読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳!

超・雑記ブログ!一昔前の、日々思った事を書くスタイル。

UNIQLOは「飽きられた」のか?

 

営業利益が低下すると叩かれまくるユニクロ

全体で考えると確かにそうなのですが、言われる程悪化しているのか?という事を少しだけ。

 

■冬(2015〜2016)の営業損失

全部端折ると暖冬直撃。

皆んな小売業界舐めすぎ。本当に小回り効かねえんだから。

スーパーとか、特売日が雨や雪で売れない→値下げ→廃棄が日常茶飯事なんだから。

*それを克服したのがファストファッション(ZARAとか)。ただし値段が微妙。

1〜2月に定価1500円のヒートテックが常時790円で売っている分の「損」が、そのまま反映されているだけのお話し。

当然これだけではなく、全商品がそうだった。

逆にもし寒い冬だったら、プラスになっていた可能性も充分にあった訳です。

 

◼︎当然の第3四半期黒字

相当な読み違いさえなければこんなもんです。

小売は天気と気候の影響が凄まじい。

…まあ次の決算はヤバいかもしんないけど。

ジョガーパンツ、完璧に赤字だろあれ。

あれは20代の足を綺麗に見せたい女の子と、チャラい大学生にしか売れねーぞ。

*メンズはテーパードパンツでロールアップした方が利便性が高く、見た目もあまり変わらない。

今年の失敗候補トップ1。

 

◼︎そしてルメール

今季から「UNIQLO U」。

これ本当に凄い。

当然のようにファッションに疎い金融関係や新聞関係がまったく注目しない。

過去のガンホーレベルファイブのような、エンタメに疎い強プレイヤーが見逃している超注目の一手。

これによって、従来のユニクロの「安い、ダサい」が完璧に払拭され、「高い金を出しても欲しい」と思う逸品がラインナップされました。

今までの商品は全年齢対応ゆえの「ダサい身体のラインとデザイン」が、どうしようもありませんでした。

ファッション好きからすれば「寸胴すぎてシルエットがカッコ悪い」、ファッションに疎いおっさんからすれば「もっと楽に着られるシルエットを」という事で、どうバランスを取ってもバランスがおかしくなるジレンマを抱えていました。

今年の不評なチェスターコートが完璧な解答ですね。完全に若者を切り捨てた。

しかしながら、ファッショニスタに向けた商品である「ルメール」が、この壁をぶち破りました。

ハイブランド相当のシルエットと素材の使い方に加え、ラコステエルメスを経由してきた「クリストフ・ルメール」というネームバリューまで備えたこのラインナップは完璧すぎると言わざるを得ません。

細部に遊びがあり、ジャストすぎないジャストサイズで抜け感を演出出来るルメールは、より万人に向けて受け入れられる完璧な選択肢です。

個人的にもユニクロで買う金額が跳ね上がったのが今年からであり、正直言ってこのコラボで「UNIQLO」のネームバリューが1ランク上がったと感じています。

もう「フルUNIQLO」でお洒落していて引け目を感じないくらいまでブランドレベルが上がったのが昨年〜今年です。

*しかしながら追記

素材感が下がりまくりで、買うに耐える商品が3〜4個しかない。

今年はパンツ類以外は見送り&安売り待ちで。

チェスターコートは確実にUNIQLO謹製の方が質がいい。

 

◼︎まとめ

在庫を抱える小売特有の小回りの利かなさが災いした冬でした。

その裏で、ファッショニスタの評価が高いルメールが始動しているのは、あまりに研ぎ澄まされた完璧な狙い撃ちの一手。

イメージガールの選定…2014年「最もなりたい顔No. 1」の「森 絵梨佳」のCM起用といい、「LIFE WEAR」というキャッチコピー&コンセプト、新素材を使ったブロックテックパーカーなど、多方面に完璧な構成を進めている国際企業「UNIQLO」。

もはやちょっと違うフェーズに入り、世界トップクラスの人材が各部署を仕切る段階に入ったと言えるほど、洗練された企画を打ち出しまくりです。

次にいい感じに赤字出して、株価爆下がりしたら買いだな〜。

飽きなど超越した段階に入ったファーストリテイリング

ファッション業界の改革に期待しまくりです。