お洒落とメンズファッションとバイク。

イタリアンクラシック(クラシコイタリア)とバイクが趣味の人のブログ。

冬のマリンカラーコーデ。*メンズ。

 

ふつくしいのを見つけたのでご紹介。

f:id:CurryS:20180222151146j:image

 

◾︎見所

1、コート

見よ、この「質感」!

良い素材は「テカり(光沢)」に表れる。

光沢の理由の一つは「シルク入り」。

生地は二つの糸を織って作るので、片方にシルクを使っていると光沢が出る。

 

もう一つは「細い糸」。

例えば、スーツの素材で「super 〇〇(番号)」というのがある。

「super110」とか「super200」と表記される。

この番号が高いほど細い糸=高級素材となる。

ユニクロスーツが「super110」。

一般的な高級スーツは「super130〜」。

*耐久性を加味するとユニクロスーツの方がバランスが良かったりするが、今は「質感」のお話し。

糸が細いぶん 光沢が増し、質感も柔らかくなる。

総じて「着心地(触り心地)」がまでもが変わる。

「光沢」は見た目がいいだけじゃないのだ。

…え?写真写りがいいだけだって?

「その可能性も否めない」。

…その辺はほら、買ってみて合わなかったら即返却で。

 

2、インナーの白ニット

アウターとの「青×白」でマリンカラーの完成。

ポイントは白の色合い。

白にも色々な種類があって…

f:id:CurryS:20180222152020j:image

な感じ。

ちなみにコーデ画像のインナーは「ホワイト」。

 

実はこの白が、最も「メンズに似合う白」。

何故かって?

「白シャツの色」だから。

白シャツはメンズ御用達のカラー。

という事は、実はメンズに最も馴染んだ色。

「美しい白」は、これがポイント。

 

3、グレースラックス

モノトーン+一色の基礎構成を守る色。

これのポイントは「素材」。

光沢は上で説明した通り。

ペラペラのスーツスラックスじゃなくて、ふっくら光沢のある肉感的なスラックスで「脚」を決める。

セクシーに。

 

4、小物は黒で統一

これによって「筋が通る」。

ちなみに、自前のパーツである「髪も黒」だからね。

髪、ベルト、手袋、靴が「黒で統一」。

鞄や時計(のベルト)は映ってないけど、これも黒だとなお良い。

 

んで、この素敵コーデの完成♪

 

◾︎まとめ

ポイントは「素材」と「色使い」。

手触りが良く、見た目も良い「光沢」。

マリンカラー+白シャツカラーのニット+モノトーンで統一した「筋の通し方」。

え?細かいって?

その通り!

「カッコ良きゃいい」のさ♪

 

皆様の「カッコいい」の1つの選択肢になれば幸いです♪

 

楽しんでいきましょう♪