お洒落とメンズファッションとバイク。

イタリアンクラシック(クラシコイタリア)とバイクが趣味の人のブログ。

メンズスキニーは「マッチョが履くとカッコいい」のだよ。

まず画像から見て頂こう。

 

f:id:CurryS:20170602085755j:image

f:id:CurryS:20170602085836j:image

このマッチョ達のスキニー、めっちゃカッコよくない?

 

◾︎Q&A

1、そもそもスキニーって?

「タイトなパンツ」全般を指す。

ジーンズもチノパンある。

伸縮性のある、ストレッチ素材のモノを買う。

最初はUNIQLOで買おう。

高いのを買うのは、サイズを理解し、欲しいものが分かってからだ。

 

2、細くないと履けないんでしょ?

デブはキツい。

…が、それ以外は平気。

横から見た「腹の厚み」がモロに出るから、それをチェック。

 

3、大学生っぽい

細いやつしか履けないため、そういうイメージがある。

基本的な自分のイメージの中にダメな理由が強くあるなら、特に使わなくてもよい。

実は大人にはテーパードシルエットのほうがオススメ。

腰もゆるく、着ていて楽なうえにシルエットも綺麗。

スキニーは、あくまでもマッチョ系で、それなりに鍛えられていて、ウエストが細く太ももの厚さがある御仁がかっこつけるために着るモノ。

楽さや快適性を求めないほうがいい。

 

4、マッチョはファッションが難しいとされるが?

「マッチョで」かつ「お洒落に興味がある」なんていう二つの軸を満たす人などごく少数しかいない。

残念ながら、日本人男性でファッションを楽しんでるのは半数程度。

その中で「自分で好きなスタイルを作れる」人となると、さらに減る。

さらに、フィットネス人口は「3%」という。

ちゃんと「身体を作っていて」、「仕事をしていて」、なおかつ「メンズファッションも楽しんでいる」という「レアな御仁」は、どのくらい存在するのだろうか?

サンプルの少なさゆえに難しく感じるだけ。

 

しかし。

それだけ難易度が高く、競合がいないのが「お洒落マッチョ」。

故に「お洒落マッチョは最強!」。

 

◾︎人類最強の「お洒落マッチョ」

芸能界にしか存在が確認されていないこれ。

芸能界でも、三代目とジャニーズと俳優達くらい。

 

「細マッチョがモテる」ってのは、「細マッチョでかっこいい奴の存在がデカい」。

ゴリマッチョでカッコいいやつがいれば、当然モテる。

*ゴリマッチョは遺伝的な要素がでかく、生まれつきの身体能力エリートなのでスポーツor格闘技界が独占してる。

海やプールの雰囲気で押す、「サーファー」とか「ライフセーバー」は細マッチョ~締まった身体。

 

では「筋肉という魅力を最大限に活かす」コツをお教えしよう。

 

◾︎「普通」が最強。

余計なことはしない。

貴方の「筋肉の鎧」は、アピールする必要すらない。

普通の着こなしで「勝手に違いが出る」。

f:id:CurryS:20170602095415j:image

 

無地のTシャツを適正なサイズで着て、スキニーを履き、革靴を決め、クラッチバッグで締める。

 

柄(グラフィック)Tシャツとか、ダボジーンズでは魅力が半減。

 

あくまでも「普通に着てるけど、自然に筋肉見えちゃってゴメンね」くらいのスタンスがベスト!

 

秋冬だとこういうの

f:id:CurryS:20170602095910j:image

ジャケットを「いたって普通に着る」。

後は筋肉が勝手にアピールしてくれる。

 

◾︎スキニーの重要性

細いやつは「他に選択肢がない」から選ぶ。

マッチョは違う。

「あえてスキニーを選ぶ」。

 

理由は簡単で「スタイルがよく見える」から。

元々マッチョというのはスタイルがいい。

以前は気付かなかったが、それを実感した出来事がある。

二年ぶりに筋トレを始めたら、わずか二週間でウエストが1cm減った。

*BIG3のみで。

これを積み重ねていっているあなた方であれば、相当な良い身体になっている。

 

 それを活かすためにスキニーを選ぶ。

 

◾︎選び方

まず「ウエストが基準」。

自分のウエストがちょうど入るサイズを着てみる。

そのサイズが着れればOK。

マッチョやサッカー部は「入らない(太ももが)」ので、ワンサイズ上げる。

入ったサイズが貴方の適正サイズ。

メーカーによってサイズ感が微妙に違う。

自分が苦しくない程度でタイトに履けるモノを買う。

よほどかつかつじゃない限り、股間の形が見える的な都市伝説にはならない。

最初は「見慣れる事」も重要です。

 

●上半身もタイトなものを選ぶ

スキニーに合わせるならばタイトめなものを。

パーカーであってもシャツであっても同じ。

スタイルの良さを活かすためにスキニーを選んだのに、上がダボダボでは魅力半減。

 

 

◾︎詳しい解説は

筆者が書いた

「モテるメンズファッションのサイズ選び」

currys.hatenablog.com

を見て頂きたい。

 

●一応のオススメ

1、ユニクロ

最強。

ブランド?

「俺の肉体がブランドを凌駕する」

という御仁にぜひ購入していただきたい。

 

2、ユナイテッドアローズ

 


 


定番のユナイテッドアローズ

デニムスラックスのスキニーとか謎めいてるけど、「使いやすければいい」んだ。

そしてこいつは使いやすい。

 

3、PT01

 


 

 

便宜上は「スリムフィット」。

スキニーより少し太いやつ。

…なんだが、見ての通り細いんでここで。

ルメールさんのような、元有名メーカーデザイナーの独立系ブランド。

 

4、ザ・チノ・リヴァイヴド

 


 

チノパンと言えばこのメーカー。

…すまん。

厳密には「スキニーじゃない」んだこれ。

単純にオススメの品。

見ての通り、仕上がりがもう「美しい」。

筆者が知ってるチノパンで最も美しい。

 

5、ランバン

 


 

 

ただのオススメ。

スキニーですらない。

気に入ったら見てみて下さい。 

 

4と5は、お子様との違いを出したい貴方へオススメの逸品。

 

◾︎まとめ

「スキニー」って、固定化されたイメージがある。

「お洒落」「大学生」「しくじるとダサい」など、無駄にハードルが上がっている。

本来はスタイルが良い人全員にオススメ出来るモノ。

 

身体を鍛えるくらいの向上心がある方にこそ、見た目の向上アイテムとして使って頂きたい。

ぜひ上の写真みたいに「カッコいいマッチョ」になって下さい!

 

タフな大人の男のメンズファッションを楽しんでいきましょう♪