お洒落とメンズファッションとバイク。

ファッション関係の仕事、なんでも承ります♪ご興味のある方はツイッターまで!

       

日本人に合うファッション。

 

ファッションって、「洋」服なんだよね。

つまりは「欧州で生まれたモノ」。

欧州って事は「白人中心」なわけだ。

 

日本人は、当たり前だけど「体型が違う」。

じゃあ、似合うのも違うんじゃない?ってのが趣旨。

 

◾︎体型

まあコンプレックスの多い日本女性が「完璧にまとめてくださってる」。

https://www.cosme.net/beautist/article/2023796

リンクすら貼れないアコギな「@cosme」様から拝借。

 

要は「後ろ側の筋肉がない」から、身体が扁平という。

そんな事ないよっつっても無駄っぽいから、「そうなんだ。日本人女性は残念な体型なんだね」として前に進める。

 

◾︎実際のところ

正統なスーツは「白人が中心」。

正統なスーツってのは、「黒、ネイビー、グレー」のフォーマルなスーツ。

f:id:CurryS:20180429105447j:image

こういうの。

上下のセットアップで着るタイプ。

 

だが、いわゆる「お洒落な着こなし」となると、黒人と我らが黄色人種は「ほとんど見かけない」。

ググってみたら分かる。

黒人は「派手な色」を好み、着崩す。

黄色人種も「着崩す」。

んじゃ、どうやって着崩すのか?

ってのが、次。

 

◾︎上細く、下太く

f:id:CurryS:20180429105613j:image

 

f:id:CurryS:20180429105636j:image

 

f:id:CurryS:20180429105644j:image

 

こういうやつ。

上をジャスト〜少し緩めにして、「ちょっと緩いパンツ」と合わせる。

これが至高。

 

◾︎90〜00年代の裏原ブームは「日本人発信だった」

ここに起源がある。

藤原ヒロシNIGOなどの世代。

この頃は、まさに「縛りがなかった」。

俺らが着たい奴を俺らがデザインする感じ。

今は90年代のリバイバルブームってのもある。

当時は「ワンサイズ上で着る」のがマストだった。

TシャツはL以下はほぼ着なかったし、ジーンズも32以下を買う事はなかった。

この頃の「反骨精神は合わない」けど、エッセンスをもらってきたらいいのが出来そうってんで、この提案。

 

◾︎半分イタリア式、半分日本式

色の組み合わせや素材感は向こうのをパクって、ダボパンツ(ワンサイズ上程度で)を腰パンで穿く。

ノリさん(木梨憲武)なんかが、めちゃくちゃ上手くて。

f:id:CurryS:20180429110508j:image

こんな感じ。

実際に今、自分でもやってるんだけど、しっくりくるのね。

ガチでオススメ♪

 

◾︎日本人は寸胴なんだから寸胴を強調していこうぜ

緩いパンツで腰パン。

短い足をあえてのチャームポイントとし、他は正統派の着こなしをする。

この「正統派」と「亜種」のバランスこそオススメの理由。

俺はめっちゃ足短いから、スキニーを穿くとバランスが取れない。

むしろ寸胴強調でベストバランス。

これ最高♪

 

◾︎女性もバギーパンツかロングスカート穿くといい

白人女性のように「ピタッとしたのを着ると」差異が出る。

f:id:CurryS:20180429112801j:image

黄色系でも

f:id:CurryS:20180429112805j:image

こういうのね。

これと同じ土俵に上がっちゃダメ。

 

「布感ある着こなし」をすれば、日本人らしい「可愛さ」が引き立つ。

 

f:id:CurryS:20180429111409j:image

 

f:id:CurryS:20180429111507j:image

 

f:id:CurryS:20180429111445j:image

 

こういう「緩さ」を活かした独自のファッション。

これは世界的に見ても最先端。

「自分に似合う服装」をしよう。

 

◾︎まとめ

日本人(我々)は「寸胴+偏平である」。

よって、独自の着方やモノを作る必要がある。

男性は「あえての短足」で穿いて、独自のシルエットを。

女性は「布感」を出した独自のハイセンスと細やかさとヒラヒラで「可愛さ」を作る。

欠点は隠すもんじゃない。

「活かすモノ」だ。

 

楽しんでいきましょう♪