お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

ヒゲ研究三度。「長さ」。

 

長くなるほど歳上に見える。

なもんで、大まかな指標をば。

 

◾︎スポーツヒゲ〜ロングヒゲ

爽やかなヒゲは「短い」。

news.walkerplus.com

*2015年とちょっと古いが、参考にはなる。

これのトップ3である「ヘンリー王子」「ベッカム」「ジョージ・クルーニー」の御三方は一様に短い。

 

⚫︎国内トップ2

カッコいい「ヒゲメン」として、すぐに名前が上がる「中田英寿」氏。

f:id:CurryS:20181201172234j:image

 

そして、マリナーズ時代(1期目)の「イチロー」氏。

f:id:CurryS:20181201172251j:image

 

これらの方も「短い」。

 

なもんで、見た目のベストなポイントは「短め」。

 

◾︎長いと?

当ブログではお馴染みの「ドメニコ・ジャンフラーテ」氏。

f:id:CurryS:20181201172617j:image

 

そして「リチャード・ギア」氏。

f:id:CurryS:20181201172636j:image

 

見てすぐにお分かりの通り「長い」。

*確かドメニコジャンフラーテ氏が「50代」。リチャードギア氏が「60代」だったはず。

 

年齢が上がると「長いヒゲが似合うようになる」というイメージ。

 

◾︎若くて長いと?

立派なヒゲという括りで言えば「ジェームズ・ハーデン」氏。

f:id:CurryS:20181201173629j:image

まだ20代でありながら「この貫禄」。

これを目指すというなら止めないし、むしろやれ。

 

しかしながら、ちょっと抵抗のある人は「それなりの長さ」で止めた方がいい。

 

◾︎まとめ

カッコいいヒゲは「短め」。

年齢が上がるにつれて、長めの貫禄に耐え得る顔つきになっていく。

唯一無二を目指したいなら「ハーデンの髭面がオススメ」。

これはもはや貫禄というレベルすら超えてる。

まあとりあえず「楽しみましょう」。