お洒落とメンズファッションとバイク。

イタリアンクラシック(クラシコイタリア)とバイクが趣味の人のブログ。

スタンスミスのコンパチと名高い、「GUのクリーンレザータッチスニーカー」は買いなのか?

 

結論「悪くない」。

しかしながら、セールで4000円くらいで売ってる、定価6000〜10000円前後の靴を買う方がいい。

 

まずは履き潰すまでクリーンレザータッチスニーカーを履いた経験を元に、感想をば。

 

◾︎耐久性

90〜100km。

毎日3km歩いて1ヶ月。

日替わりで履けば2ヶ月。

ソールが先にダメになるが、それと同時にソールとアッパーの「繋ぎ」部分もダメになる。

ヘビロテで1ヶ月。

ローテーション入りで3ヶ月くらいと考えておくと丁度良い。

 

◾︎履き心地

クッションは、並〜硬め。

インソールを無印にするか、スポーツメーカーのもっと良いやつにして「丁度いい」くらい。

ノーマルのインソールでは硬い履き心地。

コンバースオールスターと同等…とまでは言わないが、かなり硬い。

 

◾︎スタンスミスとの違い

筆者は過去に「スタンスミスも履き潰した経験がある」ので、比較をば。

1、耐久性

スタンスミスが段違いに上。

ソールは減りにくく、繋ぎ部分も強い。

最低でもヘビロテで3ヶ月(300km以上)は持つ耐久性がある。

 

2、履き心地

スタンスミス。

あちらはテニスシューズだけあって、基本が「柔らかい」。

一般的なスニーカーに比べる(ナイキやvansとか)と硬めだが、GUやコンバースなどと比べると柔らかい。

値段相応…ではないが、それなりの履き心地は保証してくれる。

 

◾︎過去作のスタンスミスは6000円程度で買える靴だった。

2012年の生産中止から値段上げが行われた。

それが示すのは「ブランド価格が乗った」という事。

6000円ならコスパが高く、品質も納得の靴。

しかしながら、今の9000〜14000円は正直「高い」。

今の価格で考えると「見た目だけの靴」であり、相応の価値があるとは言い難い。

今の価格であれば、GUの靴の方がお買い得。

 

◾︎白スニーカーは「すぐ汚れる」

そして、汚れが落ちなくなる。

どんなに気をつけて履いていても、半年が限界。

正直なところ、白スニーカーは一足を大事に使うより、新しく買い換えていく方がいい。

綺麗な白スニーカーは美しいが、汚い白スニーカーのみすぼらしさはファッションを霞ませる。

どんな完璧なセットアップを決めてても、足元が汚い白スニーカーなら台無し。

春夏で履きたいなら、ワンシーズンで履き潰すつもりで使う方が良い。

白スニーカーは綺麗にならないので、汚れたら買い換えるのが吉。

 

◾︎でもセールの靴はレベチだった

アディダスの安物(元は6000円以上の)とか、ニューバランスの投げ売りされてるやつ(元は10000円とか)。

これらは相応のコストがかかってる。

クッションも良く、滑らないし、耐久性もいい。

変な話だが、定価は嘘つかない。

特に最新型のスニーカーでは。

人気とかないから、純粋に性能=価格になる。

スタンスミスやニューバランスの人気ナンバーみたいに「人気があるから定価が上がった」みたいな特殊パターンの靴は、コストと性能が合わない。

個人的には「無名」で「投げ売りされてる靴」の「定価を調べて」、お買い得であれば買うというパターンがオススメ。

投資とかでもそうだが、人気のモノは不当に高いが、人気のないモノは不当に安い。

安い方を買おう。

 

◾︎まとめ

レザータッチスニーカーは…

耐久性100km

履き心地硬め

です。

値段を考えれば「あり」。

特に白スニーカーは。

白スニーカーは汚れたら落ちないんで定期的に買い換える必要がある。

そこにレザータッチスニーカーを持ってくるのは「あり」。

現在のスタンスミスは価格と内容が合ってない。

正直、オススメしない。

セールで6000円前後で買えるならあり。

定価ならGUの方がいい。

 

こちらからは以上です。