があるし、濃い人は濃さを活かすやり方がある。

 

*余談

イチローの画像を出したのは、筆者のヒゲはイチローの生え方に近いから。

イチローみたいに綺麗にもみ上げと繋がんないし、全然薄いんだけど、基礎の生え方が似てるから参考になる。

その状態で存在感あるヒゲスタイルにするにはどうしたらいいか?ってんで、イチローよりちょっと長めの落ち着いたスタイルって答えにたどり着いた。

この辺は好みだし、ヒゲの生え方で変わる。

それをオーダーメイドするのが楽しさでもあり、難しさでもある。

筆者は今の所「楽しい」。

試行錯誤するプロセスが。

なもんで、色々やってみるのを推奨してます♪

 

ヒゲ、面白いぞ。